100件中 61 - 70件表示
  • 金村 義明

    金村義明から見た川崎球場

    初打点:1983年5月12日、対ロッテオリオンズ4回戦(川崎球場)、8回表に仲根政裕の代打として出場、スティーブ・シャーリーから同点適時打金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見たベリーベリーサタデー!

    近鉄入団時の守備走塁コーチであり、オリックスの監督であった仰木彬には深い恩義を感じていた。2006年に仰木とのエピソードを記した自著も出版している。1990年代中頃、仰木のガンを知ってしまったが、仰木から口止めを懇願され、彼が死ぬまでその事は誰にも言う事がなかった。珍プレーやジャンクスポーツなどで仰木の話題になっても、「大酒飲みで自分以上の遊び好き」等と語り、共演の際もそのスタンスを貫いていた。仰木が亡くなった翌々日(2005年12月17日)に放送された『ベリーベリーサタデー!』では、ショックが癒えていないのか番組開始直後から明らかに表情が暗く、担当コーナー「Weeklyベリスポ!」で、仰木の生前葬(イチローなどのメジャーリーガーや野球界の知人を招集)を話題に上げた際には、ついにあふれ出る涙を抑えきれず大泣きしてしまうハプニングになった。2006年4月放送のテレビ朝日放送の『徹子の部屋』の中でも、仰木の話題になると目に涙を浮かべながら恩師を懐かしんだ。仰木は金村とは晩年までゴルフなどで親交を続けていた。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見たFNNスーパーニュースアンカー

    2009年12月24日、関西テレビのニュースアンカーにて「民主党に投票した一人としては期待してたのに裏切られた」と発言し、帰化し投票権を得ていた事を明らかにした。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見たガンバレ日本プロ野球!?

    自身と大塚光二が進行を務めるプロ野球バラエティ番組「ガンバレ日本プロ野球!\?」(J SPORTS)では仰木は2度ゲストで出演、この縁から同番組のキャンプ編ではオリックスキャンプからスタートするのが恒例となっている。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見た内野手

    金村 義明(かねむら よしあき、1963年8月27日 - )は、兵庫県宝塚市出身の元プロ野球選手(内野手)。現在は野球解説者(フジテレビ・J SPORTS・スポーツ報知)、タレント。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見たゴルフ

    近鉄入団時の守備走塁コーチであり、オリックスの監督であった仰木彬には深い恩義を感じていた。2006年に仰木とのエピソードを記した自著も出版している。1990年代中頃、仰木のガンを知ってしまったが、仰木から口止めを懇願され、彼が死ぬまでその事は誰にも言う事がなかった。珍プレーやジャンクスポーツなどで仰木の話題になっても、「大酒飲みで自分以上の遊び好き」等と語り、共演の際もそのスタンスを貫いていた。仰木が亡くなった翌々日(2005年12月17日)に放送された『ベリーベリーサタデー!』では、ショックが癒えていないのか番組開始直後から明らかに表情が暗く、担当コーナー「Weeklyベリスポ!」で、仰木の生前葬(イチローなどのメジャーリーガーや野球界の知人を招集)を話題に上げた際には、ついにあふれ出る涙を抑えきれず大泣きしてしまうハプニングになった。2006年4月放送のテレビ朝日放送の『徹子の部屋』の中でも、仰木の話題になると目に涙を浮かべながら恩師を懐かしんだ。仰木は金村とは晩年までゴルフなどで親交を続けていた。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見た後楽園球場

    初先発出場:1982年9月21日、対日本ハムファイターズ後期11回戦(後楽園球場)、8番・三塁手として出場金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見たJ SPORTS STADIUM

    J SPORTS STADIUM※主にロッテ戦の解説を担当。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見た引退試合

    の開幕直後に元同僚の小野和義との交換トレードで西武ライオンズに移籍。西武では主に代打・一塁手・指名打者として出場し東尾修監督の期待に応え、近鉄・西武の2球団でリーグ優勝に貢献した。、現役引退。引退試合となった9月30日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)では先発出場を果たしたが第1打席で交代している。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村 義明

    金村義明から見たパシフィック・リーグ

    1982年から1985年までは1軍に定着できずにいたが、佐々木恭介の指導の元で序々に頭角を現し、からは羽田耕一に代わって三塁のレギュラーに定着、いてまえ打線の中軸として活躍する。その豪快なイメージから「いてまえ大将」のニックネームを頂戴する。かつて豪快だったパ・リーグのイメージを継承した最後の選手という声もある。しかし打率.258 本塁打127本という通算成績は後に三塁を守ることになる中村紀洋や他の近鉄いてまえ打線の選手(ラルフ・ブライアント、石井浩郎、タフィ・ローズ)に比べれば成績の面ではやや劣った。そのことに関しては本人も「成績の面では一流ではなかった」と認めている。にはオープン戦で投手を務めたことがある。また、1試合のみだが山下和彦、古久保健二、光山英和の捕手を使い切ったために、捕手を務めたことがある。金村義明 フレッシュアイペディアより)

100件中 61 - 70件表示

「金村義明」のニューストピックワード