102件中 61 - 70件表示
  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た金村義明金村 義明

    北新地の本通りでストリートライブを見ていたたかじんが「下手じゃ」とストリートミュージシャンを殴り、ギターを取り上げ、ストリートライブを始めだした。それからしばらくして、偶然金村義明が通りかかったのを見つけると「金村こっち来んかい」と呼びつけ、「お前も金を出せ」と1万円を出させた。その後たかじんと金村でたかじんのデビュー曲『ゆめいらんかね』のサビの部分を10分ほど延々と歌っていた(たかじんが泥酔していたためサビの部分しか思い出せなかったという)。最終的にチップが20万円くらい集まり、そのストリートミュージシャンに全額渡して帰っていった。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • ツー快!お昼ドキッ

    ツー快!お昼ドキッから見た金村義明金村 義明

    金村義明、平野裕加里 - 平野は2003年4月から火曜・木曜を兼任。ツー快!お昼ドキッ フレッシュアイペディアより)

  • 片岡篤史

    片岡篤史から見た金村義明金村 義明

    4月7日の対西武ライオンズ戦で、プロ初先発の松坂大輔が投げた155km/hの速球に、片岡は豪快な空振りをした。その映像は松坂のデビュー戦のハイライトとしてよく使用されている。試合前には「データでは松坂は変化球投手だ」と分析しており、前日に食事をした金村義明にもそう語っていた。後に片岡は「松坂は僕の空振りを見て自分のボールに自信がついたんだろう」と冗談交じりに語った。しかし、それ以後片岡は松坂を得意としており、6月30日の対西武戦で、9回裏に松坂のノーヒットノーランを阻止するヒットを打っている。打ったボールは前年空振りを喫した高めの直球であった。片岡篤史 フレッシュアイペディアより)

  • マット・マートン

    マット・マートンから見た金村義明金村 義明

    は、それまで中堅手の経験がほとんどなかったこともあって春季キャンプでは評価が低く、広澤克実や金村義明などの野球評論家から酷評された。しかし、オープン戦では鳥谷敬に次いでチーム2位の打率.352、先頭打者本塁打2本の成績でシーズンを迎え、開幕後も5試合連続安打、15試合連続出塁を記録。その後もコンスタントに安打を放ち続けた。3月30日の対広島東洋カープ戦では来日1号本塁打を場外へ放った。このボールは、球場の外をジョギングしていた男性に拾われて宿舎に届けられた。阪神の来日1年目外国人選手としては50年ぶりのオールスターゲームに監督推薦で出場した。マット・マートン フレッシュアイペディアより)

  • 石井貴

    石井貴から見た金村義明金村 義明

    金村義明は「球は速かったが、リリースポイントが見やすかった」、大塚光二は「スライダーを投げる時は顔の表情でわかった」と現役時代の石井について発言している。本人も左肩の開きが早くリリースポイントが見やすいフォームだったと認めている。ただし、右肩の痛みのためフォームを変更(本人曰く柔道の一本背負いのようなフォーム)している。石井貴 フレッシュアイペディアより)

  • みんなのKEIBA

    みんなのKEIBAから見た金村義明金村 義明

    金村義明(2012年8月19日、スタジオ出演)みんなのKEIBA フレッシュアイペディアより)

  • 大阪放送

    大阪放送から見た金村義明金村 義明

    金村義明の健康ですいすい!(2009年7月25日終了。)大阪放送 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た金村義明金村 義明

    近鉄バファローズから中日ドラゴンズに移籍してきた金村義明選手に言った、落合選手の息子・落合福嗣君の一言。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 新井宏昌

    新井宏昌から見た金村義明金村 義明

    1987年の首位打者獲得時には打率.366、安打数184本を記録。この安打数は130試合制であった当時の日本記録でプロ野球再編問題で近鉄消滅まで1シーズン球団最多記録であった(本人によると、工藤公康から放ったサヨナラホームランが最も印象に残る一打という)。その後も毎年安定した成績を残し、仰木彬監督時代の・は2番打者としてチームの10.19を演出(自身はダブルヘッダー両試合フルイニング出場)、読売ジャイアンツとの日本シリーズにおいて、第1戦で斎藤雅樹から勝ち越しタイムリーを放つなど、シリーズ通算23打数9安打の.391で敢闘賞を受賞した。新井にとって18年間のプロ選手生活唯一のレギュラーシーズン最高勝率やポストシーズン進出となった。新井は盗塁王の常連で1番打者である大石大二郎の後を打ち、バントや巧打でラルフ・ブライアント、ハーマン・リベラ、鈴木貴久、金村義明、村上隆行といったクリーンアップの強打者につなげる貴重な役目を果たした。また、当時兼任コーチの肩書きは無かったが、。南海時代は一度も経験しなかったオールスターゲームに3年連続出場。新井宏昌 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚光二

    大塚光二から見た金村義明金村 義明

    2001年限りで引退後、文化放送およびCS放送・J SPORTSで解説者・リポーターを務める他、金村義明と共に、J SPORTSのプロ野球バラエティ番組である「ガンバレ日本プロ野球!?」の進行役もつとめている。大塚光二 フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「金村義明」のニューストピックワード