163件中 71 - 80件表示
  • 国府犀東

    国府犀東から見た金沢城金沢城

    明治6年(1873年)、石川県石川郡金沢城下(金沢市竪町)の左官職鹿島家に生まれた。初名は長松。後に旧金沢藩士国府家の養子となり、国府種徳と称する。国府犀東 フレッシュアイペディアより)

  • 板屋兵四郎

    板屋兵四郎から見た金沢城金沢城

    板屋 兵四郎(いたや へいしろう、生年不詳 - 1653年)とは、江戸時代の加賀藩の土木技師。測量技術に優れ、金沢城の堀や兼六園に水を引く為の辰巳用水を開いた。下村兵四郎とも。板屋兵四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 卯辰山

    卯辰山から見た金沢城金沢城

    卯辰山(うたつやま)は、石川県金沢市にある山である。金沢城から見て東(卯辰の方角)に位置することから名づけられた。宇多須山(うたすやま)、向山(むかいやま)、夢香山(むこうやま)、臥竜山(がりゅうざん)、春日山(かすがやま)等多数の別名がある。卯辰山 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村永福

    奥村永福から見た金沢城金沢城

    その後も重臣として村井長頼と共に加賀前田家の基礎を作る。年代は不明だが、豊臣姓を下賜されている。九州征伐・小田原征伐にも参加し、大坂の陣では金沢城代を務めた。利家が死去すると隠居して出家する。その後、前田利長の要請で復帰し、その後を継いだ前田利常の下で筆頭年寄の地位に就いたが、慶長16年(1611年)に老齢を理由に再び隠居した。奥村永福 フレッシュアイペディアより)

  • 末森城の戦い

    末森城の戦いから見た金沢城金沢城

    金沢城にて急報を聞いた前田利家は兵2,500人を率いて出陣。高松村(かほく市)の農民桜井三郎左衛門の案内により、佐々軍の手薄な海岸路に沿いながら北川尻を越えて今浜まで進軍する。9月11日明け方には末森城に殺到する佐々軍の背後から攻撃し、これを破った。両軍ともに750人余りの死者が出たとされる。末森城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 金沢中央郵便局

    金沢中央郵便局から見た金沢城金沢城

    図案は『兼六園』・『ことじ灯籠』・『花菖蒲』・重要文化財『金沢城石川門』金沢中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 噴水

    噴水から見た金沢城金沢城

    日本で最古とされる噴水は兼六園の噴水で、1861年に前田斉泰が金沢城内に作らせたものである。当然、動力は使われておらず、高低差を利用した位置エネルギーのみで動いている。その他、長崎公園の噴水も装飾噴水としては古いとされる。噴水 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦玄任

    杉浦玄任から見た金沢御坊金沢城

    元亀3年(1572年)5月、加賀一向一揆を率いて越中へ進み、椎名康胤や越中一向一揆と合流して、連合軍の総大将として上杉軍と戦い、各地で勝利を収めた。同年8月、上杉謙信が上杉本隊を率いて戦場に着陣すると次第に劣勢となり、金沢御坊へ援軍派遣を要請した。しかし9月初旬の尻垂坂の戦いで大敗し、富山城を守り切れずに逃走した。杉浦玄任 フレッシュアイペディアより)

  • 証如

    証如から見た金沢城金沢城

    天文15年(1546年)には金沢に尾山御坊を築いて同地方における門徒の統制を強化したが、これは朝倉氏との対立もあって、証如の時代には必ずしも十分に達成されなかった。また、加賀一向一揆の調停という形で北陸地方の門徒集団への介入を深める。証如 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸鉄道金石線

    北陸鉄道金石線から見た金沢城金沢城

    臨港鉄道としての活用案や金沢城への延伸案もあったが、北陸鉄道の経営合理化と交通渋滞が常態化する金沢市内の混雑解消を理由として、1971年(昭和46年)9月1日に全線が廃止された。北陸鉄道金石線 フレッシュアイペディアより)

163件中 71 - 80件表示

「金沢城」のニューストピックワード