163件中 41 - 50件表示
  • 末森城 (能登国)

    末森城 (能登国)から見た金沢城金沢城

    本丸主門は、金沢城鶴の丸南門として移築されていたが、宝暦9年(1759年)に火災によって焼失してしまっている。末森城 (能登国) フレッシュアイペディアより)

  • 田辺友三郎

    田辺友三郎から見た金沢城金沢城

    加賀国金沢城下(現在の石川県金沢市)に生まれる。東京高等師範学校在学中には同校の教官であった田村虎蔵や学習院教官の納所弁次郎らに勧められて大和田建樹、佐佐木信綱、巌谷小波らと幼年唱歌の作詞に当たる。卒業後は同附属小学校(現在の筑波大学附属小学校)訓導として唱歌教育を担当した。田辺友三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 櫓 (城郭)

    櫓 (城郭)から見た金沢城金沢城

    金沢城 - 二の丸菱櫓・五十間長屋・続櫓櫓 (城郭) フレッシュアイペディアより)

  • 戸室石

    戸室石から見た金沢城金沢城

    その加工の容易性から、藩政時代より金沢城の石垣や兼六園の石橋、庭石、墓石、水道管などに使われている。近年ではトルマリン等と同様に、マイナスイオンの発生源として岩盤浴、ミネラルウォーターなどに利用される例がある。戸室石 フレッシュアイペディアより)

  • 平野藤四郎

    平野藤四郎から見た金沢城金沢城

    金沢城(前田氏の居城、本短刀が保管された場所の一つ)平野藤四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 倉谷鉱山

    倉谷鉱山から見た金沢城金沢城

    金山としての知名度が高いが、藩政期の産出は銀を主体とした。銀含有方鉛鉱から銀を採取していた。一方で金沢城の鉛瓦に用いた鉛は本鉱山産と言われることがあるが、鉛の同位元素比の測定から、その可能性は薄いとされる(鉛瓦は富山県新川郡長棟鉛山産とのこと)。菱マンガン鉱・車骨鉱の産地としても知られる。なお鉱山周辺は熊出没地帯でもあり、安易に現地に踏み込むのは危険である。倉谷鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • 金石町

    金石町から見た金沢城金沢城

    加賀藩政期、前田利家が宮腰から金沢城へ入城した縁もあり、宮腰港は加賀藩の外港として優遇を受けていた。しかし、隣接する大野港(現在の金沢港付近)にも外港機能があり、大野村と宮腰町の間で利害が対立することが多かった。このような状況を見兼ねた加賀藩は宮腰町と大野村を地域として融合させようと1866年(慶応2年)に合併させた。新しい町名として、固いこと「金石(きんせき)の交わり」(固い約束の意味)から金石(かないわ)を町名として採用した。宮腰地域が金石町本町(1889年に石川郡上金石町に改称)、大野地域が金石町庄町(1889年に石川郡下金石町に改称)となる。金石町 フレッシュアイペディアより)

  • 寿福院

    寿福院から見た金沢城金沢城

    本名は「千代」。前田家に仕えるにあたり、同家六女の千世と音が同じということで、千代保(ちよぼ)と改名させられた。金沢城 東丸に居を構えたので東丸殿と呼ばれた。寿福院 フレッシュアイペディアより)

  • 本多政昌

    本多政昌から見た金沢城金沢城

    享保8年(1723年)12月従五位下安房守に叙任。享保11年(1726年)公儀御用(宗門方御触)。享保15年(1730年)金沢城代となる。本多政昌 フレッシュアイペディアより)

  • 本多政行

    本多政行から見た金沢城金沢城

    享保13年(1728年)11月14日本多家第2代当主政長の四男政冬の子として金沢に生まれる。延享5年(1748年)養父政昌の死去により家督と5万石の知行を相続する。寛延元年(1748年)12月従五位下安房守に叙任。宝暦3年(1753年)藩主前田重靖の家督相続の御礼言上の際に、江戸城で将軍徳川家重に拝謁する。宝暦6年(1756年)安房守を遠江守と改める。宝暦7年(1757年)金沢城代となる。宝暦12年(1762年)安房守に復す。寛政8年(1796年)2月隠居して家督を嫡男政成に譲る。寛政9年(1797年)11月23日没。政房は一族の旗本本多政寛の婿養子となった。本多政行 フレッシュアイペディアより)

163件中 41 - 50件表示

「金沢城」のニューストピックワード