174件中 91 - 100件表示
  • 金星

    金星から見たアステカ神話

    アステカ神話では、ケツァルコアトルがテスカトリポカに敗れ、金星に姿を変えたとされている。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たベネラ1号

    ベネラ1号 - 1961年2月12日打ち上げ。金星へ向かう途中で通信途絶、5月19日に金星から10万km以内を通過と推定。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た民族

    その神秘的な明るい輝きは、古代より人々の心に強い印象を残していたようで、それぞれの民族における神話の中で象徴的な存在の名が与えられていることが多い。また地域によっては早くから、明けの明星と宵の明星が(金星という)同一の星であることも認識されていた。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た結婚

    西洋占星術では、金牛宮と天秤宮の支配星で、吉星である。妻・財産・愛・芸術を示し、恋愛、結婚、アクセサリーに当てはまる。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たマヤ神話

    マヤ創世神話内では、金星は太陽と双子の英雄であるとされ、金星を「戦争の守護星」と位置付け、特定位置に達した時に戦を仕掛けると勝てると考えられた(一種の軍事占星術であり、金星の動きと戦争が繋がっていた)。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た瀬織津姫

    金星の地形には Terrae(大陸)、Regio(地域、区域)、Planum / Planitia(平原)、Chasma、Vallis / Valles(峡谷)、Tesserae(モザイク状の地形)、Rupes(断崖)、Tholus / Tholi(丘、台地)、Lineae(線状地形)、Paterae(火山)、Fluctus(溶岩流)、Coronae(火口)、Mons(山)などがあり、主に各民族の神話における女神や精霊の名が多く冠せられている。例えばアフロディーテ大陸、メティス平原、フェーベ地域、ディオーネ地域、レダ平原、ニオベ平原、アルテミス峡谷(以上ギリシア神話)、ディアナ峡谷(ローマ神話)、イシュタール大陸(バビロニア神話)、ラクシュミ平原(インド神話)、セドナ平原(イヌイット神話)、ギネヴィア平原(アーサー王伝説の王妃)などがある。日本神話などに由来するものとしては、ユキオンナ・テセラ、ニンギョ・フルクトゥス、ウズメ・フルクトゥス(天鈿女命)、ヤガミ・フルクトゥス(八上比売)、セオリツ・ファッラ(瀬織津姫)、ベンテン・コロナ、イナリ・コロナ、カヤヌヒメ・コロナ(鹿屋野比売)、オオゲツ・コロナ(大宜都比売)、トヨウケ・コロナ(豊受大神)、ウケモチ・コロナ(保食神)、イズミ・パテラ(和泉式部)、オタフク台地、オトヒメ台地、キンセイ谷、カムイフチ・コロナ(アイヌ神話)などがある。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たマリナー5号

    マリナー5号 - 1967年6月14日打ち上げ、10月19日に金星から4,000kmの地点を通過。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た酸素

    さらに生命がなければ植物による光合成も起こり得ないため、大気中に酸素が放出される事もなく、地球上において冷却効果による寒冷化は起こらなかった。もちろん、オゾン層も形成されないので陸上に生命が進出する事もなかった。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たベネラ3号

    ベネラ3号 - 1965年11月16日打ち上げ。金星へ向かう途中で通信途絶、1966年3月1日に金星へ衝突と推定。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た内惑星

    地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月についで明るく見える星であることから、明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」として別々に扱われていた。これは金星が地球よりも太陽に近い内惑星であるため、太陽からあまり離れず、太陽がまだ隠れている薄暗い明け方と太陽が隠れて間もない夕刻のみに観察できるためである。最大離角は約47度と、水星の倍近くあるため、最大離角時には日の出前や日没後3時間程度眺めることができる。金星 フレッシュアイペディアより)

174件中 91 - 100件表示

「金星」のニューストピックワード