507件中 71 - 80件表示
  • トラウィスカルパンテクートリ

    トラウィスカルパンテクートリから見た明けの明星金星

    トラウィスカルパンテクートリ(Tlahuizcalpantecuhtli, Tlahuixcalpantecuhtli, Tlahuizcalpantecutli)は、アステカ神話に伝わる破壊神。明けの明星(金星)の擬人化で、その名は「曙の主」を意味する。激しく燃えさかる槍(光線)を投げつける姿で現される。トラウィスカルパンテクートリ フレッシュアイペディアより)

  • 黒魔剣士アースシリーズ

    黒魔剣士アースシリーズから見た金星金星

    名前の由来は金星(英語で'Venus'(ヴィーナス))から。黒魔剣士アースシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • M62形ディーゼル機関車

    M62形ディーゼル機関車から見た金星金星

    M62形は、検査修繕の要求水準の低さのために、北朝鮮の鉄道では好評をもって迎えられ、非電化路線のみならず電化区間でも用いられている。形式称号としては?? (Naeyeon、内燃の意) 600番台が与えられ、1967年から1995年にかけて56両がソビエト連邦から輸出された。1996年から1998年にかけては31両がドイツ鉄道から譲渡され、2000年にはスロバキア国鉄から6両、ポーランド国鉄から13両が譲渡された。Naeyeon 602号機にはこの機関車を金日成が自ら視察した証しである、特製の赤い銘板が掲げられている。8001号機と8002号機の2両は北朝鮮で作られ、Geumseong (金星の意) と命名された。8002号機は製造以来一貫して三大革命展示館に陳列されており、8001号は通常運用に就いている。M62形ディーゼル機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ベネラ4号

    ベネラ4号から見た金星金星

    ベネラ4号はベネラ3号同様、金星大気層に探査機を軟着陸可能な速度で降下させると言う目的で設計された。その後の観測で明らかになった金星の過酷な環境に耐えるべく降下カプセルは3号よりも大幅に強化され20気圧の圧力に耐えるようになっていた。要となる降下カプセルは直径103cm、重量383kgである。その内部には2つの温度計、気圧計、電波高度計および大気の密度計、11種類のガス分析機とデシメートル周波数帯を使用する無線送信機が搭載されていた。ベネラ4号 フレッシュアイペディアより)

  • ベネラ1号

    ベネラ1号から見た金星金星

    ベネラ1号(露:)は、1961年2月12日にソビエト連邦によって打ち上げられた宇宙探査機で、世界最初の金星探査機である。ベネラ1号 フレッシュアイペディアより)

  • SOS (エスオーエス)

    SOS (エスオーエス)から見た金星金星

    公式ファンクラブの名前は「VENUS」(ヴィーナス、金星)。SOS (エスオーエス) フレッシュアイペディアより)

  • ビーナス・エクスプレス

    ビーナス・エクスプレスから見た金星金星

    ビーナス・エクスプレス (Venus Express) は欧州宇宙機関 (ESA) の金星探査機。2005年11月9日に打ち上げられ、2006年4月11日に金星周回軌道に到着した後、5月7日に観測用軌道に無事乗った。ビーナス・エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 糸杉と星の見える道

    糸杉と星の見える道から見た金星金星

    夜空の様子は、水星と金星がシリウスのような冷たい光を放った1890年4月20日の天文合の影響とも言われている。糸杉と星の見える道 フレッシュアイペディアより)

  • マルコム・ロス

    マルコム・ロスから見た金星金星

    チャールズ・ムーア(Charles B. Moore)と飛行、金星の分光学的観測を行った。マルコム・ロス フレッシュアイペディアより)

  • マリナー5号

    マリナー5号から見た金星金星

    マリナー5号(マリナー5ごう、Mariner 5)はアメリカ航空宇宙局が打ち上げた惑星探査機。マリナー計画の一環であり、金星探査を目的としていた。マリナー5号 フレッシュアイペディアより)

507件中 71 - 80件表示

「金星」のニューストピックワード