129件中 51 - 60件表示
  • 石川県の観光地

    石川県の観光地から見た金沢城金沢城

    ファイル:Kanazawa Castle Gate.JPG|重要文化財 金沢城石川門石川県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利政

    前田利政から見た金沢城金沢城

    利家死後の慶長5年(1600年)、豊臣政権五奉行の石田三成らが毛利輝元を擁立して五大老の徳川家康に対して挙兵すると、兄・利長と共に東軍に属し関ヶ原に向かう途中、北陸の西軍方の大聖寺城の山口宗永を陥れた。しかし、途上で突如、利長たちは金沢へ引き返した(一説には敦賀城主大谷吉継側の謀略によるといわれる)。金沢城へ引き返したあと利長が再出陣するが、利政は動かなかった。その原因は妻が三成の人質となっていたためとも、元々豊臣方であったためとも、どちらが敗れても前田氏の家名を残すための策ともいわれる。前田利政 フレッシュアイペディアより)

  • 横山長知

    横山長知から見た金沢城金沢城

    利長が家督を異母弟の前田利常に譲って隠居すると、これに随従し自らも剃髪。一旦は致仕するが、その後、再度出仕して利常に仕える。大坂冬の陣では金沢城の留守を務め、夏の陣では参陣した。また、本多政重と共に大坂城の修築工事も担当している。横山長知 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村易英

    奥村易英から見た金沢城金沢城

    天正12年(1584年)、佐々成政に末森城を攻められた際に父や兄と共に城を守る(末森城の戦い)。その後、1000石の知行を賜り世子、前田利常に仕える。天正18年(1590年)、豊臣氏の小田原征伐に出陣し八王子城攻めで戦功を立てる。また、慶長5年(1600年)、大聖寺城攻めで戦功を立て2000石加増される。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣に従軍して真田丸の戦闘に参加し、4500石を加増される。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では父・永福と共に金沢城の留守居を務めた。元和2年(1616年)に加賀藩家老となり、前田利次や前田利治誕生の際には蟇目役を務めた。また父の死後、遺領3300石を相続している。奥村易英 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村永福

    奥村永福から見た金沢城金沢城

    その後も重臣として村井長頼と共に加賀前田家の基礎を作る。九州征伐・小田原征伐にも参加し、大坂の陣では金沢城代を務めた。利家が死去すると隠居して出家する。奥村永福 フレッシュアイペディアより)

  • 城東市民体育館

    城東市民体育館から見た金沢城金沢城

    名称の通り、金沢城の城東部にあり、金沢市営体育館の1つ。管理、運営は公益財団法人金沢スポーツ事業団が行っている。隣には、市営テニスコートの1つ、城東テニスコートがある。平成24年には、9人制バレーボールの大会、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会石川県大会が行われた。城東市民体育館 フレッシュアイペディアより)

  • 城南市民体育館

    城南市民体育館から見た金沢城金沢城

    名称の通り、金沢城の城南部にあり、金沢市営体育館の1つ。"城"の名が付く4つの市営体育館の1つでもある。管理、運営は公益財団法人金沢スポーツ事業団が行っている。また同じ金沢市南部地域で、金沢市総合体育館が近くにある。ただし、施設の規模は総合体育館の方が格上である。すぐ隣には、山野之義現金沢市長及び元全日本バレーボール代表であった越川優の母校、野田中学校がある。城南市民体育館 フレッシュアイペディアより)

  • 噴水

    噴水から見た金沢城金沢城

    日本で最古とされる噴水は兼六園の噴水で、1861年に前田斉泰が金沢城内に作らせたものである。当然、動力は使われてなく、高低差を利用した位置エネルギーのみで動いている。その他、長崎公園の噴水も装飾噴水としては古いとされる。噴水 フレッシュアイペディアより)

  • 板屋兵四郎

    板屋兵四郎から見た金沢城金沢城

    板屋 兵四郎(いたや へいしろう、生年不詳 - 1653年)とは、江戸時代の加賀藩の土木技師。測量技術に優れ、金沢城の堀や兼六園に水を引く為の辰巳用水を開いた。下村兵四郎とも。板屋兵四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀宝生

    加賀宝生から見た金沢城金沢城

    加賀藩が宝生流を取り入れたのは五代藩主前田綱紀の時代とされる。綱紀ははじめ能楽をほとんどたしなまなかったが、能楽を愛好する江戸幕府5代将軍徳川綱吉から能を所望されたことを契機に稽古に励んだ。綱吉が宝生流を取り立てていたことから、綱紀は宝生流を学び、貞享3年(1686年)4月に江戸城の将軍御前で「桜川」を初めて演じたという。幕府向けの外交政策としての側面は否定できないものの、宝生友春の芸風に惹かれた綱紀は藩内の能楽を宝生流で統一することとし、金春流の竹田権兵衛以外の役者に宝生流への改流を命じ、元禄5年(1692年)には友春の次男嘉内を江戸で15人扶持という破格の厚遇で召し抱えた。また綱紀は元禄元年(1688年)に金沢城内で美術工芸品の製作や修復を手掛ける御細工所の御用職人に対し、本職のほかに謡や囃子を兼芸として課し、演能のための人材を確保した。加賀宝生 フレッシュアイペディアより)

129件中 51 - 60件表示

「金沢城」のニューストピックワード