507件中 51 - 60件表示
  • UNITEC-1

    UNITEC-1から見た金星金星

    UNITEC-1(UNISEC Technology Experiment Carrier 1)は日本の大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)による宇宙機。愛称は「しんえん」。金星へのフライバイを計画しており、地球の重力圏を離脱する世界初の民間宇宙機である。UNITEC-1 フレッシュアイペディアより)

  • 惑星の定義

    惑星の定義から見た金星金星

    惑星に関する知識は有史以前から存在し、多くの文明に共通なものであったが、planetという単語の語源は古代ギリシアに遡る。ギリシア人は、地球は宇宙の中心で静止していて、空にある天体や空自身が地球の周りを動いているという天動説を信じていた。ギリシアの天文学者は、1年間かけて天球を移動する星のような光に対して、「惑う星」という意味のasteres planetaiという言葉を与えた。一方、他に対してほとんど動かない「固定された星」のことをasteres aplanisと呼んだ。今日、惑星と呼ばれるもののうち、肉眼で見ることのできる5つ、水星、金星、火星、木星、土星はギリシアの時代から知られていた。惑星の定義 フレッシュアイペディアより)

  • フローティングシティ

    フローティングシティから見た金星金星

    浮力により大気中に留まる。バックミンスター・フラーがジオデシック・ドームを日光にて加熱し浮上する、という地球上での概念を最初に提案した。これと同様の案で、地表付近の温度が極めて高く、気圧も膨大な金星への植民が可能となると考えられている。また、太陽系内の地面を持たない巨大ガス惑星や巨大氷惑星への植民も同様に可能となるだろうと考えられる。これらの惑星でのフローティングシティの主な産業は、その大気からヘリウム3や他の使える資源を抽出することだろう。木星はその高重力、脱出速度、放射線のため居住は難しいが、他の太陽系の巨大ガス惑星より実用的ではある。フローティングシティ フレッシュアイペディアより)

  • 東亜天文学会

    東亜天文学会から見た金星金星

    『天界』によれば、惑星は火星だけに及ばず、月、木星、土星、金星や水星など幅広い対象を観測している観測者のレポートをはじめとするデータ等を掲載。また、上述のように変光星観測や流星群観測でも時代を先取りした活動を紹介している。太陽黒点観測に関しては、継続的観測によって、科学的かつ精密なデータをレポートしており、フレア観測や太陽の突発的な現象、果てはプロミネンス観測、太陽電波観測までと幅広い。東亜天文学会 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーローテーション

    スーパーローテーションから見た金星金星

    スーパーローテーション フレッシュアイペディアより)

  • 大学宇宙工学コンソーシアム

    大学宇宙工学コンソーシアムから見た金星金星

    2010年には、金星へのフライバイを計画してUNITEC-1(愛称「しんえん」)をH-IIAロケット17号機により打ち上げた。電波の受信・解読は難航したが、金星近傍を飛行したものと推測されている。大学宇宙工学コンソーシアム フレッシュアイペディアより)

  • ルーペルト・ヴィルト

    ルーペルト・ヴィルトから見た金星金星

    1937年、金星の大気がホルムアルデヒドのミストを含むことを示したが、その時点の観測では金星の大気に水を見つけることはできなかった。1940年金星大気の二酸化炭素の存在が温室効果で金星の温度を高くしていると分析した。ルーペルト・ヴィルト フレッシュアイペディアより)

  • 惑星の道

    惑星の道から見た金星金星

    よく用いられる縮尺は10億分の1で、その比率では太陽から冥王星までの距離は約6kmになり、ハイキングには適当な距離となる。一般的なハイカーが時速5kmで歩くと、この比率では光速の約4倍の速さでハイカーは歩いていることになる。直径1.39 m (1390 mm)の太陽を出発すると、58mで直径4.9 mmの水星に到達し、さらに50m歩くと、12.1 mmの金星に到達し、さらに41m歩くと、直径12.7 mmの地球に達し、地球の周りには38cmの軌道で3.5mmの月がある。次に6.8 mmの火星にいたるまでは78mで、内惑星を通りすぎるためには228mである。惑星の道 フレッシュアイペディアより)

  • マアト山

    マアト山から見た金星金星

    マアト山(マアトさん、)は、金星で最も高い火山。金星の平均半径を基準としたときの標高は約8,000メートルであり、北緯0.9度、東経194.5度に位置する。古代エジプト神話の女神マアトにちなんで名づけられた。マアト山 フレッシュアイペディアより)

  • アシェン光

    アシェン光から見た金星金星

    アシェン光(あしぇんこう Ashen light)とは、金星大気中で観測される発光現象。1643年1月9日に天文学者であるジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリにより、初めて観測された。アシェン光 フレッシュアイペディアより)

507件中 51 - 60件表示

「金星」のニューストピックワード