130件中 61 - 70件表示
  • 2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た金村義明金村 義明

    フジテレビ・東海テレビ≪フジテレビ系列。共同制作≫・BSフジ 実況:森脇淳(東海テレビ・1?3回)、神田康秋(テレビ新広島・4?6回)、馬場鉄志(関西テレビ・7?9回) 解説:斎藤雅樹(1?3回)、達川光男(4?6回)、田尾安志(7?9回) ゲスト解説:星野仙一(阪神シニアディレクター、フルイニング出演) リポーター:大久保博元、金村義明2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • NOMOベースボールクラブ

    NOMOベースボールクラブから見た金村義明金村 義明

    代表理事は、野茂および、野茂の新日本製鐵堺時代の監督・清水信英。清水は、チームの設立当初から監督も務めている。また、野茂の近鉄時代のチームメイト(金村義明・光山英和・佐々木修・池上誠一・小池秀郎・佐野慈紀)が、運営理事に名を連ねる。NOMOベースボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 第53回選抜高等学校野球大会

    第53回選抜高等学校野球大会から見た金村義明金村 義明

    第5号:金村義明(報徳学園)第53回選抜高等学校野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 池田奈月

    池田奈月から見た金村義明金村 義明

    金村義明の健康でいてまえ(ラジオ大阪)池田奈月 フレッシュアイペディアより)

  • お笑いワイドショー マルコポロリ!

    お笑いワイドショー マルコポロリ!から見た金村義明金村 義明

    2017年2月11日(土・祝)に、2016年12月25日放送分(ゲスト:金村義明、金石昭人)を単発で放送。お笑いワイドショー マルコポロリ! フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木恭介

    佐々木恭介から見た金村義明金村 義明

    打撃コーチとしても近鉄では村上、金村義明や中根仁、阪神では亀山や新庄、そして中日では後述の福留などを育成した実績もあり、解説での打撃理論も緻密であるのでコーチとしての評価が高い。事実、金村は今でも「僕がプロ野球でやっていけたのは仰木監督と佐々木コーチのおかげ」と語っている。福留の自主トレでも打撃指導をしたり、カブスの取材に訪れた際には非公式ながら臨時コーチとして背番号「53」のカブスのユニフォームが用意され、福留の打撃指導をした。佐々木恭介 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木貴久

    鈴木貴久から見た金村義明金村 義明

    に引退したあとも二軍打撃コーチとして近鉄に留まり、若手選手の育成に努めた。だが5月17日未明、急性気管支炎のため40歳の若さで急逝。前日には早退こそしたものの、球場に顔を出し、愛犬の散歩もしていた。告別式の出棺の際には、同い年で共に近鉄でプレーした金村義明が号泣していたという。鈴木貴久 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た金村義明金村 義明

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは下馬評は西武有利と予想されたが横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 市川いずみ

    市川いずみから見た金村義明金村 義明

    MBSヨル隊「金村義明のええかげんにせぇ〜!」(2017年度のナイターオフ番組、パートナー) - 『みんなでホームイン』シリーズに続いて、金村義明(MBSラジオ野球解説者)のパートナーを担当。前述の『おはようコールABC』(生放送)に続いて登場する。市川いずみ フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・デービス

    リチャード・デービスから見た金村義明金村 義明

    1986年6月13日の対西武戦で、東尾修から死球を受けたことに激昂、マウンドに走り寄り東尾を殴打し、東尾も応戦したことから両軍入り乱れての大乱闘に発展した。デービスは暴力行為で退場処分になった。加えてこの試合が、当時のパ・リーグの試合としては珍しく全国中継されていたこともあって事件の影響は大きく、デービスは10日間の出場停止処分となった。だが、選手間には東尾の相手打者への威嚇とも見られる内角攻めや死球の多さについての批判が多く(東尾は通算165与死球の日本記録保持者)、暴力は許せないとしながらもデービスに同情する声もあった。当時チームメイトの金村義明によるとデービスも東尾に憤慨しており、直前の鈴木貴久の頭部付近への投球でエキサイトしていた。デービス自身も「処分には従うが、自分の行動は悪いと思わない。」「後悔していることが一つある。もっと思いっきり殴るべきだった。殴り終わっても東尾はしっかり二本の足で立っていたからな。」と語り、反省の態度を示さなかった。この時は後の大麻不法所持による逮捕への遠因となる奇行が目立ち始めた頃でもあったという。リチャード・デービス フレッシュアイペディアより)

130件中 61 - 70件表示

「金村義明」のニューストピックワード