163件中 61 - 70件表示
  • 野村万造 (5世)

    野村万造 (5世)から見た金沢城金沢城

    野村万蔵家の四世野村万造の長男として金沢に生まれる。幼名良吉。野村万蔵家は加賀藩のお抱え狂言師であった三宅藤九郎家の弟子家にあたる。4歳で金沢城内で初舞台を踏んだ。野村万造 (5世) フレッシュアイペディアより)

  • 前田直方

    前田直方から見た金沢城金沢城

    父に似て好学の人物、文人であり、生涯に書き著した随筆の数は百を超える。有沢流兵学の秘伝を伝承された兵学者でもあり、軍事にも通じていて藩校経武館の看板を揮毫している。このほか家臣とともに金沢城下の測量も行った。前田直方 フレッシュアイペディアより)

  • 安政の泣き一揆

    安政の泣き一揆から見た金沢城金沢城

    安政の泣き一揆(あんせいのなきいっき)は、1858年(安政5年)7月11日夜、加賀国で起こった一揆。卯辰山から金沢城に向かって米の開放を求めて叫んだことが特徴的である。安政の泣き一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 東山ひがし

    東山ひがしから見た金沢城金沢城

    天正8年(1580年)、佐久間盛政が金沢御坊を攻略し金沢城を築城したのち、天正11年(1583年)、前田利家が入城し、金沢城下は城下町として栄える。加賀藩では領民にも謡を奨励し、多くの領民が謡を習い、その裾野は大きく広がった。金沢は「空から謡(うたい)が降ってくる」と言われるほどの町になった。そんな風情が一番残っている町である。東山ひがし フレッシュアイペディアより)

  • 城南市民体育館

    城南市民体育館から見た金沢城金沢城

    名称の通り、金沢城の城南部にあり、金沢市営体育館の1つ。"城"の名が付く4つの市営体育館の1つでもある。管理、運営は公益財団法人金沢スポーツ事業団が行っている。また同じ金沢市南部地域で、金沢市総合体育館が近くにある。ただし、施設の規模は総合体育館の方が格上である。すぐ隣には、山野之義現金沢市長及び元全日本バレーボール代表であった越川優の母校、野田中学校がある。城南市民体育館 フレッシュアイペディアより)

  • 城東市民体育館

    城東市民体育館から見た金沢城金沢城

    名称の通り、金沢城の東側にある金沢市営体育館のひとつ。管理運営は、金沢市スポーツ事業団が行っている。隣には、金沢市営の城東テニスコートがある。平成24年には、9人制バレーボールの大会「天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会」石川県大会で、男子の会場として使用された。城東市民体育館 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵ヶ辻

    武蔵ヶ辻から見た金沢城金沢城

    また、辻は道路を表し、金沢城下の三叉路を形成していた。この三叉路は、香林坊・宮腰(現在の金石)・橋場町へ通じており、古くから交通の要所でもある.武蔵ヶ辻 フレッシュアイペディアより)

  • 信長の野望Online

    信長の野望Onlineから見た金沢城金沢城

    城下町(城):金沢(加賀)、長島(伊勢)信長の野望Online フレッシュアイペディアより)

  • いしかわ四高記念公園

    いしかわ四高記念公園から見た金沢城金沢城

    1963年(昭和38年):金沢大学理学部が金沢城内に移転。移転2年後から公園としての整備開始。いしかわ四高記念公園 フレッシュアイペディアより)

  • 慶覚寺 (金沢市)

    慶覚寺 (金沢市)から見た尾山御坊金沢城

    文明3年(1471年)に堅田で蓮如に帰依して慶覚の号を拝命する。国人武士として松根城や、尾山御坊の出城であった椿原山堡(現在の椿原天満宮)の城主をつとめたが、石川郡の泉村、米泉村、西泉村の三ケ村支配権を得た後、慶覚寺 (金沢市) フレッシュアイペディアより)

163件中 61 - 70件表示

「金沢城」のニューストピックワード