前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
130件中 1 - 10件表示
  • 仰木彬

    仰木彬から見た金村義明金村 義明

    オリックスの監督を退任した後、2002年から2004年までABC、スポーツニッポン解説者を務める。また、2004年には野球殿堂入りを果たす。同年末に行われた記念パーティーでのスピーチで「今日のパーティーでございますが、これは私の生前葬だと思っております」と語っていた。実はこの時、既に肺癌が発覚しており、闘病を続けていたというが、仰木は生前、癌に侵されて闘病している事実を公にすることはなかった。西鉄ライオンズ以来の盟友である中西太や金村義明ら一部の球界関係者のみがその事実を知っていたが、仰木に懇願されて内密にしていたという。仰木彬 フレッシュアイペディアより)

  • with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!

    with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!から見た金村義明金村 義明

    2016年度には、前年度に不定期で出演していた毎日放送野球解説者の一枝修平と、この年から同局の野球解説者を務める八木裕と金村義明を新たに日替わりレギュラーへ起用。レギュラーアナウンサーも、前年度出演のスポーツアナウンサー(仙田和吉、近藤亨、井上雅雄、金山泉)に加えて、同局入社2年目(2015年入社)で最年少の森本尚太を土曜放送分に抜擢した。その一方で、増田が降板するとともに、前年度のレギュラー出演者の一部で出演曜日を変更。土曜放送分では野球解説者(基本的に、前年度レギュラーの亀山つとむ・藪恵壹および八木)が週替わりで出演する体制、日曜放送分では野球解説者(一枝、金村、安藤統男、太田幸司)から1名とスポーツアナウンサー(前年度のレギュラーでなかった赤木誠、森本栄浩、馬野雅行および金山)から1名を週替わりで組ませる体制へ移行した。with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン! フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た金村義明金村 義明

    開幕の対西武戦で赤堀元之が伊東勤に開幕戦史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打を浴びる波瀾のスタートとなり、序盤からチームは低迷。6月17日には首位西武に16ゲーム差の最下位に沈む。しかし、いてまえ打線の爆発により夏場から調子を上げ、7月26日から8月10日にかけて球団新記録となる13連勝を記録し一時は首位に立つなど、約1カ月半で32勝6敗、勝率.842の驚異的な成績を残す。しかし、野茂が離脱した8月以降は後退、最終的に首位西武と7.5ゲーム差の2位に終わる。シーズン終了後、野茂が契約のこじれから退団、メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースに移籍。金村義明がFA権を行使し中日に移籍。阿波野が香田勲男との交換トレードで巨人へ移籍。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンクSPORTS

    ジャンクSPORTSから見た金村義明金村 義明

    金村義明は毎回、最下位になってしまっている。歴代優勝者は第1回がレーサーの脇阪寿一でタイムは52秒、第2回はバレーボールの中田久美でタイムは58秒、第3回はK-1レフェリーの角田信朗でタイムは57秒、そして第4回もK-1のアーネスト・ホーストでタイムは60秒だった。又、逆に血液ドロドロ選手権と言う大会も行なわれた。第1回から第3回まで3回連続最下位の金村義明と第4回で最下位となった元・横綱若乃花の花田勝が2005年5月1日放送分で激突。結果は花田がいち早く血液を全て流し切った為に、金村の4大会連続の最下位が決まった。ジャンクSPORTS フレッシュアイペディアより)

  • そこまで言って委員会NP

    そこまで言って委員会NPから見た金村義明金村 義明

    金村義明(出演回数24回、野球解説者・タレント)そこまで言って委員会NP フレッシュアイペディアより)

  • ベリーベリーサタデー!

    ベリーベリーサタデー!から見た金村義明金村 義明

    金村義明によるプロ野球解説や、あらゆるスポーツ選手に密着するドキュメント企画などで構成。また、野球シーズンオフはロケによる各種単発企画も組まれていた。2006年3月25日まで。ベリーベリーサタデー! フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のラジオ (日本)

    2017年のラジオ (日本)から見た金村義明金村 義明

    4日 - 毎日放送(MBSラジオ)は、この日よりプロ野球オフシーズン期間に入るにあたり帯番組「MBSヨル隊」を、平日18時からの2時間枠で放送開始。火曜日は『金村義明のええかげんにせぇ〜』(パーソナリティ・金村義明)、水曜日は『メッセンジャーあいはらの夜はこれから』(パーソナリティ・メッセンジャーあいはら)、木曜日は『笑い飯哲夫の明るく元気なニュースシャワー』(パーソナリティ・中西哲夫)、金曜日は『ナジャ・グランディーバのレツゴーフライデー』(パーソナリティ・ナジャ・グランディーバ、チキチキジョニー)をおくる。2017年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • MBSヨル隊

    MBSヨル隊から見た金村義明金村 義明

    当レーベルの編成に際しては、「スマラジw」から『マイコー・ミュージック』以外の3番組を移動。また、編成上のタイトルを「MBSヨル隊 ?」に統一している。『メッセンジャーあいはらの夜はこれから!』については、火曜枠で『金村義明のええかげんにせぇ〜!』(MBSラジオ野球解説者・金村義明の冠番組)を放送することから、水曜枠に組み込まれた。『笑い飯哲夫の明るく楽しいニュースシャワー』は、木曜日での放送を続ける一方で、番組タイトルを『笑い飯哲夫の明るく元気なニュースシャワー』に変更。ナジャ・グランディーバがパーソナリティを務めるシリーズ番組については、『ナジャ・グランディーバのレツゴーフライデー』として、金曜日のレギュラー放送を復活させた。MBSヨル隊 フレッシュアイペディアより)

  • 栗橋茂

    栗橋茂から見た金村義明金村 義明

    金村義明とは公私にわたり付き合いが深かったことを伺わせる逸話が多数ある。栗橋茂 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡篤史

    片岡篤史から見た金村義明金村 義明

    4月7日の西武戦で、プロ初先発の松坂大輔が投げた155km/hの速球に、片岡は豪快な空振りをした。その映像は松坂のデビュー戦のハイライトとしてよく使用されている。試合前には「データでは松坂は変化球投手だ」と分析しており、前日に食事をした金村義明にもそう語っていた。後に片岡は「松坂は僕の空振りを見て自分のボールに自信がついたんだろう」と冗談交じりに語った。しかし、それ以後片岡は松坂を得意としている。同シーズンはこの松坂の初対戦時のフルスイングで脇腹を痛めてしまい故障を抱えたままシーズンを戦ったが前年の成績を下回った。片岡篤史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
130件中 1 - 10件表示

「金村義明」のニューストピックワード