174件中 81 - 90件表示
  • 金星

    金星から見た天球

    公転軌道が地球より内側にある金星は、天球上では太陽の近くに位置することが多い。地球と金星の会合周期は583.92日(約1年7か月)であり、内合から外合までの約9か月半は日の出より早く金星が東の空に昇るため「明けの明星」となる(ただし内合・外合の前後は太陽に近すぎるため、太陽の強い光に紛れて肉眼で確認することは極めて困難である)。明けの明星の見かけ上の明るさが最も明るくなるのは内合から約5週間後である。そのときの離角は約40度、光度は-4.87等で、1等星の約170倍の明るさになり、明るくなりかけた空にあってもひときわ明るく輝いて見える。内合から約10週間後に西方最大離角(約47度)となる。外合を過ぎると日没より遅く金星が西の空に沈むため「宵の明星」となり、東方最大離角、最大光度を経て内合に戻る。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た等級 (天文)

    公転軌道が地球より内側にある金星は、天球上では太陽の近くに位置することが多い。地球と金星の会合周期は583.92日(約1年7か月)であり、内合から外合までの約9か月半は日の出より早く金星が東の空に昇るため「明けの明星」となる(ただし内合・外合の前後は太陽に近すぎるため、太陽の強い光に紛れて肉眼で確認することは極めて困難である)。明けの明星の見かけ上の明るさが最も明るくなるのは内合から約5週間後である。そのときの離角は約40度、光度は-4.87で、1等星の約170倍の明るさになり、明るくなりかけた空にあってもひときわ明るく輝いて見える。内合から約10週間後に西方最大離角(約47度)となる。外合を過ぎると日没より遅く金星が西の空に沈むため「宵の明星」となり、東方最大離角、最大光度を経て内合に戻る。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た時空の水

    アルバム『時空の水』第10曲「金星」(平沢進)金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たアプロディーテー

    ヨーロッパでは、明けの明星の何にも勝る輝きを美と愛の女神アプロディーテーにたとえ、そのローマ名ウェヌス(ヴィーナス)が明けの明星すなわち金星を指す名となった。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た微生物

    地球では海が形成されたため、そこに二酸化炭素が溶け込んだ。二酸化炭素はさらに炭酸塩として岩石に組み込まれ、地球大気中から二酸化炭素が取り除かれた。だが、生命が誕生し、微生物によって二酸化炭素の吸収及び固定が進まなければ、海が形成されたとしても、温室効果のため後に蒸発し消滅した可能性がある。その場合は、海中ならびに岩石中の二酸化炭素が再び放出され、金星のような大気になっていたとも考えられる。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た保食神

    金星の地形には Terrae(大陸)、Regio(地域、区域)、Planum / Planitia(平原)、Chasma、Vallis / Valles(峡谷)、Tesserae(モザイク状の地形)、Rupes(断崖)、Tholus / Tholi(丘、台地)、Lineae(線状地形)、Paterae(火山)、Fluctus(溶岩流)、Coronae(火口)、Mons(山)などがあり、主に各民族の神話における女神や精霊の名が多く冠せられている。例えばアフロディーテ大陸、メティス平原、フェーベ地域、ディオーネ地域、レダ平原、ニオベ平原、アルテミス峡谷(以上ギリシア神話)、ディアナ峡谷(ローマ神話)、イシュタール大陸(バビロニア神話)、ラクシュミ平原(インド神話)、セドナ平原(イヌイット神話)、ギネヴィア平原(アーサー王伝説の王妃)などがある。日本神話などに由来するものとしては、ユキオンナ・テセラ、ニンギョ・フルクトゥス、ウズメ・フルクトゥス(天鈿女命)、ヤガミ・フルクトゥス(八上比売)、セオリツ・ファッラ(瀬織津姫)、ベンテン・コロナ、イナリ・コロナ、カヤヌヒメ・コロナ(鹿屋野比売)、オオゲツ・コロナ(大宜都比売)、トヨウケ・コロナ(豊受大神)、ウケモチ・コロナ(保食神)、イズミ・パテラ(和泉式部)、オタフク台地、オトヒメ台地、キンセイ谷、カムイフチ・コロナ(アイヌ神話)などがある。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たキリスト教

    キリスト教においては、ラテン語で「光をもたらす者」ひいては明けの明星(金星)を意味する言葉「ルシフェル」(Lucifer) は、他を圧倒する光と気高さから、唯一神に仕える最も高位の天使(そして後に地獄の闇に堕とされる堕天使の総帥)の名として与えられた。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たテラフォーミング

    20世紀前半のSFなどでは、地球の熱帯に似た、またはもっと蒸し暑い密林の星として描かれることがあった。金星の探査が進むにつれてそうした光景は存在しないことが明らかになったが、後にはテラフォーミングなどによって人工的にそうした環境を作り出すという設定の作品も登場している。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見た10大天体

    金星は七曜・九曜の1つで、10大天体の1つである。金星 フレッシュアイペディアより)

  • 金星

    金星から見たセルシウス度

    金星には二酸化炭素を主成分とし、わずかに窒素を含む大気が存在する。大気圧は非常に高く地表で約90気圧ある(地球での水深900mに相当)。膨大な量の二酸化炭素によって温室効果が生じ、地表温度の平均で400、上限では 500℃に達する。温室効果のため、金星の地表は太陽により近い水星の表面温度よりも高くなっている。金星は水星と比べ太陽からの距離が倍、太陽光の照射は75% (2,660 W/m2) である。金星の自転は非常にゆっくりなもの(自転と公転の回転の向きが逆なので金星の1日はおよそ地球の117日)であるが、熱による対流と大気の慣性運動のため、昼でも夜でも地表の温度にそれほどの差はない。大気の上層部の風が4日で金星を一周していることが、金星全体へ熱を分散するのをさらに助けている。金星 フレッシュアイペディアより)

174件中 81 - 90件表示

「金星」のニューストピックワード