102件中 81 - 90件表示
  • 2001年の日本シリーズ

    2001年の日本シリーズから見た金村義明金村 義明

    フジテレビ≪フジテレビ系列 制作・フジテレビ≫ 実況:三宅正治 解説:達川光男、金村義明2001年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • GAORAプロ野球中継

    GAORAプロ野球中継から見た金村義明金村 義明

    2011年2月26日には阪神対オリックスのオープン戦を録画放送するが、制作は関西テレビ放送である(解説:田尾安志、金村義明、実況:大橋雄介、リポーター:吉原功兼。関西テレビで昼間に約2時間に編集して中継したものを夜にGAORAでノーカット放送)。この試合は毎年行われている関西テレビ主催の「KTVカップ」であるため、CSでは関西テレビ☆京都チャンネルで放送されていたが、2009年をもって閉局したためGAORAでの録画放送となる。なお、翌日はオリックス主催で「KTVカップ」のオリックス対阪神が行われるが、CSでは中継を行わない。なお、普段J SPORTSで放送しているオリックス戦には関西テレビの関連会社であるメディアプルポが制作協力している。GAORAプロ野球中継 フレッシュアイペディアより)

  • 東野幸治

    東野幸治から見た金村義明金村 義明

    同じく宝塚市出身の金村義明は、彼の親戚が東野と同じ高校で友達だったため、その親戚を介し「スポーツ兄弟」として有名だった東野の事を芸人デビュー前から知っていた。一方で、当時は高校野球のスターだった金村の事を東野は当然知っており、デビュー前から直接の面識は無いものの、互いにスポーツマンとして一目置く関係だったという。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た金村義明金村 義明

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • サイクル安打

    サイクル安打から見た金村義明金村 義明

    また、金村義明は公式戦で1986年に記録しているが、1982年のジュニアオールスターゲームでも記録している。サイクル安打 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井隆

    藤井隆から見た金村義明金村 義明

    母親が大の阪神ファンであり、藤井の阪神情報は全て『ベリーベリーサタデー!』で共演していた金村義明からではなく母親伝いで入ってくる。藤井隆 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤公康

    工藤公康から見た金村義明金村 義明

    名古屋電気高校(現:愛工大名電高校)在学時は、現パ・リーグ審判の中村稔と同級生でありチームメイト。夏の甲子園の準決勝で敗れたのが報徳学園で、同校はそのまま優勝した。この時の相手チームのエースが金村義明である。また、先述のノーヒットノーランの試合を長崎西高サイドで観戦していたのが当時同校在学中の女優・麻生祐未だった。工藤公康 フレッシュアイペディアより)

  • 報徳学園中学校・高等学校

    報徳学園中学校・高等学校から見た金村義明金村 義明

    金村義明(野球解説者・元プロ野球選手・近鉄バファローズ→中日ドラゴンズ→西武ライオンズ)報徳学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本シリーズ

    2004年の日本シリーズから見た金村義明金村 義明

    実況:森脇淳 解説:谷沢健一、斎藤雅樹(CX) リポーター:金村義明(CX) ゲスト解説:小宮山悟(ロッテ)、宮本慎也(ヤクルト)2004年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の日本シリーズ

    1998年の日本シリーズから見た金村義明金村 義明

    後のない西武はエース西口を満を持して中7日で送った。横浜は川村丈夫。第5戦で大量点を挙げた横浜打線だったが、この日は西口の気迫あふれる投球の前に7回まで無得点。しかし西武打線も川村の前に沈黙。大塚光二が1人気を吐くも、後続が絶たれ得点につながらなかった。そして8回、四球で出塁した波留が鈴木尚のセカンドゴロで2塁に進んだが、直接タッチしようとしたセカンド高木浩之のタッチが認められず、オールセーフ。西口は続くローズを中飛に抑えたが、続く駒田徳広にセンターを越えフェンス最上段に当たるタイムリー二塁打を打たれ、8回ついに横浜に先制を許した。続く2死満塁のピンチは抑えた。横浜はシーズン定石どおり9回佐々木をマウンドへ送る。しかし佐々木の調子が今ひとつ。先頭の大塚の打球はレフトフライかと思われたが、レフト鈴木の打球判断ミス(照明が目に当たったものと考えられる)で後逸、大塚はシリーズ新の6打席連続安打(後に今江敏晃が2005年に8打席連続安打の記録を出し塗り替える)となる三塁打を放ち、いきなり無死3塁とした。1死を取ったが、代打マルティネスは四球。続く中嶋がサードゴロを打ったがバウンドが高く、5-4-3と渡るもこれが野選となりオールセーフ、大塚が生還。なおも1死1、2塁で代打金村義明が登場したが、初球を痛恨のセカンド併殺打。横浜が38年ぶり2回目の日本一となった。2番手で登板した阿波野が近鉄時代の1989年の日本シリーズ第1戦以来の勝利投手で、日本シリーズ史上2人目の両リーグ勝利投手となった。1998年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

102件中 81 - 90件表示

「金村義明」のニューストピックワード