176件中 81 - 90件表示
  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見たコクリコ坂から

    特に、スタジオジブリ作品の地上波での放映権を日本テレビが独占的に有している関係で、ジブリ最新作の公開時期になると、宣伝を兼ねて過去のジブリ作品を放送するのが恒例となっている。最新作の公開が無い年でも、夏休み期間を中心に年に5本程度が放送され、一度放送された作品はおよそ2?3年ごとに再放送されるが、中には2年連続で放送されたり、再放送の間隔が4年以上開く事もある。『火垂るの墓』は戦争をテーマとしている関係もあり、基本的には8月中旬の放送で固定されている。また、唯一のテレビスペシャルとして制作されながらも本放送以来一度も『金曜ロードショー』枠での放送実績が無かった『海がきこえる』が2011年7月15日に『コクリコ坂から』の公開に合わせて『ゲド戦記』と共に『金曜特別ロードショー』として2本立てで放送された。一方で、『レッドタートル ある島の物語』のように、ジブリ作品でも本枠で放送されないケースがある。ジブリ作品に関してはエンドロールを含め、ノーカット放送されるのが原則となっている。ただし、近年は2016年11月18日放送の『猫の恩返し』や2018年1月12日放送の『ゲド戦記』などでエンディングを省略しており、エンドロールを含む完全ノーカット版を放送しない回も増えてきている。ジブリ作品以外では『ルパン三世』シリーズ、『名探偵コナン』シリーズ(2009年度以降)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ(宣伝協力として日本テレビが関わっている)、細田守監督作品(スタジオ地図作品)などが放送されている。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見た2009年

    2008年10月3日の日本テレビにおける、21時台の番組のフライングスタート化に伴い、同年9月26日で番組宣伝『今夜のロードショー』が廃止された。そして、10月3日から本編の放送開始が3分繰上がり21:00開始に拡大され、同時に関東地区(日本テレビ)においては、その前の20:54から21:00の時間(それまでの『NNNニューススポット』の枠)に『今夜の…』に替わるプレ番組『まもなく!金曜ロードショー』が新設され、事実上20:54開始となる(ただし『まもなく…』をネットするのは、日本テレビと中京テレビの2局のみ。2009年6月26日までは読売テレビでもネットしていたが、その後天気予報へと切り替えられた。それ以外の系列局はローカルニュースもしくは天気予報の枠に充当するためネットしない)。2011年9月30日の放送を以て『まもなく…』枠は終了した。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見た地図 (企業)

    特に、スタジオジブリ作品の地上波での放映権を日本テレビが独占的に有している関係で、ジブリ最新作の公開時期になると、宣伝を兼ねて過去のジブリ作品を放送するのが恒例となっている。最新作の公開が無い年でも、夏休み期間を中心に年に5本程度が放送され、一度放送された作品はおよそ2?3年ごとに再放送されるが、中には2年連続で放送されたり、再放送の間隔が4年以上開く事もある。『火垂るの墓』は戦争をテーマとしている関係もあり、基本的には8月中旬の放送で固定されている。また、唯一のテレビスペシャルとして制作されながらも本放送以来一度も『金曜ロードショー』枠での放送実績が無かった『海がきこえる』が2011年7月15日に『コクリコ坂から』の公開に合わせて『ゲド戦記』と共に『金曜特別ロードショー』として2本立てで放送された。一方で、『レッドタートル ある島の物語』のように、ジブリ作品でも本枠で放送されないケースがある。ジブリ作品に関してはエンドロールを含め、ノーカット放送されるのが原則となっている。ただし、近年は2016年11月18日放送の『猫の恩返し』や2018年1月12日放送の『ゲド戦記』などでエンディングを省略しており、エンドロールを含む完全ノーカット版を放送しない回も増えてきている。ジブリ作品以外では『ルパン三世』シリーズ、『名探偵コナン』シリーズ(2009年度以降)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ(宣伝協力として日本テレビが関わっている)、細田守監督作品(スタジオ地図作品)などが放送されている。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見たフジネットワーク

    山形テレビ(当時はフジテレビ系列)開始 - 1993年3月5日。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見たオムニバス・ジャパン

    オープニングアニメ映像・テーマ曲制作:オムニバス・ジャパン金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見た日テレアックスオン

    制作協力:平井秀和(AXON金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見た日テレアート

    美術:磯村英俊(日テレアート金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見たクレジットタイトル

    特に、スタジオジブリ作品の地上波での放映権を日本テレビが独占的に有している関係で、ジブリ最新作の公開時期になると、宣伝を兼ねて過去のジブリ作品を放送するのが恒例となっている。最新作の公開が無い年でも、夏休み期間を中心に年に5本程度が放送され、一度放送された作品はおよそ2?3年ごとに再放送されるが、中には2年連続で放送されたり、再放送の間隔が4年以上開く事もある。『火垂るの墓』は戦争をテーマとしている関係もあり、基本的には8月中旬の放送で固定されている。また、唯一のテレビスペシャルとして制作されながらも本放送以来一度も『金曜ロードショー』枠での放送実績が無かった『海がきこえる』が2011年7月15日に『コクリコ坂から』の公開に合わせて『ゲド戦記』と共に『金曜特別ロードショー』として2本立てで放送された。一方で、『レッドタートル ある島の物語』のように、ジブリ作品でも本枠で放送されないケースがある。ジブリ作品に関してはエンドロールを含め、ノーカット放送されるのが原則となっている。ただし、近年は2016年11月18日放送の『猫の恩返し』や2018年1月12日放送の『ゲド戦記』などでエンディングを省略しており、エンドロールを含む完全ノーカット版を放送しない回も増えてきている。ジブリ作品以外では『ルパン三世』シリーズ、『名探偵コナン』シリーズ(2009年度以降)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ(宣伝協力として日本テレビが関わっている)、細田守監督作品(スタジオ地図作品)などが放送されている。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見た解説放送

    2004年12月10日より、地上デジタル放送において番組連動型データ放送を実施。放送作品の紹介や次回予告の案内を行うほか、2010年からは場面ごとの解説を表示する「シーンガイド」をアニメ映画を中心とした一部の作品で行っている。さらに2006年8月4日からは、HDリマスターを含むハイビジョン放送が開始。2010年10月1日からは他局同様、デジタル放送のみ洋画作品でもステレオ放送(2か国語放送・解説放送を含む。副音声は「ステレオ2」)を開始した。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

  • 金曜ロードSHOW!

    金曜ロードSHOW!から見た日本アカデミー賞

    年末年始に加え、『日本アカデミー賞授賞式』(2月または3月)と『全国高等学校クイズ選手権』(8月または9月)と『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』(2013年 - 2016年)が放送される際は番組が休止となるまたはなった。金曜ロードSHOW! フレッシュアイペディアより)

176件中 81 - 90件表示

「金曜ロードショー」のニューストピックワード