163件中 21 - 30件表示
  • 加賀獅子

    加賀獅子から見た金沢城金沢城

    加賀獅子の起源については明らかではないが、天正11年(1583年)前田利家が金沢城に入城する際に、民衆が祝いの獅子を献上したとの事から、加賀一向一揆の頃にはその原点が既に存在していたと推測される。加賀獅子 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀宝生

    加賀宝生から見た金沢城金沢城

    加賀藩が宝生流を取り入れたのは五代藩主前田綱紀の時代とされる。綱紀ははじめ能楽をほとんどたしなまなかったが、能楽を愛好する江戸幕府5代将軍徳川綱吉から能を所望されたことを契機に稽古に励んだ。綱吉が宝生流を取り立てていたことから、綱紀は宝生流を学び、貞享3年(1686年)4月に江戸城の将軍御前で「桜川」を初めて演じたという。幕府向けの外交政策としての側面は否定できないものの、宝生友春の芸風に惹かれた綱紀は藩内の能楽を宝生流で統一することとし、金春流の竹田権兵衛以外の役者に宝生流への改流を命じ、元禄5年(1692年)には友春の次男嘉内を江戸で15人扶持という破格の厚遇で召し抱えた。また綱紀は元禄元年(1688年)に金沢城内で美術工芸品の製作や修復を手掛ける御細工所の御用職人に対し、本職のほかに謡や囃子を兼芸として課し、演能のための人材を確保した。加賀宝生 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県道17号金沢港線

    石川県道17号金沢港線から見た金沢城金沢城

    1616年(元和2年):加賀藩3代目藩主前田利常が宮腰から金沢城のある城下町までを直線で結ぶ往還を作り上げた。また、この往還は前田利常が金沢城から見渡すかがり火が一直線上になるように線引きしたとされている。石川県道17号金沢港線 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢城公園

    金沢城公園から見た金沢城金沢城

    金沢城公園 フレッシュアイペディアより)

  • 中口村

    中口村から見た金沢城金沢城

    金沢城下に「大樋口」「堀川口」があり、これらの中間に位置することから。中口村 フレッシュアイペディアより)

  • 医王山県立自然公園

    医王山県立自然公園から見た金沢城金沢城

    戸室石(とむろいし)は医王山、戸室山やキゴ山で採石された石(斜方輝石を含む角閃石安山岩)で、その多くは金沢城の石垣や兼六園の石橋、辰巳用水の石管などに利用されている。医王ダムの石碑に使われているのも戸室石である。別名医王石と呼ばれ、近年は県外の業者がミネラルウォーターの元として高額販売している。医王山県立自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋荘兵衛

    高橋荘兵衛から見た金沢城金沢城

    1866年(慶応2年)1月 - 長州征伐追討諸事御用、芸州・大阪・京都諸事御用御陣払相勤、2月帰着。金沢城二の丸にて長州追討御目録提出、白銀13枚・赤飯拝領高橋荘兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村栄通

    奥村栄通から見た金沢城金沢城

    文化9年(1812年)7月20日、加賀藩年寄奥村質直の八男として生まれる。天保15年(1844年)11月奥村栄親の末期養子として家督相続。人持組頭、年寄、金沢城代を歴任。奥村栄通 フレッシュアイペディアより)

  • 石川師範学校

    石川師範学校から見た金沢城金沢城

    前身の石川県師範学校から引き継いだ金沢市弥生町 (旧・石川郡野村 [1925年、金沢市に編入]、現・金沢市弥生) の校地を使用した。1949年4月、女子部・石川青年師範学校が弥生町校地に統合され、男子部附属校は旧女子部校地に統合移転した。弥生町校地は後身の金沢大学教育学部に引き継がれ、同学部が1953年4月に金沢城内に移転するまで使用された。1992年10月、金沢大学教育学部は現在の角間キャンパスに移転した。石川師範学校 フレッシュアイペディアより)

  • 城東建設

    城東建設から見た金沢城金沢城

    「国重要文化財成巽閣改修工事」をはじめ、金沢城第2期復元整備事業の一環で、2001年に「菱櫓・五十軒長屋」(第10回公共建築賞優秀賞)の復元。城東建設 フレッシュアイペディアより)

163件中 21 - 30件表示

「金沢城」のニューストピックワード