174件中 51 - 60件表示
  • 金星

    金星から見た五行思想

    「金星」の名は中国で戦国時代 (中国)に起こった五行思想とかかわりがある。また、中国ではかつて金星を太白とも呼んだ。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たルシファー

    キリスト教においては、ラテン語で「光をもたらす者」ひいては明けの明星(金星)を意味する言葉「ルシフェル」(Lucifer) は、他を圧倒する光と気高さから、唯一神に仕える最も高位の天使(そして後に地獄の闇に堕とされる堕天使の総帥)の名として与えられた。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たオーストラリア大陸

    金星表面には地球にある大陸に似て大きな平野を持つ高地が3つ存在する。イシュタル大陸はオーストラリア大陸ほどの大きさで北側に位置する。この大陸には金星最高峰であり高さ11kmのマクスウェル山を含むラクシュミ高原などがある。南側の大陸はアフロディーテ大陸と呼ばれ、南アメリカ大陸ほどの大きさである。さらに南の南極地域にはラーダ大陸がある。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たベネラ4号

    ベネラ4号 - 1967年6月12日打ち上げ。10月18日に金星へ着陸カプセルを投下、推定高度25kmで通信途絶。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た太陽系

    金星(きんせい、ラテン語:Venusウェヌス、英語:)は太陽系の太陽に近い方から2番目の惑星である。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た炭素化合物

    もし地球の地殻に炭酸塩や炭素化合物として取り込まれた二酸化炭素をすべて大気に戻したとすると、地球の大気は約70気圧になると計算されている。また、成分は主に二酸化炭素で、これに1.5%程度の窒素が含まれるものになる。これは現在の金星の大気にかなり似たものであり、この説を裏付ける材料になっている。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たネイト (衛星)

    ネイト \(衛星\) - かつて存在すると考えられていた金星の衛星。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た大気

    金星には二酸化炭素を主成分とし、わずかに窒素を含む大気が存在する。大気圧は非常に高く地表で約90気圧ある(地球での水深900mに相当)。膨大な量の二酸化炭素によって温室効果が生じ、地表温度の平均で400℃、上限では 500℃に達する。温室効果のため、金星の地表は太陽により近い水星の表面温度よりも高くなっている。金星は水星と比べ太陽からの距離が倍、太陽光の照射は75% (2,660 W/m2) である。金星の自転は非常にゆっくりなもの(自転と公転の回転の向きが逆なので金星の1日はおよそ地球の117日)であるが、熱による対流と大気の慣性運動のため、昼でも夜でも地表の温度にそれほどの差はない。大気の上層部の風が4日で金星を一周していることが、金星全体へ熱を分散するのをさらに助けている。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た刺青の男 (小説)

    『長雨』(レイ・ブラッドベリ)(1950年) - 短編集『刺青の男』収録。上記の20世紀始めのイメージに基づく金星が舞台となっている。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た高地

    金星表面には地球にある大陸に似て大きな平野を持つ高地が3つ存在する。イシュタル大陸はオーストラリア大陸ほどの大きさで北側に位置する。この大陸には金星最高峰であり高さ11kmのマクスウェル山を含むラクシュミ高原などがある。南側の大陸はアフロディーテ大陸と呼ばれ、南アメリカ大陸ほどの大きさである。さらに南の南極地域にはラーダ大陸がある。金星 フレッシュアイペディアより)

174件中 51 - 60件表示

「金星」のニューストピックワード