129件中 91 - 100件表示
  • 金沢21世紀美術館

    金沢21世紀美術館から見た金沢城公園金沢城

    もと金沢大学附属中学校・小学校・幼稚園があった場所に、2004年10月9日に開館した。観光客の多く立ち寄る兼六園の真弓坂口の斜め向かいに当たり、金沢城を復元中の金沢城公園の入口からも近い。繁華街の香林坊や片町からも徒歩圏内にある、市の中心部に立地した都心型の美術館。周囲には金沢能楽美術館、石川近代文学館、石川県立美術館、石川県立歴史博物館などテーマの異なる芸術関連施設があり、文化ゾーンを形成している。金沢21世紀美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢21世紀美術館

    金沢21世紀美術館から見た金沢城金沢城

    もと金沢大学附属中学校・小学校・幼稚園があった場所に、2004年10月9日に開館した。観光客の多く立ち寄る兼六園の真弓坂口の斜め向かいに当たり、金沢城を復元中の金沢城公園の入口からも近い。繁華街の香林坊や片町からも徒歩圏内にある、市の中心部に立地した都心型の美術館。周囲には金沢能楽美術館、石川近代文学館、石川県立美術館、石川県立歴史博物館などテーマの異なる芸術関連施設があり、文化ゾーンを形成している。金沢21世紀美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久間氏

    佐久間氏から見た金沢城金沢城

    佐久間盛次の系統は、盛次の子で柴田勝家の与力として北陸で戦った金沢城主・盛政がよく知られているが、盛政は賤ヶ岳の戦いの敗戦により捕らえられ刑死する。その後、盛政の娘・虎姫が中川秀成(盛政が賤ヶ岳で討ち取った中川清秀の子。後に豊後岡藩主)に嫁ぎ、秀成は四男の内記に佐久間家を再興させた。内記は無嗣であったが、中川資重と佐久間勝之の娘との子・平兵衛に佐久間家を継がせた。これにより、佐久間家は岡藩の客分扱いとして存続した。佐久間氏 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦玄任

    杉浦玄任から見た金沢御坊金沢城

    元亀3年(1572年)年5月、加賀一向一揆を率いて越中へ進み、越中一向一揆と合流して、連合軍の総大将として上杉軍と戦い、各地で勝利を収めた。しかし8月、上杉謙信が上杉本隊を率いて戦場に着陣すると次第に劣勢となり、金沢御坊へ援軍派遣を要請した。しかし9月初旬の尻垂坂の戦いで大敗し、富山城を守り切れずに逃走した。杉浦玄任 フレッシュアイペディアより)

  • 一国一城令

    一国一城令から見た金沢城金沢城

    最初は加賀国に金沢城、能登国に小丸山城、越中国に富山城(のちに高岡城)があったが、この令により金沢城のみをのこして取り壊された。一国一城令 フレッシュアイペディアより)

  • 穴太衆

    穴太衆から見た金沢城金沢城

    石垣職人としての後藤家の始まりは、後藤基次が加藤清正からしばしば伝授を受けてきた事により、『城石垣始秘伝抄』の「城取りの石垣の事」においてうかがえる。しかし、又兵衛は大坂夏の陣において討死にする事となる。夏の陣の前に又兵衛は腹違いの弟である彦八(後の初代後藤杢兵衛)に対し、自分の最後が近づいたのを悟り、これまで学んだ成果を『石垣根元抄』として、元和元年(1615年)4月に伝授する事となる。この書は、「元和8年(1622年)以来家宝とし、一子相伝の他これを許さずのもの也」として、以後、後藤家最大の財産となる。後藤家が関わった石垣として、加賀藩金沢城がある。穴太衆 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の歴史公園100選

    日本の歴史公園100選から見た金沢城公園金沢城

    101 兼六園及び金沢城公園(石川県金沢市)日本の歴史公園100選 フレッシュアイペディアより)

  • 村松崇継

    村松崇継から見た金沢城金沢城

    金沢城四季物語“城を弾く”(2001-2003年)村松崇継 フレッシュアイペディアより)

  • 兼六園

    兼六園から見た金沢城公園金沢城

    金沢市の中心部に位置し、旧百間堀を道路とした百間堀通り(百万石通り)を橋で渡ったところの石川門から、金沢城を復元中の金沢城公園へと続いている。兼六園 フレッシュアイペディアより)

  • 山口宗永

    山口宗永から見た金沢城金沢城

    関ヶ原の戦いでは慶長5年(1600年)7月26日に加賀金沢の前田利長は約2万の大軍を率いて金沢城を出撃し、西軍の丹羽長重の拠る小松城を攻撃するかに見えたが、急遽これを避けて8月1日に加賀松山城に入城した。宗永はその危急を聞いて大聖寺城の防備を堅め、北ノ庄城の青木一矩や小松城の丹羽長重に救援依頼の使者を派したが間に合わなかった。翌2日、利長は九里九郎兵衛・村井久左衛門を使者として宗永に降伏を勧告した。宗永は利長の攻撃に憤激して勧告を拒否した。前田勢は数を嵩にきて城攻めを行った。守る山口軍も宗永の嫡男・修弘が城近くに兵を潜ませて迎撃の指揮をとったが、前田勢の先鋒山崎長徳に発見されてしまった。野戦で敗戦した山口勢は敗兵を収容し、ただちに篭城戦の構えをとった。山口宗永 フレッシュアイペディアより)

129件中 91 - 100件表示

「金沢城」のニューストピックワード