507件中 21 - 30件表示
  • 惑星

    惑星から見た金星金星

    近代以前、惑星としては、肉眼で天球上を動く様が観察できる7つの天体、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星が数えられた。これは地球は惑星ではなく、宇宙の中心、または土台であると考えられていたためである。惑星 フレッシュアイペディアより)

  • 掩蔽

    掩蔽から見た金星金星

    通過 () や食 () と比べると、掩蔽は近いほうの天体が大きく見え、遠いほうの天体を完全に隠してしまう場合に使われる。対照的に、通過という用語は、近いほうの天体の見掛けの大きさが遠いほうの天体よりもずっと小さい場合に使われ、そのような例として水星と金星が太陽面を通過する場合がある(太陽面を通過する場合は特に日面通過という)。食とは一般に、ある天体が別の天体の影に入るような場合を指す。この3つの現象は、朔望の結果の中で目で見られるものである。掩蔽 フレッシュアイペディアより)

  • 東海道本線優等列車沿革

    東海道本線優等列車沿革から見た金星金星

    「金星」(きんせい) 太陽系惑星の「金星」にちなむ。東海道本線優等列車沿革 フレッシュアイペディアより)

  • 地球史年表

    地球史年表から見た金星金星

    地球大気の歴史については、確証は得られていないが、以下のようなことが考えられている。地球が誕生した46億年前頃の原始大気は、主にヘリウムと水素からなり、高温高圧だった。これは現在の太陽の大気と似た成分である。これらの軽い成分は、原始太陽の強力な太陽風によって数千万年のうちにほとんどが吹き飛ばされてしまったと考えられている。やがて、太陽風は太陽の成長とともに次第に弱くなってくる。この頃には、地表の温度が低下したことで地殻ができ、地殻上で多くの火山が盛んに噴火を繰り返していた。この噴火にともなって、二酸化炭素とアンモニアが大量に放出された。水蒸気と多少の窒素も含まれていたが、酸素は存在しなかった。この原始大気は二酸化炭素が大半を占め、微量成分として一酸化炭素、窒素、水蒸気などを含む、現在の金星の大気に近いものであったと考えられている。100気圧程度と濃く、高濃度の二酸化炭素が存在した。地球が十分に冷却されていなかった時期の原始大気には大量の水蒸気が含まれていたと考えられる。地球史年表 フレッシュアイペディアより)

  • 2060年代

    2060年代から見た金星金星

    11月22日、金星が木星面を通過する。惑星同士の通過・掩蔽は、1818年1月3日以来247年ぶりのことで、奇しくも1818年の通過も金星が木星面を通過するものだった。2060年代 フレッシュアイペディアより)

  • ルシファー

    ルシファーから見た金星金星

    ルシファー (Lucifer) は、明けの明星を指すラテン語であり、キリスト教、特に西方教会における悪魔(サタン)の同義語である。ルシファー フレッシュアイペディアより)

  • 地動説

    地動説から見た金星金星

    ガリレオ・ガリレイは、地動説に有利な証拠を多く見つけた。代表的なものは木星の衛星で、この発見はもし地球が動くなら、月は取り残されてしまうだろうという地動説への反論を無効にするものだった。また、ガリレオは金星の満ち欠けも観測。これは、地球と金星の距離が変化していることを示すものだった。またガリレオは太陽黒点も観測。太陽もまた自転していることを示した。ガリレオはこれらを論文で発表した。これらはすべて、地動説に有利な証拠となった。ガリレオは潮の干満も地動説の証拠と思っていたが、後に潮の干満は月の引力によるものだとして、否定された。地動説 フレッシュアイペディアより)

  • アルフォンス・ミュシャ

    アルフォンス・ミュシャから見た明けの明星金星

    『四つの星』-「明けの明星」、「北極星」、「宵の明星」、「月」;(1902年)アルフォンス・ミュシャ フレッシュアイペディアより)

  • カッシーニ

    カッシーニから見た金星金星

    カッシーニは金星金星→地球→木星の順にスイングバイを行なって土星軌道に到着した。カッシーニには惑星探査機ホイヘンス・プローブ (2.7 m、320 kg) が搭載されており、タイタンでカッシーニより切り離されてタイタンに着陸し、大気の組成・風速・気温・気圧等を直接観測した。カッシーニ フレッシュアイペディアより)

  • 美しい星 (三島由紀夫)

    美しい星 (三島由紀夫)から見た金星金星

    夜半過ぎ、埼玉県飯能市の旧家・大杉家の家族四人が町外れの羅漢山に出かける。彼らはいずれも地球の人間ではなく、父・重一郎は火星、妻・伊余子は木星、息子・一雄は水星、娘・暁子は金星から飛来した宇宙人だと信じていた。各人とも以前、空飛ぶ円盤を見て自らの素性に目覚めていたのである。その日、円盤が来るとの通信を父が受けたのだが、円盤は出現しなかった。しかし一家は自らが宇宙人であることを自負しながら、その素性を世間に隠し、水爆の開発によって現実のものとなった世界滅亡の危機、核兵器の恐怖から人類を救うために邁進し始める。美しい星 (三島由紀夫) フレッシュアイペディアより)

507件中 21 - 30件表示

「金星」のニューストピックワード