178件中 71 - 80件表示
  • 金村義明

    金村義明から見た甲子園球場

    神宮球場のヤクルト対阪神戦をニッポン放送との相互ネット形式で中継する場合には、試合の展開に応じて、ニッポン放送でも金村の解説が流れることがある。一方2017年までは、金曜日に開催された甲子園球場の阪神対巨人戦の中継を通じて、TBSラジオに金村の解説が流れることがあった。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見た阪神タイガース

    西武時代からの自宅がある東京を活動の拠点に置きながら、近鉄時代を過ごした大阪や、中日時代を過ごした名古屋でも地元局制作の情報・バラエティ・ラジオ番組へたびたび登場。関西テレビ制作の阪神・オリックス公式戦中継に、ゲスト解説者として出演することもある。同局が平日の夕方に『FNNスーパーニュースアンカー』を放送していた時期には、木曜日第1部のレギュラーコメンテーターとして、メインキャスターの山本浩之と共に「野球漫談」と称されるほどのやり取りを展開した。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見た中日ドラゴンズ

    1994年には、規定打席への到達を逃すも、打率.299と好調であった。その一方で、一軍監督の鈴木啓示や一軍作戦兼バッテリーコーチの梨田昌孝は、金村とポジションの重なる中村紀洋を育てる意向を持っていた。結局、中村の台頭、鈴木監督の指導方針、コーチ陣や球団首脳部への不信感などが重なって、1994年のシーズン終了後に球団史上初めてFA権の行使を宣言。星野仙一などからの誘いを受けて、かつて星野が一軍監督を務めていた中日ドラゴンズへの移籍を決めた。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見た横浜中学校・高等学校

    高校3年夏の全国大会では、「1回戦突破」という目標を盛岡工業高校戦で達成すると、前年優勝の横浜高校と対戦した2回戦で2打席連続本塁打を放った。3回戦で荒木大輔を擁する早稲田実業学校高等部、準々決勝で藤本修二のいた今治西高校に勝利すると、名古屋電気高校との準決勝で、工藤公康から二塁打を含む3安打を記録。さらに、投手として、初戦から決勝戦までの全6試合で完投勝利を収めた。夏の全国大会の優勝投手で、4番打者を務めながら全試合を1人で完投した選手は過去に8名いるが、この大会での金村を最後に現れていない。また、この大会で記録した通算打率.545(22打数12安打2本塁打)は、夏の全国大会優勝投手としてはの嶋清一(.550)に次ぐ歴代2位(春の全国大会を含めると3位)に当たる(いずれも2015年大会終了時点)。このように投打とも大いに活躍したことから、現役を引退してからも、高校野球関連の番組・企画にたびたび登場している。ただし、完投勝利を収めるたびにマウンド上で飛び上がりながらガッツポーズを披露したため、高野連の関係者から注意を受けたという。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見たチャリティー

    野球以外のスポーツでは、報徳学園中学校時代に、柔道で初段を取得した。また、実母が焼肉店を開くまで宝塚カントリークラブで長らくキャディーを務めていた縁で、少年時代から折に触れてゴルフをプレー。現役引退後は、チャリティーゴルフコンペにたびたび参加している。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見た愛媛県立今治西高等学校

    高校3年夏の全国大会では、「1回戦突破」という目標を盛岡工業高校戦で達成すると、前年優勝の横浜高校と対戦した2回戦で2打席連続本塁打を放った。3回戦で荒木大輔を擁する早稲田実業学校高等部、準々決勝で藤本修二のいた今治西高校に勝利すると、名古屋電気高校との準決勝で、工藤公康から二塁打を含む3安打を記録。さらに、投手として、初戦から決勝戦までの全6試合で完投勝利を収めた。夏の全国大会の優勝投手で、4番打者を務めながら全試合を1人で完投した選手は過去に8名いるが、この大会での金村を最後に現れていない。また、この大会で記録した通算打率.545(22打数12安打2本塁打)は、夏の全国大会優勝投手としてはの嶋清一(.550)に次ぐ歴代2位(春の全国大会を含めると3位)に当たる(いずれも2015年大会終了時点)。このように投打とも大いに活躍したことから、現役を引退してからも、高校野球関連の番組・企画にたびたび登場している。ただし、完投勝利を収めるたびにマウンド上で飛び上がりながらガッツポーズを披露したため、高野連の関係者から注意を受けたという。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見た福岡ダイエーホークス

    1991年には、9月26日の対福岡ダイエーホークス戦(藤井寺球場)に三塁手として出場したが、9回表に捕手としてマスクを被った。リーグの優勝戦線にいたチームが、一軍のベンチに入っていた捕手(山下和彦、古久保健二、光山英和)を全員起用したばかりか、8回裏の光山の打席で代打を出したことによる。なお、金村が捕手として出場したのは、現役時代を通じてこの試合だけだった。ただし、捕手として1点を失ったほか、チームも6-7というスコアで福岡ダイエーに惜敗している。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見たチワワ

    プライベートでチワワを飼育。Facebookの公式アカウントで大量の画像を公開したり、出演番組で「ウチのチワワは世界一可愛い」と公言したりするなど溺愛している。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見た読売ジャイアンツ

    『在日魂』によれば、近鉄からはドラフト前の時点で、「(東海大学から前年に読売ジャイアンツへドラフト1位で入団した)原辰徳の契約金(推定8,000万円)と年俸(推定840万円)を上回る金額と、(関連会社の近鉄不動産が扱っている)土地を用意する」という条件を出されていたとされる。しかし、ドラフト会議後に球団社長と代表が交代したことから、球団スタッフの顔触れも一新。実際の入団交渉では、以上の条件を白紙に戻したため、金村本人は「まるで詐欺やないか」と思ったという。そのため、交渉はしばしば決裂。在阪スポーツ紙などから実母がバッシングを受ける事態にまで至ったが、契約金6,000万円、年俸380万円(金額はいずれも推定)という条件で近鉄に入団した。入団決定後は、契約金を全額両親に渡したうえで、両親のために近鉄不動産から実勢価格より3%安い金額で土地を購入したという。また実母は、金村の入団を機に、自宅のある宝塚市内で長らく焼肉店を営んだ(現在は閉店)。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見た西武ライオンズ

    入団1年目の1982年には、ウエスタン・リーグ公式戦全試合へ出場。同リーグの選抜メンバーとしてスタメンで出場したジュニアオールスターゲーム(横浜スタジアム)では、第4打席までにサイクルヒット(二塁打 → 本塁打 → 西武ライオンズに入団した工藤からの三塁打 → 単打)を記録すると共に、MVPへ選ばれた。ただし、MVPの副賞として賞金139万円を獲得したことから、シーズン終了後の契約交渉では球団から賞金分の減俸を提示。金村は、一軍の公式戦にほとんど出場できなかったこともあって、この提示を渋々受け入れた。なお、一軍公式戦でも、1986年7月17日の対阪急戦(西宮球場)でサイクルヒットを達成している。金村義明 フレッシュアイペディアより)

178件中 71 - 80件表示

「金村義明」のニューストピックワード