174件中 31 - 40件表示
  • 金星

    金星から見たオゾン層

    さらに生命がなければ植物による光合成も起こり得ないため、大気中に酸素が放出される事もなく、地球上において冷却効果による寒冷化は起こらなかった。もちろん、オゾン層も形成されないので陸上に生命が進出する事もなかった。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た自転

    金星には二酸化炭素を主成分とし、わずかに窒素を含む大気が存在する。大気圧は非常に高く地表で約90気圧ある(地球での水深900mに相当)。膨大な量の二酸化炭素によって温室効果が生じ、地表温度の平均で400℃、上限では 500℃に達する。温室効果のため、金星の地表は太陽により近い水星の表面温度よりも高くなっている。金星は水星と比べ太陽からの距離が倍、太陽光の照射は75% (2,660 W/m2) である。金星の自転は非常にゆっくりなもの(自転と公転の回転の向きが逆なので金星の1日はおよそ地球の117日)であるが、熱による対流と大気の慣性運動のため、昼でも夜でも地表の温度にそれほどの差はない。大気の上層部の風が4日で金星を一周していることが、金星全体へ熱を分散するのをさらに助けている。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たマゼラン (探査機)

    有名な金星表面の立体画像としてマゼランが観測したデータに基づくものがある。しかしこの画像は、レーダーによって観測された地形データに着色し起伏を10倍に強調したコンピューター画像で、実際の金星の地表の様子からかけ離れたものであるので注意が必要である。実際の金星の表面は地球や火星と比較するとむしろ起伏に乏しいとされる。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た公転

    金星には二酸化炭素を主成分とし、わずかに窒素を含む大気が存在する。大気圧は非常に高く地表で約90気圧ある(地球での水深900mに相当)。膨大な量の二酸化炭素によって温室効果が生じ、地表温度の平均で400℃、上限では 500℃に達する。温室効果のため、金星の地表は太陽により近い水星の表面温度よりも高くなっている。金星は水星と比べ太陽からの距離が倍、太陽光の照射は75% (2,660 W/m2) である。金星の自転は非常にゆっくりなもの(自転と公転の回転の向きが逆なので金星の1日はおよそ地球の117日)であるが、熱による対流と大気の慣性運動のため、昼でも夜でも地表の温度にそれほどの差はない。大気の上層部の風が4日で金星を一周していることが、金星全体へ熱を分散するのをさらに助けている。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た神話

    金星の地形には Terrae(大陸)、Regio(地域、区域)、Planum / Planitia(平原)、Chasma、Vallis / Valles(峡谷)、Tesserae(モザイク状の地形)、Rupes(断崖)、Tholus / Tholi(丘、台地)、Lineae(線状地形)、Paterae(火山)、Fluctus(溶岩流)、Coronae(火口)、Mons(山)などがあり、主に各民族の神話における女神や精霊の名が多く冠せられている。例えばアフロディーテ大陸、メティス平原、フェーベ地域、ディオーネ地域、レダ平原、ニオベ平原、アルテミス峡谷(以上ギリシア神話)、ディアナ峡谷(ローマ神話)、イシュタール大陸(バビロニア神話)、ラクシュミ平原(インド神話)、セドナ平原(イヌイット神話)、ギネヴィア平原(アーサー王伝説の王妃)などがある。日本神話などに由来するものとしては、ユキオンナ・テセラ、ニンギョ・フルクトゥス、ウズメ・フルクトゥス(天鈿女命)、ヤガミ・フルクトゥス(八上比売)、セオリツ・ファッラ(瀬織津姫)、ベンテン・コロナ、イナリ・コロナ、カヤヌヒメ・コロナ(鹿屋野比売)、オオゲツ・コロナ(大宜都比売)、トヨウケ・コロナ(豊受大神)、ウケモチ・コロナ(保食神)、イズミ・パテラ(和泉式部)、オタフク台地、オトヒメ台地、キンセイ谷、カムイフチ・コロナ(アイヌ神話)などがある。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たラテン語

    金星(きんせい、ラテン語:Venusウェヌス、英語:)は太陽系の太陽に近い方から2番目の惑星である。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た離角

    地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月についで明るく見える星であることから、明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」として別々に扱われていた。これは金星が地球よりも太陽に近い内惑星であるため、太陽からあまり離れず、太陽がまだ隠れている薄暗い明け方と太陽が隠れて間もない夕刻のみに観察できるためである。最大離角は約47度と、水星の倍近くあるため、最大離角時には日の出前や日没後3時間程度眺めることができる。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た占星術

    マヤ創世神話内では、金星は太陽と双子の英雄であるとされ、金星を「戦争の守護星」と位置付け、特定位置に達した時に戦を仕掛けると勝てると考えられた(一種の軍事占星術であり、金星の動きと戦争が繋がっていた)。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たビーナス・エクスプレス

    2011年、ヨーロッパ宇宙機関 (ESA) の探査機「ビーナス・エクスプレス」が大気の上層からオゾン層を発見した。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た地球

    地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度が最も地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。金星 フレッシュアイペディアより)

174件中 31 - 40件表示

「金星」のニューストピックワード