634件中 11 - 20件表示
  • メッセンジャー (探査機)

    メッセンジャー (探査機)から見た金星金星

    2006年10月24日:金星でスイングバイ。2,992 kmまで接近。メッセンジャー (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • 惑星

    惑星から見た金星金星

    近代以前、惑星としては、肉眼で天球上を動く様が観察できる7つの天体、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星が数えられた。これは地球は惑星ではなく、宇宙の中心、または土台であると考えられていたためである。惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 掩蔽

    掩蔽から見た金星金星

    通過 () や食 () と比べると、掩蔽は近いほうの天体が大きく見え、遠いほうの天体を完全に隠してしまう場合に使われる。対照的に、通過という用語は、近いほうの天体の見掛けの大きさが遠いほうの天体よりもずっと小さい場合に使われ、そのような例として水星と金星が太陽面を通過する場合がある(太陽面を通過する場合は特に太陽面通過や日面経過などという)。食とは一般に、ある天体が別の天体の影に入るような場合を指す。この3つの現象は、朔望の結果の中で目で見られるものである。掩蔽 フレッシュアイペディアより)

  • 潮汐加速

    潮汐加速から見た金星金星

    ところが、1854年に、ジョン・クーチ・アダムズがラプラスの計算に誤りを発見し、ラプラスの理論では地球軌道の偏芯率からは月の加速の半分程度しか説明ができないことが判り、再度問題を提示した。アダムスの発見は天文界から鋭い反発を受け論争が数年間続いたものの、結局彼の計算が正しく、シャルル=ウジェーヌ・ドロネーを含む計算天文学者は、最終的に受け容れた。この問題は月の動きの正確な解析に関わるが、そのなかにあって、ほぼ同時期に為された別の発見、即ち、別の(おそらく金星の影響による)長期にわたる月の重要な摂動に関する計算も誤りであり、再検証に際しては取るに足らないものであると判り、これも理論から除去しなければならなかった。答えの一部は、1860年代にドローネとウィリアム・フェレルがそれぞれ提案した。潮汐遅滞による地球の自転の時間の延長が月の加速の一部であった。潮汐加速 フレッシュアイペディアより)

  • ♀

    から見た金星金星

    ♀は、金星を表す占星術記号である。かつては天文学でも使われた。 フレッシュアイペディアより)

  • 刺青の男 (小説)

    刺青の男 (小説)から見た金星金星

    4人の男が雨の中を歩いていた。金星では絶対に雨が降り止まない。一行はロケットが不時着した地点から、太陽ドームを目指してジャングルの小道を歩いていたのだった。疲労は限界に近づいていた。雨のせいで眠ることができないのだった。ようやく太陽ドームが見えてきた。しかしそれは不時着したロケットだった。金星の怪獣が起こす電気嵐のせいでコンパスが狂っていた。隊員の1人がパニックになって走り出し、電気に撃たれて焼死した。3人は歩き続けた。ようやく本物の太陽ドームにたどり着いた。しかし、そこは既に廃墟になっていた。金星人の攻撃を受けたのだ。金星にはあと一つしか太陽ドームがない。一行は出発したが、途中でピカードが発狂して失神した。放っておけば雨が肺に入って死ぬだろう。シモンズが拳銃でピカードを撃ち殺した。20分歩いてもドームは見えなかった。シモンズは耳をやられていた。彼はここで死ぬと言って座り込んだ。隊長は出発した。あと5分歩いて見つからなかったら海に入って死のうと考えた。そのとき、太陽ドームを見つけた。ふらふらになりながら辿り着くと、中には暖かい太陽が輝いていた。刺青の男 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • イマヌエル・ヴェリコフスキー

    イマヌエル・ヴェリコフスキーから見た金星金星

    著書『衝突する宇宙』は、比較神話学と聖書に代表される古代の文献を駆使し、古代に地球が他の惑星(主に金星と火星)と極めて近くまで接近するなどの天変地異を経験したと主張するものである。Hans Bellamy、Ignatius Donnelly、Johann Gottlieb Radlof,など数ある天変地異説の中での位置づけについてイギリスの天文学者 Victor Clube と Bill Napier は「……ヴェリコフスキーは新天変地異説の中では最初というわけではない……むしろ彼は中世やそれ以前から続く天変地異説を唱える者の系譜の中では最も新しい」としている。ヴェリコフスキーは天体の力学に電磁気力が大きな役目を果たしたと主張している。また、古代エジプト、古代ギリシア、近東のイスラエルの地を含む各種文化についても新たな年表を提案している。それは、前1200年のカタストロフの原因を説明すると同時に、考古学の成果と聖書の記述とを強引に整合させようとするものである。イマヌエル・ヴェリコフスキー フレッシュアイペディアより)

  • ノウンスペース

    ノウンスペースから見た金星金星

    シリウスを巡る巨大ガス惑星の衛星。1.78Gという高重力のため、住民は『ノウンスペース最強の2足歩行生物』と呼ばれる。潮汐力により惑星に対して常に同じ面を向け、かつ卵形に引き伸ばされている。「東極」と「西極」は真空中に突き出しており、その中間線付近は金星と同じような状態になっている。そこにはバンダースナッチも生息している。この両極端な地域の間に帯状の居住可能地帯がある。(ただし通常は、このようなことは起こり得ない。星が潮汐力により引き伸ばされた場合、大気や海洋も同じ形に引き伸ばされるためである。ジンクスがこうなったのは、大昔、潮汐力が今より強かった時代に、星の内部が中心近くまで固まってしまい、潮汐力が弱まり大気や海洋がより球に近い形に戻った後も、星そのものは元の形に戻らなかったため、とされている。ただしこれも、現実に起こり得るとは考えにくい。)ジンクスの極地は重要な真空産業地帯となっている。ノウンスペース フレッシュアイペディアより)

  • プラネタリウム

    プラネタリウムから見た金星金星

    アルキメデスは、太陽・月・惑星の運行を再現する装置を所持していたとされる。キケロの著作によれば、紀元前1世紀にギリシャの哲学者、ポセイドニオスがアンティキティラ島の機械として現在知られている機械を製作したと記述されている。この機械は太陽と月、その当時知られていた、水星、金星、地球、火星、木星、土星の惑星運行を再現するものであったらしい。1901年にからアンティキティラ島の機械が発見されたことにより、そのような天体の運行を再現する装置は紀元前に既に存在していたことが実証された。プラネタリウム フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果

    温室効果から見た金星金星

    温室効果ガスである二酸化炭素やメタンなどが増加していることが、現在の地球温暖化の主な原因とされている。また、金星の地表温度が470℃に達しているのも、90気圧とも言われる金星大気のそのほとんどが温室効果ガスの二酸化炭素なので、その分、光学的厚さが大きいためとされている。しかし、依然として金星大気の地表温度にはなぞが残っており、他にも少量の水蒸気や硫黄酸化物による光学的厚さの寄与や硫酸の雲の効果が影響しているのではとの説もある。一般に、金星の初期形成過程において、大量の水蒸気が大気中に存在し、いわゆる暴走温室効果が発生したのではないかとの説もあるが異論も存在する。温室効果 フレッシュアイペディアより)

634件中 11 - 20件表示

「金星」のニューストピックワード