178件中 91 - 100件表示
  • 金村義明

    金村義明から見た日刊スポーツ

    鈴木健と容姿が似ている。1988年、西武と近鉄が最後まで優勝を争った際、はた山ハッチ(やくみつる)は自身執筆の『パロ野球ニュース』(1988年8月)で両人と思われるトランクス姿の人物を描き、「今年はウチが優勝だ」と宣言する四コママンガを描き、同じコマに登場する中日の星野仙一監督が「お前は近鉄の金村か?西武の鈴木健か、どっちだ」と突っ込むネタを描いている。なお、鈴木健とは西武移籍時にチームメイトとなり、この際にも『パロ野球ニュース』や、日刊スポーツでネタにされていた。二人が似ていることは当人達も自覚していて、鈴木は金村を「お兄ちゃん」と呼んで慕い、金村は球場やキャンプ取材時に「鈴木健さんですよね?」と度々声を掛けられると証言している。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見た横浜スタジアム

    入団1年目の1982年には、ウエスタン・リーグ公式戦全試合へ出場。同リーグの選抜メンバーとしてスタメンで出場したジュニアオールスターゲーム(横浜スタジアム)では、第4打席までにサイクルヒット(二塁打 → 本塁打 → 西武ライオンズに入団した工藤からの三塁打 → 単打)を記録すると共に、MVPへ選ばれた。ただし、MVPの副賞として賞金139万円を獲得したことから、シーズン終了後の契約交渉では球団から賞金分の減俸を提示。金村は、一軍の公式戦にほとんど出場できなかったこともあって、この提示を渋々受け入れた。なお、一軍公式戦でも、1986年7月17日の対阪急戦(西宮球場)でサイクルヒットを達成している。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見たゴルフ

    野球以外のスポーツでは、報徳学園中学校時代に、柔道で初段を取得した。また、実母が焼肉店を開くまで宝塚カントリークラブで長らくキャディーを務めていた縁で、少年時代から折に触れてゴルフをプレー。現役引退後は、チャリティーゴルフコンペにたびたび参加している。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見た高校野球

    中学・高校時代を通じて、報徳学園に在学。高校3年生だったには、エースの4番打者として、甲子園の全国大会へ春夏連続出場を果たした。春の選抜大会では、大府高との1回戦で、槙原寛己との投げ合いに敗れた。しかし、夏の選手権大会では、チームを優勝に導いている。また、両大会では打者として、通算打率は.577、本塁打3本を記録している。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見たMBSヨル隊

    『スーパーニュースアンカー』が終了した2015年4月からは、『上泉雄一のええなぁ!』(MBSラジオ平日夕方の生ワイド番組)に月曜パートナーとしてレギュラーで出演。『アンカー』時代から続く「野球漫談」や、阪神以外の球団の事情も織り込んだ評論などで人気を博している。2016年からは、同局の野球解説者としても活動。2017年度のナイターオフ期間には、MBSラジオで『上泉雄一のええなぁ!』月曜日への出演を続けながら、生放送のラジオ番組では自身初の冠番組『MBSヨル隊「金村義明のええかげんにせぇ〜!」』でパーソナリティを務める。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲームのパリーグ三塁手は石毛宏典、松永浩美がメインだった為、仰木彬がパリーグ監督である1990年のみ監督推薦として出場できた。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見たFNNスーパーニュースアンカー

    西武時代からの自宅がある東京を活動の拠点に置きながら、近鉄時代を過ごした大阪や、中日時代を過ごした名古屋でも地元局制作の情報・バラエティ・ラジオ番組へたびたび登場。関西テレビ制作の阪神・オリックス公式戦中継に、ゲスト解説者として出演することもある。同局が平日の夕方に『FNNスーパーニュースアンカー』を放送していた時期には、木曜日第1部のレギュラーコメンテーターとして、メインキャスターの山本浩之と共に「野球漫談」と称されるほどのやり取りを展開した。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見たガンバレ日本プロ野球!?

    自身と大塚光二が進行を務めるプロ野球バラエティ番組「ガンバレ日本プロ野球!\?」(J SPORTS)では仰木は2度ゲストで出演、この縁から同番組のキャンプ編ではオリックスキャンプからスタートするのが恒例となっている。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見たジャンクSPORTS

    2000年のシドニーオリンピック期間中には、『週刊プレイボーイ』からの依頼で、正式競技として日本代表が出場していた野球を取材。さらに、『ジャンクSPORTS』(フジテレビ)にゲストパネラーとして出演した際のトークの面白さが注目されたことから、2000年8月に同局及び系列の関西テレビと専属解説契約を結んだ(フジテレビとの専属契約は2017年限りで終了)。2001年からは、J SPORTSの野球解説者や、スポーツ報知の野球評論家を務める。なお、解説・評論活動では、「現場主義」をモットーに掲げている。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見た阪急西宮スタジアム

    入団1年目の1982年には、ウエスタン・リーグ公式戦全試合へ出場。同リーグの選抜メンバーとしてスタメンで出場したジュニアオールスターゲーム(横浜スタジアム)では、第4打席までにサイクルヒット(二塁打 → 本塁打 → 西武ライオンズに入団した工藤からの三塁打 → 単打)を記録すると共に、MVPへ選ばれた。ただし、MVPの副賞として賞金139万円を獲得したことから、シーズン終了後の契約交渉では球団から賞金分の減俸を提示。金村は、一軍の公式戦にほとんど出場できなかったこともあって、この提示を渋々受け入れた。なお、一軍公式戦でも、1986年7月17日の対阪急戦(西宮球場)でサイクルヒットを達成している。金村義明 フレッシュアイペディアより)

178件中 91 - 100件表示

「金村義明」のニューストピックワード