163件中 31 - 40件表示
  • 前田利久

    前田利久から見た金沢城金沢城

    その後は剃髪して蔵人入道と呼ばれ、天正11年(1583年)からは利家に仕え、その領地である能登七尾に移り、7千石を与えられる。利家が不在の時には金沢城代を代任するなどした。前田利久 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村易英

    奥村易英から見た金沢城金沢城

    天正12年(1584年)、佐々成政に末森城を攻められた際に父や兄と共に城を守る(末森城の戦い)。その後、1000石の知行を賜り世子、前田利常に仕える。天正18年(1590年)、豊臣氏の小田原征伐に出陣し八王子城攻めで戦功を立てる。また、慶長5年(1600年)、大聖寺城攻めで戦功を立て2000石加増される。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣に従軍して真田丸の戦闘に参加し、4500石を加増される。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では父・永福と共に金沢城の留守居を務めた。元和2年(1616年)に加賀藩家老となり、前田利次や前田利治誕生の際には蟇目役を務めた。また父の死後、遺領3300石を相続している。奥村易英 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村栄政

    奥村栄政から見た金沢城金沢城

    天正18年(1590年)前田家家老奥村栄明の嫡男として、外祖父山崎長徳の居城放生津城で生まれる。慶長19年(1614年)大坂冬の陣、慶長20年(1615年)の大坂夏の陣に父に従い出陣し先鋒を務める。元和6年(1620年)父栄明の死去により家督と知行1万3650石を相続。金沢城城代を務めた。元和9年(1623年)藩主前田利常が将軍徳川秀忠に従って上洛した際に供をする。寛永3年(1626年)利常の長女鶴姫が将軍徳川家光の養女として森忠広に嫁ぐこととなり、結納の儀式の為に江戸に下向、江戸城で将軍家光と大御所秀忠に拝謁する。同年藩主利常が将軍家光に従って上洛した際に供をし、後水尾天皇の二条城行幸に際して、大路の警護に当たる。寛永20年(1643年)11月世子綱紀誕生の際に蟇目役を務めた。慶安5年(1652年)8月14日没。享年63。奥村栄政 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村修古

    奥村修古から見た金沢城金沢城

    享保8年(1723年)金沢に生まれる。元文2年(1737年)人持組頭・奥村宗家有定の養子となって家督相続。元文4年(1739年)藩主前田吉徳の娘益姫誕生の際に蟇目役を務める。同年11月藩主吉徳の娘橘姫誕生の際に蟇目役を務める。延享2年(1745年)8月藩主前田宗辰の家督相続の御礼言上の際に江戸城で将軍徳川吉宗に拝謁する。同年12月組頭本多政昌の屋敷で大槻伝蔵が流罪を言い渡される際に同席する。延享4年(1747年)2月藩主前田重煕の家督相続の御礼言上の際に江戸城で将軍徳川家重に拝謁する。延享5年(1748年)横山貴林、本多政昌の後任として、金沢城代となる。寛延元年(1748年)12月従五位下丹波守に叙任。同年、御勝手方御用主附を命じられ藩の財政を担当した。宝暦元年(1751年)公儀御用(宗門方御触)。奥村修古 フレッシュアイペディアより)

  • 前田孝行

    前田孝行から見た金沢城金沢城

    寛文3年(1663年)孝貞の子として生まれる。寛文10年(1670年)8歳で藩主綱紀に御目見。天和3年(1683年)21歳の時に新知3000石を賜り出仕した。元禄10年(1697年)父孝貞の隠居により家督と2万1000石の知行を相続。若年寄、年寄見習、大年寄(大老)、人持組頭を歴任。宝永元年(1704年)従五位下美作守に叙任。正徳元年(1711年)公儀御用(宗門方御触)、金沢城代を兼任。享保6年(1721年)9月14日没。享年59。戒名 長祥院殿前作州刺史従五位下宝山源寿大居士。前田孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 前田孝貞

    前田孝貞から見た金沢城金沢城

    寛永5年(1628年)直正の子として生まれる。寛永8年(1631年)父の死去により、4歳で家督と1万7000石の知行を相続。幼いため、藩主前田利常の命で叔父直成が家政を代行した。寛永20年(1643年)叔父直成に7000石を分知して禄高1万石となる。正保2年(1645年)直成が致仕すると、その禄7000石を賜る。慶安中2000石加増。寛文9年(1669年)2000石加増され禄高2万1000石となる。家老、人持組頭、金沢城代となる。貞享3年(1686年)大年寄(大老)となる。天和3年(1683年)小松城代を兼ねる。元禄4年(1691年)12月従五位下佐渡守に叙任。翌年正月京都所司代小笠原長重も佐渡守であることから、駿河守に遷任。元禄14年(1701年)隠居して家督を孝行に譲り、隠居料3000石を賜る。宝永4年(1707年)8月19日没。享年80。戒名 直指院殿前駿州刺史従五位下義運鱗心大居士。前田孝貞 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮恵

    蓮恵から見た金沢城金沢城

    小一揆に朝倉宗滴・畠山家俊らが加勢、大一揆方は勝利して小一揆方を亡命に追い込み、本願寺の加賀における直接支配が確立、超勝寺と本覚寺は加賀一向一揆の指導者層に立った。天文6年(1537年)の小一揆残党による本覚寺襲撃事件も乗り切り、天文15年(1546年)に尾山御坊が建立されるまで加賀の支配を超勝寺と共に担った。蓮恵 フレッシュアイペディアより)

  • 村井親長

    村井親長から見た金沢城金沢城

    寛文11年(1671年)、父の遺領を全て相続することを許され、知行1万6500石となる。貞享4年(1687年)、東山天皇即位式の祝賀使を務めた。 元禄2年(1689年)人持組頭となる。藩主前田綱紀により、七手頭(本多家、長家、前田土佐守家、前田対馬守家、奥村宗家、奥村分家)に村井家を加えられ八家(加賀八家)となる。八家は、年寄を輩出する藩内最高の家格と定められた。元禄14年(1701年)7月、金沢城代となる。宝永5年(1708年)、従五位下豊後守に叙任。村井親長 フレッシュアイペディアより)

  • 村井長貞

    村井長貞から見た金沢城金沢城

    文化9年(1812年)加賀藩年寄奥村質直の七男として生まれる。天保7年(1836年)養父長道の死去により家督と1万6000石の知行を相続。年寄として藩主前田斉泰に仕えた。天保10年(1839年)金沢城代を兼任。著作に天保7年(1836年)から天保12年(1841年)まで記した「村井長貞日記」がある。村井長貞 フレッシュアイペディアより)

  • 富姫 (前田利常女)

    富姫 (前田利常女)から見た金沢城金沢城

    元和7年(1621年)、金沢城にて生まれる。母の珠姫は、翌元和8年7月死去した。富姫 (前田利常女) フレッシュアイペディアより)

163件中 31 - 40件表示

「金沢城」のニューストピックワード