129件中 11 - 20件表示
  • 尾山神社

    尾山神社から見た金沢城金沢城

    慶長4年(1599年)前田利家が没すると前田利長は、その霊を祀ろうとしたが、公然と祀るには憚るところがあったので、越中国射水郡の式内社物部神社(現 富山県高岡市東海老坂)に併祀されていた八幡神を勧請して金沢城の東に卯辰八幡社を建て、ここに合祀した。この神社は、幕末になると藩の財政が乏しくなり荒廃が目立つようになった。明治時代になって、1872年(明治5年)に教部省出仕加藤里路(元金沢藩の権大属・宣教掛で、のちに尾山神社の社司)と石川県参事桐山純孝が新たに藩祖を祀る神社を建てる計画をする。旧藩臣が集まり前田土佐守家の前田直信が代表になり明治6年金沢城の金谷出丸の跡地に新たに建立することとなった。元の卯辰八幡社は、明治11年、宇多須神社となっている。尾山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見た金沢城公園金沢城

    石川県を訪れる観光客は2010年(平成22年)で約2,150万人とみられ、このうち約820万人が金沢市周辺、約680万人が能登地方、約660万人が(金沢市周辺を除く)加賀地方を訪れたとされる。主要観光地で利用者数が多いのは、金沢市では兼六園、金沢城公園、金沢21世紀美術館、能登地方では輪島市の輪島朝市、七尾市の和倉温泉、能登食祭市場、羽咋市の気多大社、同市と宝達志水町に跨る千里浜、加賀地方では加賀市の山代温泉、山中温泉、片山津温泉、小松市の粟津温泉、木場潟公園、白山市の白山比咩神社などである。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 独立行政法人国立病院機構金沢医療センター

    独立行政法人国立病院機構金沢医療センターから見た金沢城金沢城

    1873年(明治6年)に金沢城跡内に金沢衛戍病院(かなざわえいじゅびょういん)を開設したのが起源である。1899年(明治32年)、現在地(加賀藩前田家の家臣であった旧奥村邸跡地)に移転した。金沢医療センター周辺は本多の森公園や兼六園に隣接しており、緑地帯が広がる地域に位置する。独立行政法人国立病院機構金沢医療センター フレッシュアイペディアより)

  • 城跡

    城跡から見た金沢城金沢城

    日本の地図や史跡案内などでは、天守や櫓などの建物がない城を城跡または城址と呼ぶことが多い。その多くは、地方公共団体などの名称指定による。しかし、現在でも防御機能が実用となっている“城”は、江戸城の皇居部分くらいであり、それ以外はすべて城跡ともいえる。文化財の関係者は両者を区別するが、城郭研究の専門家は両者を区別していない。日本に現存する有名な城の大部分は、明治以降に天守などが建て直されたものであり、それ以前にはそれらもすべて城跡であった。一部の城跡は公園として整備され、城址公園と呼ばれている。金沢城のように、整備・復元によって金沢城址(金沢城址公園)から金沢城(金沢城公園)に改称された例もある。城跡 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢御坊

    金沢御坊から見た金沢城金沢城

    金沢御坊 フレッシュアイペディアより)

  • 卯辰山

    卯辰山から見た金沢城金沢城

    卯辰山(うたつやま)は、石川県金沢市にある山である。金沢城から見て東(卯辰の方角)に位置することから名づけられた。宇多須山(うたすやま)、向山(むかいやま)、夢香山(むこうやま)、臥竜山(がりゅうざん)、春日山(かすがやま)等多数の別名がある。卯辰山 フレッシュアイペディアより)

  • 山口修弘

    山口修弘から見た金沢城金沢城

    関ヶ原の戦いでは、父とともに西軍に属する。慶長5年7月26日に加賀金沢の前田利長は約20000の大軍を率いて金沢城を出撃し、西軍の丹羽長重の拠る小松城を攻撃するかに見えたが、急遽、これを避けて8月1日に加賀松山城に入城した。山口宗永はその危急を聞いて、大聖寺城の防備を堅め、北ノ庄城の青木一矩や小松城の丹羽長重に救援依頼の使者を派したが間に合わなかった。翌2日、利長は九里九郎兵衛・村井久左衛門を使者として大聖寺城に籠もる山口宗永に降伏を勧告した。宗永は理不尽な利長の攻撃に憤激して勧告を拒否した。前田勢は数を嵩にきて城攻めを行った。修弘は、父の籠城策に異を唱え、城近くに伏兵を潜ませてゲリラ戦による迎撃の指揮をとり先鋒の山崎長徳の軍勢を撹乱したものの数に勝る前田勢にかなわず城からの援護で城に逃れ、ただちに篭城戦の構えをとった。山口修弘 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野城

    鹿野城から見た金沢城金沢城

    近年になって発掘調査が行われ、因幡池田氏の定紋である揚羽蝶紋や菊紋の軒丸瓦が出土している。また裾瓦も出土しているため、金沢城や新発田城と同じような海鼠壁の城壁だったと推測されている。鹿野城 フレッシュアイペディアより)

  • 倉谷鉱山

    倉谷鉱山から見た金沢城金沢城

    金山としての知名度が高いが、藩政期の産出は銀を主体とした。銀含有方鉛鉱から銀を採取していた。一方で金沢城の鉛瓦に用いた鉛は本鉱山産と言われることがあるが、鉛の同位元素比の測定から、その可能性は薄いとされる(鉛瓦は富山県新川郡長棟鉛山産とのこと)。菱マンガン鉱・車骨鉱の産地としても知られる。なお鉱山周辺は熊出没地帯でもあり、安易に現地に踏み込むのは危険である。倉谷鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • 飛騨地震

    飛騨地震から見た金沢城金沢城

    被害は加賀国にも及び、金沢城の石垣が一部破損している。飛騨地震 フレッシュアイペディアより)

129件中 11 - 20件表示

「金沢城」のニューストピックワード