前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
174件中 1 - 10件表示
  • 金星

    金星から見た水星

    地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月についで明るく見える星であることから、明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」として別々に扱われていた。これは金星が地球よりも太陽に近い内惑星であるため、太陽からあまり離れず、太陽がまだ隠れている薄暗い明け方と太陽が隠れて間もない夕刻のみに観察できるためである。最大離角は約47度と、水星の倍近くあるため、最大離角時には日の出前や日没後3時間程度眺めることができる。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た太陽

    金星(きんせい、ラテン語:Venusウェヌス、英語:)は太陽系の太陽に近い方から2番目の惑星である。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たレイ・ブラッドベリ

    『長雨』(レイ・ブラッドベリ)(1950年) - 短編集『刺青の男』収録。上記の20世紀始めのイメージに基づく金星が舞台となっている。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た林芙美子

    クレーターには各国語の女性名が付けられている。日本語および日本人に由来するものとしては、晶子(与謝野晶子)、千代女(加賀千代女)、林(林芙美子)、卑弥呼、市川(市川房枝)、政子(北条政子)、吉岡(吉岡彌生)、ふきこ、ひろみ、いさこ、まりこ、なみこ、のりこ、れいこ、せいこ、やすこ、ようこ、などがある。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た

    地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、についで明るく見える星であることから、明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」として別々に扱われていた。これは金星が地球よりも太陽に近い内惑星であるため、太陽からあまり離れず、太陽がまだ隠れている薄暗い明け方と太陽が隠れて間もない夕刻のみに観察できるためである。最大離角は約47度と、水星の倍近くあるため、最大離角時には日の出前や日没後3時間程度眺めることができる。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た空海

    仏教伝承では、釈迦は明けの明星が輝くのを見て真理を見つけたという。また弘法大師空海も明けの明星が口中に飛び込み悟りを開いたとされる。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たスタニスワフ・レム

    『金星応答なし』(スタニスワフ・レム)(1951年)金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た星野之宣

    『美神曲』(星野之宣金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たスヴァンテ・アレニウス

    近代の科学者は、金星の姿を推測し続けた。ノーベル賞受賞者であるスヴァンテ・アレニウスは、金星は石炭紀の湿原のようであると主張した。これは当時、相当程度支持されたが、1920年代には、光学分析により金星の大気に大量の水が含まれてはいないことが明らかになった。それでもなお、石炭紀的な金星像を支持する学者も少なからずいた。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た平沢進

    アルバム『時空の水』第10曲「金星」(平沢進金星 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
174件中 1 - 10件表示

「金星」のニューストピックワード