130件中 41 - 50件表示
  • 垣内哲也

    垣内哲也から見た金村義明金村 義明

    素質は清原和博以上と言われ、和歌山出身なので「ミカンの大器」と言われた。一軍では通算110本塁打、ファームでも通算109本塁打を記録しており、一軍・ファーム双方で100本塁打以上を記録している唯一の選手である。ガンバレ日本プロ野球!?に出演した際にこのことを金村義明に報告したところ「プロ野球選手として一番自慢したらいかんことや」と冷静に突っ込まれている。垣内哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 小野和義

    小野和義から見た金村義明金村 義明

    1983年度ドラフト会議にて3球団競合の末に近鉄バファローズから1巡目指名を受けて入団。入団3年目のには前半戦だけで12勝を挙げ、同年のオールスターに出場した。以降は近鉄の先発投手陣の軸となり、には「10.19」の第1試合に先発している。のシーズン終盤に肘を故障し、優勝決定時は出場選手登録を外れる。同年の日本シリーズでは第4戦に先発登板して敗戦投手となり、シーズン終了後に肘の手術を受けた。は故障のためわずか3勝に終わったが、に12勝を挙げてカムバック賞を受賞。は開幕投手を任されたもののシーズン未勝利に終わる。オフには自由契約となり、に西武ライオンズへ移籍(報道などでは、その年に就任した鈴木啓示監督と調整の方法を巡り対立したとされる)。西武では豪快なフォームで遅いボールを投げる技術を身につけ、貴重な先発左腕として復活。は未勝利に終わる。の開幕直後、金村義明との交換トレードで中日ドラゴンズに移籍するが、前年に続き未勝利に終わる。同年引退。小野和義 フレッシュアイペディアより)

  • 藤立次郎

    藤立次郎から見た金村義明金村 義明

    個人応援歌は、近鉄時代は金村義明からの流用(藤立の退団後藤井彰人にさらに流用)、オリックス時代は新曲(退団後牧田勝吾に流用)だった。藤立次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の野球

    1982年の野球から見た金村義明金村 義明

    7月23日 - ジュニアオールスターで近鉄の金村義明がジュニアオールスター史上初のサイクル安打を記録。試合は6対1でウェスタン・リーグが勝利し、金村はこの試合、5打数4安打1本塁打1三振でMVP獲得。1982年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ツー快!お昼ドキッ

    ツー快!お昼ドキッから見た金村義明金村 義明

    金村義明、平野裕加里 - 平野は2003年4月から火曜・木曜を兼任。ツー快!お昼ドキッ フレッシュアイペディアより)

  • ハーマン・リベラ

    ハーマン・リベラから見た金村義明金村 義明

    シーズン開幕直後の4月12日に近鉄バファローズに入団。4番を期待された新外国人のパット・ドッドソンが、大砲を欲しがっていた球団の思惑とは違いアベレージヒッタータイプだったことに加え、レギュラーの三塁手を務めていた金村義明が前年に負った骨折からの回復が予想よりも長引いたため、三塁を守れる外国人として白羽の矢が立ったのがリベラであった。ハーマン・リベラ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンプ!○○中

    ジャンプ!○○中から見た金村義明金村 義明

    〈〉姫:鈴木紗理奈、護衛:オリエンタルラジオ(中田敦彦/藤森慎吾)/ 金村義明 / ほんこん (130R)ジャンプ!○○中 フレッシュアイペディアより)

  • ベン・オグリビー

    ベン・オグリビーから見た金村義明金村 義明

    この誠実な性格で日本人の同僚達からの信頼も厚かった。オグリビーが自分のミスで試合に敗けて落ち込んでいたところ、金村義明や村上隆行などといったチームメイトに風呂に投げ込まれ、お湯を掛け合うなどしてはしゃぎ、励まされた。「メジャー時代でも白人と黒人が一緒にお風呂に入る事など無かったのに」と言い感激していた。またその際、あまりの嬉しさに浴槽の中で泳いでいたという。ベン・オグリビー フレッシュアイペディアより)

  • 花房健

    花房健から見た金村義明金村 義明

    入団時の背番号は28であったが、翌年入団した金村義明が28をつけるため変更している。なお28番のユニフォームはそのまま金村に受け継がれた(金村曰く「お披露目前にHANABUSAのワッペンを外した」という)。花房健 フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の野球

    1986年の野球から見た金村義明金村 義明

    7月17日 - 近鉄の金村義明が西宮球場での対阪急12回戦でサイクル安打を達成。1986年の野球 フレッシュアイペディアより)

130件中 41 - 50件表示

「金村義明」のニューストピックワード