100件中 21 - 30件表示
  • 金村 義明

    金村義明から見た愛知工業大学名電高等学校

    、甲子園大会に春夏連続出場を果たした〔中学受験で報徳学園中学から一貫教育を受けた〕報徳学園をエース・4番バッターとして引っ張り、夏の選手権大会では強豪校を下して全国優勝の栄誉を勝ち取る。春夏通算の打率は.577、本塁打は3本。同大会には工藤公康(名古屋電気)、荒木大輔(早稲田実)などが出場している。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見た鈴木健 (内野手)

    現役時代、西武に在籍していた鈴木健と容姿が似ているらしく、93年、西武と近鉄が最後まで優勝を争った際、ハタ山ハッチ(やくみつる)は自身執筆の『パロ野球ニュース』で両人と思われるトランクス姿の人物を描き、「今年はウチが優勝だ」と宣言する四コママンガを書き、同じコマに登場する中日の星野仙一監督が「お前は近鉄の金村か?西武の鈴木健か、どっちだ」と突っ込むネタを描いている。なお、鈴木健とは西武移籍時にチームメイトとなっている。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見たスティーブ・シャーリー

    初打点:1983年5月12日、対ロッテオリオンズ4回戦(川崎球場)、8回表に仲根政裕の代打として出場、スティーブ・シャーリーから同点適時打金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見た平野光泰

    近鉄入団当時、入団交渉のゴタゴタやルーキーながらパンチパーマといった出で立ちもあり、ドラフト一位というやっかみもかってしまい、先輩から相当にいじめられた。寮では何度もお金が盗まれることまであったという。そんな中、厳しくも優しく接してくれたのが栗橋茂・平野光泰・森脇浩司等であった。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見た三輪田勝利

    同年のドラフトで近鉄バファローズから1位指名を受ける(近鉄は阪急との競合にて交渉権を獲得。なお、阪急の外れ1位は山沖之彦)。当時、本人は長池徳士の大ファンであり、さらに阪急電鉄沿線に住んでいたことから阪急を志望していた(本人によると、阪急と既に交渉していたとのこと)。だが近鉄から指名を受け、泣きながら当時阪急の打撃コーチであった長池(長池はのシーズンを最後に引退していた)の自宅を訪ね相談したところ、長池や三輪田勝利スカウトから「近鉄で頑張れ」と言われ、近鉄への入団を決意。自著『在日魂』によれば、ドラフト前の挨拶では、近鉄サイドから「前年に巨人に入団した原辰徳以上の契約金と年俸に加えて土地も用意する」との話であった。しかし、ドラフト後に球団社長と代表が辞任し球団スタッフの顔ぶれが一新してしまったため、以前の約束が反故にされ、契約金は5,500万円となった。この時に金村本人は「まるで詐欺やないか」と思ったという。このため、入団までの過程で交渉が決裂することもあり、それがスポーツ紙に「かね子さん強気で交渉決裂」などの見出し報道され、金村の母親がメディアから悪者扱いを受けてしまう。結局、最終的に契約金に上積みは一切無く、近鉄に入団した。契約金は全額両親に渡し、金村は両親のために近鉄不動産から3%引きで土地を購入したという。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見た栗橋茂

    近鉄入団当時、入団交渉のゴタゴタやルーキーながらパンチパーマといった出で立ちもあり、ドラフト一位というやっかみもかってしまい、先輩から相当にいじめられた。寮では何度もお金が盗まれることまであったという。そんな中、厳しくも優しく接してくれたのが栗橋茂・平野光泰・森脇浩司等であった。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見た園川一美

    100本塁打:1992年4月21日、対ロッテオリオンズ1回戦(日生球場)、5回裏に園川一美からソロ ※史上169人目金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見た佐々木恭介

    1982年から1985年までは1軍に定着できずにいたが、佐々木恭介の指導の元で序々に頭角を現し、からは羽田耕一に代わって三塁のレギュラーに定着、いてまえ打線の中軸として活躍する。その豪快なイメージから「いてまえ大将」のニックネームを頂戴する。かつて豪快だったパ・リーグのイメージを継承した最後の選手という声もある。しかし打率.258 本塁打127本という通算成績は後に三塁を守ることになる中村紀洋や他の近鉄いてまえ打線の選手(ラルフ・ブライアント、石井浩郎、タフィ・ローズ)に比べれば成績の面ではやや劣った。そのことに関しては本人も「成績の面では一流ではなかった」と認めている。にはオープン戦で投手を務めたことがある。また、1試合のみだが山下和彦、古久保健二、光山英和の捕手を使い切ったために、捕手を務めたことがある。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見たラルフ・ブライアント

    1982年から1985年までは1軍に定着できずにいたが、佐々木恭介の指導の元で序々に頭角を現し、からは羽田耕一に代わって三塁のレギュラーに定着、いてまえ打線の中軸として活躍する。その豪快なイメージから「いてまえ大将」のニックネームを頂戴する。かつて豪快だったパ・リーグのイメージを継承した最後の選手という声もある。しかし打率.258 本塁打127本という通算成績は後に三塁を守ることになる中村紀洋や他の近鉄いてまえ打線の選手(ラルフ・ブライアント、石井浩郎、タフィ・ローズ)に比べれば成績の面ではやや劣った。そのことに関しては本人も「成績の面では一流ではなかった」と認めている。にはオープン戦で投手を務めたことがある。また、1試合のみだが山下和彦、古久保健二、光山英和の捕手を使い切ったために、捕手を務めたことがある。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見た荒木大輔

    、甲子園大会に春夏連続出場を果たした〔中学受験で報徳学園中学から一貫教育を受けた〕報徳学園をエース・4番バッターとして引っ張り、夏の選手権大会では強豪校を下して全国優勝の栄誉を勝ち取る。春夏通算の打率は.577、本塁打は3本。同大会には工藤公康(名古屋電気)、荒木大輔(早稲田実)などが出場している。金村義明 フレッシュアイペディアより)

100件中 21 - 30件表示

「金村義明」のニューストピックワード