176件中 131 - 140件表示
  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見た2か国語放送

    2004年12月10日より、地上デジタル放送において番組連動型データ放送を実施。放送作品の紹介や次回予告の案内を行うほか、2010年からは場面ごとの解説を表示する「シーンガイド」をアニメ映画を中心とした一部の作品で行っている。さらに2006年8月4日からは、HDリマスターを含むハイビジョン放送が開始。2010年10月1日からは他局同様、デジタル放送のみ洋画作品でもステレオ放送(2か国語放送・解説放送を含む。副音声は「ステレオ2」)を開始した。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見た葉山町

    このオープニング映像の撮影地は、相模湾(正確には、相模湾の小湾である小和田湾)に面した、(三浦半島西岸側の)神奈川県横須賀市佐島地区の佐島漁港(佐島マリーナ)、並びに、同じく三浦半島西岸側の神奈川県葉山町堀内(ほりうち)字鐙摺(あぶずり)地区の鐙摺漁港(葉山マリーナ)で在る。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見た相模湾

    このオープニング映像の撮影地は、相模湾(正確には、相模湾の小湾である小和田湾)に面した、(三浦半島西岸側の)神奈川県横須賀市佐島地区の佐島漁港(佐島マリーナ)、並びに、同じく三浦半島西岸側の神奈川県葉山町堀内(ほりうち)字鐙摺(あぶずり)地区の鐙摺漁港(葉山マリーナ)で在る。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見たヱヴァンゲリヲン新劇場版

    特に、スタジオジブリ作品の地上波での放映権を日本テレビが独占的に有している関係で、ジブリ最新作の公開時期になると、宣伝を兼ねて過去のジブリ作品を放送するのが恒例となっている。最新作の公開が無い年でも、夏休み期間を中心に年に5本程度が放送され、一度放送された作品はおよそ2?3年ごとに再放送されるが、中には2年連続で放送されたり、再放送の間隔が4年以上開く事もある。『火垂るの墓』は戦争をテーマとしている関係もあり、基本的には8月中旬の放送で固定されている。また、唯一のテレビスペシャルとして制作されながらも本放送以来一度も『金曜ロードショー』枠での放送実績が無かった『海がきこえる』が2011年7月15日に『コクリコ坂から』の公開に合わせて『ゲド戦記』と共に『金曜特別ロードショー』として2本立てで放送された。一方で、『レッドタートル ある島の物語』のように、ジブリ作品でも本枠で放送されないケースがある。ジブリ作品に関してはエンドロールを含め、ノーカット放送されるのが原則となっている。ただし、近年は2016年11月18日放送の『猫の恩返し』や2018年1月12日放送の『ゲド戦記』などでエンディングを省略しており、エンドロールを含む完全ノーカット版を放送しない回も増えてきている。ジブリ作品以外では『ルパン三世』シリーズ、『名探偵コナン』シリーズ(2009年度以降)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ(宣伝協力として日本テレビが関わっている)、細田守監督作品(スタジオ地図作品)などが放送されている。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見たアメリカ合衆国の映画

    『水曜ロードショー』が放送日を金曜日に移動する形で、『金曜ロードショー』として放送開始。金曜に番組が移動してからは、解説者水野晴郎の嗜好が反映された作品は世間の嗜好を反映して徐々に姿を消し、毎週の様にハリウッド映画の娯楽作品やアニメ作品などがラインナップされる様になっていった。2010年7月2日からの一時期には「○○月間」、「○○シリーズ」と題して、月ごとに関連性を統一する試みもあった(例:「ジブリ月間」、「日テレMOVIE月間」、「ラブ&ファンタジーシリーズ」など)。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見た金曜日

    『金曜ロードSHOW!』(きんようロードショウ!)は、1985年10月4日から日本テレビ系列(NNS)29局(テレビ大分を除く)で毎週金曜日に放送されている単発特別番組枠。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見たハイビジョン

    2004年12月10日より、地上デジタル放送において番組連動型データ放送を実施。放送作品の紹介や次回予告の案内を行うほか、2010年からは場面ごとの解説を表示する「シーンガイド」をアニメ映画を中心とした一部の作品で行っている。さらに2006年8月4日からは、HDリマスターを含むハイビジョン放送が開始。2010年10月1日からは他局同様、デジタル放送のみ洋画作品でもステレオ放送(2か国語放送・解説放送を含む。副音声は「ステレオ2」)を開始した。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見たダイヤルM

    船越英一郎 - 『ダイヤルM』(マイケル・ダグラス)、『新・刑事コロンボ 殺意の斬れ味』金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見た法医学教室の長い一日

    アニメ映画に関しては、前身の『水曜ロードショー』時代から放送されていたが、日本テレビが独占放映権を持つスタジオジブリ作品はとりわけ定期的に放映されている。その他、1985年から1996年にかけて映画監督の藤田敏八や大森一樹(『法医学教室の午後』、『法医学教室の長い一日』)などを起用して、オリジナルのテレビ向け映画(テレフューチャー)を放送した実績があるほか、改名後はテレビドラマも扱っている。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見たレッドタートル ある島の物語

    特に、スタジオジブリ作品の地上波での放映権を日本テレビが独占的に有している関係で、ジブリ最新作の公開時期になると、宣伝を兼ねて過去のジブリ作品を放送するのが恒例となっている。最新作の公開が無い年でも、夏休み期間を中心に年に5本程度が放送され、一度放送された作品はおよそ2?3年ごとに再放送されるが、中には2年連続で放送されたり、再放送の間隔が4年以上開く事もある。『火垂るの墓』は戦争をテーマとしている関係もあり、基本的には8月中旬の放送で固定されている。また、唯一のテレビスペシャルとして制作されながらも本放送以来一度も『金曜ロードショー』枠での放送実績が無かった『海がきこえる』が2011年7月15日に『コクリコ坂から』の公開に合わせて『ゲド戦記』と共に『金曜特別ロードショー』として2本立てで放送された。一方で、『レッドタートル ある島の物語』のように、ジブリ作品でも本枠で放送されないケースがある。ジブリ作品に関してはエンドロールを含め、ノーカット放送されるのが原則となっている。ただし、近年は2016年11月18日放送の『猫の恩返し』や2018年1月12日放送の『ゲド戦記』などでエンディングを省略しており、エンドロールを含む完全ノーカット版を放送しない回も増えてきている。ジブリ作品以外では『ルパン三世』シリーズ、『名探偵コナン』シリーズ(2009年度以降)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ(宣伝協力として日本テレビが関わっている)、細田守監督作品(スタジオ地図作品)などが放送されている。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

176件中 131 - 140件表示

「金曜ロードショー」のニューストピックワード