129件中 31 - 40件表示
  • 金沢スカイホテル

    金沢スカイホテルから見た金沢城金沢城

    駅前にホテル日航金沢ができたため、眺望の面・グレードの面ではトップクラスとはいえなくなったが、現在でも金沢城や兼六園よりのホテルの中では高層で見晴らしが良いホテルである。金沢スカイホテル フレッシュアイペディアより)

  • 本多政礼

    本多政礼から見た金沢城金沢城

    寛政元年(1789年)12月30日加賀藩家老本多政成の子として生まれる。享和3年(1803年)父政成の死去により家督と5万石の知行を相続する。藩主前田斉広に仕え年寄、人持組頭、藩財政の最高責任者・勝手方主付等を歴任。文化元年(1804年)12月従五位下安房守に叙任。文化5年(1808年)金沢城二の丸御殿の焼失により屋敷を藩主居館とする。文政3年(1820年)7月13日没。家督は長男政和が相続した。次男連弘は外祖父長連愛の養子となって家督を継いだ。三男政醇は500石の分知を受けて分家した。政醇の嫡男本多弥一政得は、従兄弟の宗家本多政均の家老となり、明治2年(1869年)政均が暗殺されると、明治4年(1871年)15人の同士と共に仇討ちを遂げた。本多政礼 フレッシュアイペディアより)

  • 本多政行

    本多政行から見た金沢城金沢城

    享保13年(1728年)11月14日本多家第2代当主政長の四男政冬の子として金沢に生まれる。延享5年(1748年)養父政昌の死去により家督と5万石の知行を相続する。寛延元年(1748年)12月従五位下安房守に叙任。宝暦3年(1753年)藩主前田重靖の家督相続の御礼言上の際に、江戸城で将軍徳川家重に拝謁する。宝暦6年(1756年)安房守を遠江守と改める。宝暦7年(1757年)金沢城代となる。宝暦12年(1762年)安房守に復す。寛政8年(1796年)2月隠居して家督を嫡男政成に譲る。寛政9年(1797年)11月23日没。政房は一族の旗本本多政寛の婿養子となった。本多政行 フレッシュアイペディアより)

  • 前田孝行

    前田孝行から見た金沢城金沢城

    寛文3年(1663年)孝貞の子として生まれる。寛文10年(1670年)8歳で藩主綱紀に御目見。天和3年(1683年)21歳の時に新知3000石を賜り出仕した。元禄10年(1697年)父孝貞の隠居により家督と2万1000石の知行を相続。若年寄、年寄見習、大年寄(大老)、人持組頭を歴任。宝永元年(1704年)従五位下美作守に叙任。正徳元年(1711年)公儀御用(宗門方御触)、金沢城代を兼任。享保6年(1721年)9月14日没。享年59。戒名 長祥院殿前作州刺史従五位下宝山源寿大居士。前田孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 辰巳用水

    辰巳用水から見た金沢城金沢城

    犀川上流の金沢市上辰巳より取水し、約4kmの導水トンネルを経て小立野台地に出た後、兼六園の園内の曲水となる。かつては、導水管を用いて外堀をくぐらせ金沢城内に水を供給し、さらに市内に配水していた。辰巳用水 フレッシュアイペディアより)

  • 本多政均

    本多政均から見た金沢城金沢城

    しかしかつての尊攘派に対する厳し過ぎる処分は彼らの恨みを買うことになり、明治2年(1869年)に金沢城二の丸御殿において井口義平、山辺沖太郎に暗殺された。享年32。本多政均 フレッシュアイペディアより)

  • 小丸山城

    小丸山城から見た金沢城金沢城

    1583年(天正11年)、尾山城へ本拠を移した後、兄の前田安勝が七尾城代として居住した。1615年(元和元年)、一国一城令に従い廃城。小丸山城 フレッシュアイペディアより)

  • 辰巳ダム

    辰巳ダムから見た金沢城金沢城

    金沢城、兼六園、辰巳用水、また金沢市全域を世界遺産への登録を目指す活動を金沢市を中心に行っている。しかし辰巳ダムが完成されれば、辰巳用水東岩取水口が辰巳ダムの構造物に覆われる状態になり、ダムの水が兼六園に流れ込む事になる。そうなれば世界遺産登録が困難になる可能性がある。辰巳ダム フレッシュアイペディアより)

  • 金石 (金沢市)

    金石 (金沢市)から見た金沢城金沢城

    金石(旧宮腰)は北前船の寄港地で繁栄した地域で、かつて銭屋五兵衛を代表とする商人が金石を拠点に商業活動が盛んに行われた。加賀藩時代、前田利家が宮腰から金沢城へ入城した縁もあり加賀藩の外港として優遇を受けていた。加賀藩の外港で材木などの物資の物流拠点として繁栄する。しかし、隣接する大野港にも外港機能があり、大野村(加賀藩期)と宮腰町の間で様々な利権の対立が絶えなかった。このような状況を見兼ねた加賀藩は宮腰町と大野村を地域として融合させようと1866年(慶応2年)に両地区を合併させた。「固いこと金石(きんせき)の交わり」(固い約束の意味)から金石(かないわ)を町名として採用した。これが、金石の由来となる。宮腰地区は金石町本町となり、1889年(明治22年)の町村制施行後は石川郡上金石町になる。金石 (金沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 本多政昌

    本多政昌から見た金沢城金沢城

    享保8年(1723年)12月従五位下安房守に叙任。享保11年(1726年)公儀御用(宗門方御触)。享保15年(1730年)金沢城代となる。本多政昌 フレッシュアイペディアより)

129件中 31 - 40件表示

「金沢城」のニューストピックワード