507件中 41 - 50件表示
  • 人工衛星観測

    人工衛星観測から見た金星金星

    惑星や恒星、彗星の軌跡とは異なり、人工衛星は光点が天球上をゆっくりと滑るように移動していく用に見える。肉眼でも確認可能な人工衛星は300以上存在すると言われる。現在最も大きい人工衛星は国際宇宙ステーション(ISS)だが、このISSが天頂付近を通る場合は、金星(-4等級)や木星(-2等級)よりも明るく見える。人工衛星観測 フレッシュアイペディアより)

  • 聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話

    聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話から見た金星金星

    第2の魔宮・金星(ヴィーナス)の守り人。聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 フレッシュアイペディアより)

  • 10大天体

    10大天体から見た金星金星

    太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星の10で、古代から世界中の占星術で共通して扱われてきた七曜に、近代に発見された天王星・海王星の2惑星と準惑星である冥王星を加えたものである。冥王星の惑星除外後も、冥王星を10大天体から外そうとする動きは大きくない。10大天体 フレッシュアイペディアより)

  • ソリア人

    ソリア人から見た金星金星

    ソリア人の母星ソリア (Tholia) はアルファ宇宙域にあり、金星のような非常に高温な環境であるという。ソリア人 フレッシュアイペディアより)

  • セラフィエル

    セラフィエルから見た明けの明星金星

    セラフィエル(Seraphiel、ヘブライ語:???????)は、偽典『エノク書』の天使の名前である。由来として、八人の審判天使、またメルカバーの王子の一人として職務を担うと主張されるセラフィムの長の一人に名づけられた。『第三エノク書』では、セラフィエルは巨大で輝かしく、七つの天に等しい背丈を持ち、天使のような顔に、鷲のような体を持つ天使として描写されている。彼は稲妻と明けの明星の光に似て美しい。セラフィムの長として、彼らを監督し、神の賛美を謳うための歌を教えることに打ち込んでいる。魔術の伝承では、セラフィエルは火曜日と水星の支配者の一人である。彼は北方より呼出される。セラフィエル フレッシュアイペディアより)

  • 第五惑星アスカ

    第五惑星アスカから見た金星金星

    F県長瀬町の原子力発電所で事故が起こったため、爆発を防ごうとする敵の頼みを請けて明日香は現地に赴くが、事故は実は、かつて明日香を愛し明日香が彼への想いを封じた、金星の元首シドが超能力で作り出した幻だった。明日香は原発を襲撃してきた、シドと酷似した外見の日本人の少年レイに助けられる。彼らは三沢市に向かいスノウ・シティに潜伏しつつ、日本に到着し敵と接触した"G"の正体を知ろうとする。"G"がシドの一族・ゴディスかも知れないと考えた明日香は自分から彼らに捕らえられるが、"G"とはゴディスと対立する一族・ゲイルであり、敵と組んだ彼らの恐るべき企みを聞かされる。敵に監禁された明日香を救ったのはシドであった。第五惑星アスカ フレッシュアイペディアより)

  • ソラマド オールナイト

    ソラマド オールナイトから見た金星金星

    メールやチャットなどの挨拶は「キンニチハ」が用いられることが多い。「キンニチハ」とは、丹羽予報士による金星の大気成分の覚え方で、金星が「キンニチハ」と挨拶している絵を想像し、「二酸化炭素」「窒素」で出来ていると覚えるための用語である。なお、有川雅子の造語で「キンバンハ」というものがあるが、これをチャットで使うと、堀田は「キンバンハじゃ何も覚えられないですよ!」といい、上記を説明することがある。ソラマド オールナイト フレッシュアイペディアより)

  • 暦要項

    暦要項から見た金星金星

    主な中身は、国民の祝日、日曜表、二十四節気および雑節、朔弦望、東京の日出入、日食および月食、水星・金星の日面経過等で構成されている。二十四節気、土用、入梅、半夏生の時刻は、太陽の視黄経により定義されていることから、定気法を採用している。暦要項 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァート (紋章学)

    ヴァート (紋章学)から見た金星金星

    金星(天体) - 金星はさらに、伝統的な錬金術/神秘学の伝承で、金属の銅と関係している。ヴァート (紋章学) フレッシュアイペディアより)

  • 内惑星

    内惑星から見た金星金星

    具体的には、水星、金星のことを指す。内惑星の対義語は外惑星である。内惑星 フレッシュアイペディアより)

507件中 41 - 50件表示

「金星」のニューストピックワード