634件中 71 - 80件表示
  • 明星ヶ岳 (神奈川県)

    明星ヶ岳 (神奈川県)から見た宵の明星金星

    箱根の山では1,000mに満たない低い山であるが、小田原方面からは高く見え、宵の明星が当山の上に輝くことからこの名がついた。明星ヶ岳 (神奈川県) フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙天文学センター

    欧州宇宙天文学センターから見た金星金星

    ESACの活動に不可欠な深宇宙探査アンテナは、アビラ県のセブレーロスに位置する。2005年9月に開設された非常に正確な指向性を持つ35mのアンテナにより、ESAは水星、金星、火星やさらに遠くの惑星の情報を集められるようになった。欧州宇宙天文学センター フレッシュアイペディアより)

  • NGC 604

    NGC 604から見た金星金星

    NGC 604は、さんかく座銀河のHII領域である。1784年9月11日にウィリアム・ハーシェルが発見した。局部銀河群で最も大きいHII領域の1つである。距離は約270万光年で、最大直径は約1500光年とオリオン大星雲の可視部分の40倍を超える。オリオン大星雲より6300倍以上も明るく、もし同じ距離にあれば、金星ほどの明るさになったはずである。全ての輝線星雲と同様に、ガスは、大質量の恒星によってイオン化されている。約200個のO型主系列星とウォルフ・ライエ星が集まり、質量は太陽質量の10万倍、年齢は350万歳になる。しかし、大マゼラン雲の中にあるタランチュラ星雲の中心の散開星団R136と異なり、NGC 604の中心はそれほどコンパクトではない。むしろアソシエーションに近く、Scaled OB Association (SOBA)の典型例であると考えられている。NGC 604 フレッシュアイペディアより)

  • 後期重爆撃期

    後期重爆撃期から見た金星金星

    この時代には月に多くの隕石衝突によるクレーターが形成され、地球・水星・金星・火星といった岩石惑星も多くの天体衝突を受けたと考えられている。後期重爆撃期の主な証拠は月の石の年代測定から得られたもので、天体衝突に由来する月面の溶融岩石の大部分がこの短い期間に作られたと示されている。後期重爆撃期 フレッシュアイペディアより)

  • 六星占術

    六星占術から見た金星金星

    六星占術では、その人の生まれ持った運命を土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分けて占い、それぞれの運命星を持った人を土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と呼ぶ。また、ある特別な条件がそろったときに限り、霊合星人(れいごうせいじん)となる。霊合星人はそれ単体で独立している運命星ではなく、例えば「土星人の霊合星人」というようにほかの6つの運命星と複合するものである。六星占術 フレッシュアイペディアより)

  • ベガ1号

    ベガ1号から見た金星金星

    ベガ1号のフライバイプローブから切り離された2日後の1985年6月11日に降下モジュールが金星に到着した。モジュールは1,500kgの重さの直径240cmの球形で、ランダーとバルーン型の探査機から構成されていた。フライバイプローブは、金星をスイングバイし、彗星の到着を待った。ベガ1号 フレッシュアイペディアより)

  • ベガ2号

    ベガ2号から見た金星金星

    ベガ2号のフライバイプローブから切り離された2日後の1985年6月15日に降下モジュールが金星に到着した。モジュールは1,500kgの重さの直径240cmの球形で、ランダーとバルーン型の探査機から構成されていた。フライバイプローブは、金星をスイングバイし、彗星の到着を待った。ベガ2号 フレッシュアイペディアより)

  • 核 (天体)

    核 (天体)から見た金星金星

    水星・金星・火星の地球型惑星は、自重による圧縮を考慮してもなお密度が岩石より高いことから、地球と同様に金属核が存在することが推定できる。惑星に対する核の半径の比率はさまざまで、火星は40%、地球や金星は50%、水星では75%に達する。金星や火星には地球のような強い磁場がないことから、地球の外核のような液体層は存在しない(ダイナモ効果が働いていない)と考えられているが、水星の核は地球と同様に一部が融解して磁場を発生させていると言われる。核 (天体) フレッシュアイペディアより)

  • 暴走温室効果

    暴走温室効果から見た金星金星

    金星では、金星が形成された初期のころ、暴走温室効果によって気温の著しい上昇を起こした時期があったとの説がある。しかし、現在の金星は太陽放射と外向きの長波放射が釣り合っているため、現時点では暴走温室効果は起きておらず、暴走温室状態でもない。これは分厚い硫酸の雲に覆われていることで、地表に到達する正味の太陽放射の量が非常に少ないということと、光学的厚さが二酸化炭素だけでは不十分なことなどが挙げられる。暴走温室効果 フレッシュアイペディアより)

  • ネイト

    ネイトから見た金星金星

    ネイト (衛星) - 金星の実在しなかった衛星。ネイト フレッシュアイペディアより)

634件中 71 - 80件表示

「金星」のニューストピックワード