129件中 81 - 90件表示
  • 津田正勝

    津田正勝から見た金沢城金沢城

    慶長16年(1611年)、63歳で元同僚の今枝重直の誘いを受けて前田利長に2000石で仕えた。後に前田利常に仕え1000石を加増される。大坂の陣の際は、出陣を希望したが許されず、大坂冬の陣では金沢城、大坂夏の陣では富山城の留守居役をそれぞれ務めた。津田正勝 フレッシュアイペディアより)

  • 石浦神社

    石浦神社から見た金沢御坊金沢城

    越前国加賀郡に住む三輪の氏子が奈良時代に居住地に社祠を建て、大和国大神神社の神霊である大物主大神を勧請し「三輪神社」と号したのが起源であるとか、聖武天皇の天平11年(739年)5月に勅を以て創建したとか、花山天皇の勅を以て創建した、或いは養老年中(717-723年)に松浦氏の女性が大和国の長谷観音を勧請して創建した加賀石浦の長谷観音堂が前身であるなどと伝承されている。このように諸説があるが、古来より加賀郡石浦郷七ヶ村の総社として崇敬を集め、延喜の制で加賀郡13座中の「三輪神社」に列した式内社であるとされる。やがて本地垂迹説による神仏習合の思想が起こるに及んで、当社に勧請した大物主大神が近江国日吉神社の神と同体であるので、当社を「石浦山王」、或いは「地主権現」と称した。また、大神神社の神宮寺である大御輪寺の本尊が十一面観音である関係から、本社の本地仏も十一面観音とし、「大和国長谷観音」と号し、寛永年間(1625-1643)末には、「長谷山慈光院」と改め、別当社僧が奉仕していた。創建当初(奈良時代)の社地は、下石浦村(今の長町3番丁辺り)の地で、江戸時代の藩士(浅香氏・由比氏)の邸地の一区域とも、西外惣構堀藪ノ内の藩士高畠石見守の旧邸があったとも伝えられ、室町時代にはここに大きな社殿があった。天正8年(1580年)、佐久間盛政が加賀一向一揆の拠点である金沢御坊を攻略した時、兵火に遭いことごとく焼失した。その時、神体と仏像を合祀していたが、本地仏十一面観音は小立野の山崎村の愛宕社に安置し、その後、卯辰山の観音院に移した。慶長6年(1601年)、加賀藩2代藩主前田利長から本多町に社地600余歩を賜り、翌年3月29日、一向一揆の首領であった山本若狭守家芸が拠点としていたといわれる上石浦村(現在の下本多町3番丁)の旧石浦砦跡地に社殿を再興し、ようやく石浦村に帰座した。元和元年(1615年)、この地が藩老本多安房守政重の下屋敷となった際に邸地内に編入された。寛保3年(1743年)12月には、社地170歩が加増され、770余歩となった。石浦神社 フレッシュアイペディアより)

  • 信長の野望Online

    信長の野望Onlineから見た金沢城金沢城

    城下町(城):金沢(加賀)、長島(伊勢)信長の野望Online フレッシュアイペディアより)

  • 北陸中日新聞

    北陸中日新聞から見た金沢城金沢城

    北陸中日新聞の題字の地紋には、発行エリアの名所名物である、兼六園の徽軫灯籠、花見橋、金沢城、立山とライチョウ、チューリップ、漆器の椀の絵が描かれている。北陸中日新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県政記念しいのき迎賓館

    石川県政記念しいのき迎賓館から見た金沢城金沢城

    2003年(平成15年)1月に、石川県庁舎が金沢市鞍月への移転に伴い跡地利用が浮上し、旧庁舎を活用。金沢城公園側はガラス張り構造とし、金沢市役所側は庁舎をそのまま保存する形で開業した。また、現在の施設には免震構造を採用している。石川県政記念しいのき迎賓館 フレッシュアイペディアより)

  • 香林坊

    香林坊から見た金沢城金沢城

    江戸時代には、金沢城に近い地の利を生かし北陸街道沿いに商店が建ち並ぶ商店街として、同様に街道沿いの橋場町、尾張町、武蔵ヶ辻などと共に発展。明治時代になり、近くに旧制第四高等学校が出来たことから、学生向けのカフェや映画館などが集積することとなり、北陸最大の繁華街となった。香林坊 フレッシュアイペディアより)

  • 寺町寺院群

    寺町寺院群から見た金沢城金沢城

    寺町寺院群(てらまちじいんぐん)は、石川県金沢市寺町・野町にある寺院の総称である。藩政期に一向一揆に対する防衛策として、犀川流域にあたるこの地に寺院が集められた。同様にして、金沢城の東側の卯辰山には卯辰山山麓寺院群、南東の小立野台地には小立野寺院群が形成された。忍者寺として知られる妙立寺を始め、70近くの寺院が立ち並び、市内の三つの寺院群の中で最大規模である。寺町・野町・弥生の各一部、22.0ヘクタールが「金沢市寺町台伝統的建造物群保存地区」の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。寺町寺院群 フレッシュアイペディアより)

  • 高岡城

    高岡城から見た金沢城金沢城

    廃城前に天守や櫓などが建てられていたかどうかは定かではなく、慶長17年(1612)年に写したとの記述のある現存最古の高岡城図には、天守予定地と目される本丸北隅には材木蔵と記されており、前田利長が高岡へ入城して3年後の時点ではいまだ天守は築かれていなかったものとみられる。廃城後の建物群については、現在知られている城図の中に、その配置や寸法を記したものがあり、大きなものでは、本丸に長さ24間(約43.4m)の米蔵が2棟、50間(約90.9m)の塩蔵が1棟あったことがわかっている。金沢城に今も残る三十間長屋や、近年再建された五十間長屋と同様の蔵が高岡城にも置かれていたものと考えられる。建築遺構は現存せず、石垣の一部や井戸が残るのみである。高岡城 フレッシュアイペディアより)

  • 医王山県立自然公園

    医王山県立自然公園から見た金沢城金沢城

    戸室石(とむろいし)は医王山、戸室山やキゴ山で採石された石(斜方輝石を含む角閃石安山岩)で、その多くは金沢城の石垣や兼六園の石橋、辰巳用水の石管などに利用されている。医王ダムの石碑に使われているのも戸室石である。別名医王石と呼ばれ、近年は県外の業者がミネラルウォーターの元として高額販売している。医王山県立自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀一向一揆

    加賀一向一揆から見た金沢城金沢城

    ところが、永正3年(1506年)に一向一揆を抑圧する周辺諸国への進撃を行って失敗(九頭竜川の戦い・般若野の戦い)した頃から、一門衆による統治に動揺を来たし始める。続いて本願寺中央が一門衆を抑圧しようとした事から、享禄4年(1531年)には大小一揆と呼ばれる内紛に発展して多くの一門衆やこれに従った国人衆が粛清された。天文15年(1546年)に尾山御坊(金沢御堂)が建設され、それを拠点として北陸全体に一向一揆を拡大させた。弘治元年(1555年)、永禄7年(1564年)に朝倉氏と、1570年代前半は上杉謙信と、その後は織田信長と対立した。元亀3年(1572年)は杉浦玄任を総大将とする一揆勢が上杉軍と数ヶ月に渡って激突、各地で上杉軍を破るなど猛威を振るった。しかし謙信率いる上杉本隊が到着するに至り戦況が悪化し、尻垂坂の戦いで大敗を喫し、一揆の勢いに陰りが見え始める。加賀一向一揆 フレッシュアイペディアより)

129件中 81 - 90件表示

「金沢城」のニューストピックワード