金沢城 ニュース&Wiki etc.

金沢城(かなざわじょう)とは、石川県金沢市丸の内にあった城である。江戸時代には加賀藩主前田氏の居城だった。城址は国の史跡に指定されている。 (出典:Wikipedia)

「金沢城」Q&A

  • Q&A

    12月23日から2泊3日で金沢、粟津温泉に行きます。 23日が金沢泊(金沢マンテンホ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月18日 16:51

  • Q&A

    12月24日に金沢旅行に行く予定です。 プランとしては金沢駅に9時13分に着き15時…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月11日 23:33

  • Q&A

    2月辺りに金沢旅行を計画しています。2月の土日だと混んでたりしますか?金沢までは大宮…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年10月31日 00:20

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「金沢城」のつながり調べ

  • 前田直方

    前田直方から見た金沢城

    父に似て好学の人物、文人であり、生涯に書き著した随筆の数は百を超える。有沢流兵学の秘伝を伝承された兵学者でもあり、軍事にも通じていて藩校経武館の看板を揮毫している。このほか家臣とともに金沢城下の測量も行った。(前田直方 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見た尾山御坊

    加賀国では、応仁の乱のころ浄土真宗が広まり、やがて農民らによる加賀一向一揆が守護の富樫政親を破り、武士の支配を脱却した統治が約100年にわたって行われた。これが、加賀地方が「百姓の持ちたる国」と呼ばれた所以である。本願寺は金沢の台地上に尾山御坊(金沢御坊)を作り、ここを拠点にして支配した。本願寺と敵対する織田信長は、柴田勝家らを派遣してここを平定し、能登国を前田利家に、加賀国を佐久間盛政に与えた。織田信長の死後、豊臣秀吉が実権を握ると、前田利家は加賀国も領して、尾山御坊跡の尾山城(金沢城)に入り城下町の建設を始めた。(石川県 フレッシュアイペディアより)

「金沢城」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「金沢城」のニューストピックワード