174件中 71 - 80件表示
  • 金星

    金星から見た金星の日面通過

    地球から見た金星は、月のような満ち欠けの相が見られる。これは内惑星共通の性質で、水星も同じである。内合の時に「新金星」、外合の時に「満金星」となる。内合のときに完全に太陽と同じ方向に見える場合、金星の日面通過(あるいは太陽面通過)と呼ばれる現象がまれに起こる。最大離角の時には半分欠けた形になる。西方最大離角の時には日の出前に最も早く上り、東方最大離角の時には日没後に最も遅く沈む。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たトヨウケビメ

    金星の地形には Terrae(大陸)、Regio(地域、区域)、Planum / Planitia(平原)、Chasma、Vallis / Valles(峡谷)、Tesserae(モザイク状の地形)、Rupes(断崖)、Tholus / Tholi(丘、台地)、Lineae(線状地形)、Paterae(火山)、Fluctus(溶岩流)、Coronae(火口)、Mons(山)などがあり、主に各民族の神話における女神や精霊の名が多く冠せられている。例えばアフロディーテ大陸、メティス平原、フェーベ地域、ディオーネ地域、レダ平原、ニオベ平原、アルテミス峡谷(以上ギリシア神話)、ディアナ峡谷(ローマ神話)、イシュタール大陸(バビロニア神話)、ラクシュミ平原(インド神話)、セドナ平原(イヌイット神話)、ギネヴィア平原(アーサー王伝説の王妃)などがある。日本神話などに由来するものとしては、ユキオンナ・テセラ、ニンギョ・フルクトゥス、ウズメ・フルクトゥス(天鈿女命)、ヤガミ・フルクトゥス(八上比売)、セオリツ・ファッラ(瀬織津姫)、ベンテン・コロナ、イナリ・コロナ、カヤヌヒメ・コロナ(鹿屋野比売)、オオゲツ・コロナ(大宜都比売)、トヨウケ・コロナ(豊受大神)、ウケモチ・コロナ(保食神)、イズミ・パテラ(和泉式部)、オタフク台地、オトヒメ台地、キンセイ谷、カムイフチ・コロナ(アイヌ神話)などがある。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た

    の最上部では時速350kmもの速度で風が吹いているが、地表では時速数kmの風が吹く程度である。しかし金星の大気圧が非常に高いため、地表の構造物に対して強力に風化作用が働く。さらに二酸化硫黄の雲から降る硫酸の雨が金星全体を覆っているが、この雨が地表に届くことはない。その雲の頂上部分の温度は−45℃であるが、地表の平均温度は464℃であり、わかっている限りでは地表温度が400℃を下回っていることはない。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たアメノウズメ

    金星の地形には Terrae(大陸)、Regio(地域、区域)、Planum / Planitia(平原)、Chasma、Vallis / Valles(峡谷)、Tesserae(モザイク状の地形)、Rupes(断崖)、Tholus / Tholi(丘、台地)、Lineae(線状地形)、Paterae(火山)、Fluctus(溶岩流)、Coronae(火口)、Mons(山)などがあり、主に各民族の神話における女神や精霊の名が多く冠せられている。例えばアフロディーテ大陸、メティス平原、フェーベ地域、ディオーネ地域、レダ平原、ニオベ平原、アルテミス峡谷(以上ギリシア神話)、ディアナ峡谷(ローマ神話)、イシュタール大陸(バビロニア神話)、ラクシュミ平原(インド神話)、セドナ平原(イヌイット神話)、ギネヴィア平原(アーサー王伝説の王妃)などがある。日本神話などに由来するものとしては、ユキオンナ・テセラ、ニンギョ・フルクトゥス、ウズメ・フルクトゥス(天鈿女命)、ヤガミ・フルクトゥス(八上比売)、セオリツ・ファッラ(瀬織津姫)、ベンテン・コロナ、イナリ・コロナ、カヤヌヒメ・コロナ(鹿屋野比売)、オオゲツ・コロナ(大宜都比売)、トヨウケ・コロナ(豊受大神)、ウケモチ・コロナ(保食神)、イズミ・パテラ(和泉式部)、オタフク台地、オトヒメ台地、キンセイ谷、カムイフチ・コロナ(アイヌ神話)などがある。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たあかつき (探査機)

    あかつき - 2010年5月21日打ち上げ。同年12月7日に金星周回軌道への投入に失敗、約550kmの地点を通過。6年後の金星再接近時に再投入の可能性を追求中。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た日本

    日本でも古くから知られており、日本書紀に出てくる天津甕星(あまつみかぼし)、別名香香背男(かがせお)と言う星神は、金星を神格化した神とされている。時代が下って、平安時代には宵の明星を「夕星(ゆうづつ / ゆうつづ)」と呼んでいた。清少納言の随筆「枕草子」第254段「星はすばる。ひこぼし。ゆふづつ。よばひ星、すこしをかし。」にあるように、夜を彩る美しい星の1つとしての名が残されている。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た惑星大戦争

    惑星大戦争』(1977年、東宝)金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た随筆

    日本でも古くから知られており、日本書紀に出てくる天津甕星(あまつみかぼし)、別名香香背男(かがせお)と言う星神は、金星を神格化した神とされている。時代が下って、平安時代には宵の明星を「夕星(ゆうづつ / ゆうつづ)」と呼んでいた。清少納言の随筆「枕草子」第254段「星はすばる。ひこぼし。ゆふづつ。よばひ星、すこしをかし。」にあるように、夜を彩る美しい星の1つとしての名が残されている。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た英語

    金星(きんせい、ラテン語:Venusウェヌス、英語:)は太陽系の太陽に近い方から2番目の惑星である。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た時速

    雲の最上部では時速350kmもの速度で風が吹いているが、地表では時速数kmの風が吹く程度である。しかし金星の大気圧が非常に高いため、地表の構造物に対して強力に風化作用が働く。さらに二酸化硫黄の雲から降る硫酸の雨が金星全体を覆っているが、この雨が地表に届くことはない。その雲の頂上部分の温度は−45℃であるが、地表の平均温度は464℃であり、わかっている限りでは地表温度が400℃を下回っていることはない。金星 フレッシュアイペディアより)

174件中 71 - 80件表示

「金星」のニューストピックワード