634件中 61 - 70件表示
  • (99907) 1989 VA

    (99907) 1989 VAから見た金星金星

    公転周期が金星とほぼ等しい。(99907) 1989 VA フレッシュアイペディアより)

  • ネイト (小惑星)

    ネイト (小惑星)から見た金星金星

    エジプト神話の女神ネイトにちなんで名づけられた。なお、17世紀から19世紀にかけて実在が論じられていた金星の衛星がやはりネイトと名付けられている。ネイト (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • ベネラ-D

    ベネラ-Dから見た金星金星

    最初の計画は1980年代のベネラ15号や16号、あるいはアメリカのマゼランと同じく、金星周囲からのレーダーリモートセンシング観測機として考えられ、より強いレーダーを使うことでより良い探査を行う計画であった。また、金星地表の地図情報化による未来の着陸地点の特定を意図している。着陸機はベネラ時の設計に基づいており、灼熱の金星表面にあっても長期間存在できるように設計されている。ベネラ-D フレッシュアイペディアより)

  • ソリア人

    ソリア人から見た金星金星

    ソリア人の母星ソリア (Tholia) はアルファ宇宙域にあり、金星のような非常に高温な環境であるという。ソリア人 フレッシュアイペディアより)

  • 摂動 (天文学)

    摂動 (天文学)から見た金星金星

    惑星の継続的な摂動は軌道要素に小さな変化をもたらす。海王星は天王星の軌道の摂動の観測に基づいて発見された。金星の軌道は現在、惑星の中で最も円形の軌道であるが、2万5000年のうちに地球は金星より円形の軌道に、つまり軌道離心率がより小さくなるだろう。摂動 (天文学) フレッシュアイペディアより)

  • 2013 ET

    2013 ETから見た金星金星

    2013 ETは地球横断小惑星かつ火星横断小惑星でもあり、近日点距離は0.742AUと金星軌道にほぼ接し、遠日点距離は1.670AUと火星軌道の外側である。また、軌道傾斜角は4.8度とほとんど傾いていない。このため、金星、地球、火星に頻繁に接近する。比較的小さな天体ながら詳細な軌道計算が行われているため、1902年から2135年までの接近距離が求まっている。地球に次回0.1AU以内に接近するのは、2038年9月3日の235万km (0.0157AU) である。金星には2026年8月10日に1318万km (0.08812AU) 、火星には2041年6月3日に913万km (0.0611AU) まで接近する。2013 ET フレッシュアイペディアより)

  • 1991 BA

    1991 BAから見た金星金星

    アリゾナ大学のスペースウォッチプロジェクトによって、1991年1月18日の協定世界時 (UTC) 5時25分頃に発見された。絶対等級は28.7等級しかなく、直径約6m、質量約350トンと推定されている微小な小惑星もしくは流星物質である。発見時は最も小さな天体であった。近日点がほぼ金星の軌道に接する、離心率0.67のかなりゆがんだ楕円軌道を約3.24年で公転している。1991 BA フレッシュアイペディアより)

  • アティラ (小惑星)

    アティラ (小惑星)から見た金星金星

    アティラの近日点は水星の軌道と金星の軌道の間にある。直径は約 2 km で、 より大きく、アテン群の中でも大きなものの一つである。アティラ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 1972年の宇宙飛行

    1972年の宇宙飛行から見た金星金星

    7月22日 ? ベネラ8号、金星表面に衝突するまで50分間金星大気圏を探査1972年の宇宙飛行 フレッシュアイペディアより)

  • 2011 DS

    2011 DSから見た金星金星

    2011 DS は、軌道長半径1.035AU、公転周期384.8日の地球近傍小惑星である。軌道離心率は0.230あり、近日点は金星軌道に近い0.798AU、遠日点は地球軌道と火星軌道のほぼ中間である1.273AUである。軌道傾斜角はわずか0.279度である。このため、頻繁に地球に対して接近し、稀に金星に接近する軌道を持つ。地球軌道との最小距離は21万3000kmである。2011 DS フレッシュアイペディアより)

634件中 61 - 70件表示

「金星」のニューストピックワード