163件中 81 - 90件表示
  • 水野昭憲

    水野昭憲から見た金沢城金沢城

    石川県の職員として25年間の勤務経験があり、石川県庁自然保護課では白山自然保護センターの設立などを担当し、国際協力事業団(JICA)から派遣されて、エチオピアやマレーシアにおける野生動物の保護管理、国立公園整備に従事。海外での活動歴が通算8年に上り、金沢大学が金沢城内から角間キャンパスに移転する際の環境アセスメントに参加した縁で、里山自然学校の活動にもかかわる。動物生態学が専門。石川県立自然史資料館館長。2008年(平成20年)5月に始まった北國新聞社の舳倉島・七ツ島自然環境調査団(団長=藤則雄金沢大学・金沢学院大学名誉教授 )の合同調査で動物班の班長をつとめ、2009年10月23日、輪島市沖の舳倉島で弱った野鳥を捕食するノネコ(feral cat)の繁殖防止にかかわった。フサオマキザルの採食行動についての共同研究がある。「森下正明にまつわる研究者」のひとりにあげられている。水野昭憲 フレッシュアイペディアより)

  • 前田利政

    前田利政から見た金沢城金沢城

    利家死後の慶長5年(1600年)、豊臣政権五奉行の石田三成らが毛利輝元を擁立して五大老の徳川家康に対して挙兵すると、兄・利長と共に東軍に属し関ヶ原に向かう途中、北陸の西軍方の大聖寺城の山口宗永を陥れた。しかし、途上で突如、利長たちは金沢へ引き返した(一説には敦賀城主大谷吉継側の謀略によるといわれる)。金沢城へ引き返したあと利長が再出陣するが、利政は動かなかった。その原因は妻子が三成の人質となっていたためともいわれる(『象賢紀略』)、また利政は家康に対する反発心から石田三成方に気脈を通じていたとする指摘もある。見瀬和雄は利政は妻子の救出を図ろうとしたが、事態が急速に展開し、利長が出陣したために、病気と偽り出陣しなかったのではないかとし、石田方であったとする説を否定している。また、『天寛日記』の一節を引用して、利政が石田方についたと家康に訴え出たのは他ならぬ利長であったと指摘している。前田利政 フレッシュアイペディアより)

  • 浅井畷の戦い

    浅井畷の戦いから見た金沢城金沢城

    吉継は前田軍に対して、「上杉景勝が越後を制圧して加賀をうかがっている」・「西軍が伏見城を落とした」・「西軍が上方を全て制圧した」・「大谷吉継が越前北部に援軍に向かっている」・「大谷吉継の別働隊が、金沢城を急襲するために海路を北上している」など、虚虚実実の流言を流したのである。この流言に前田利長は動揺した。浅井畷の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 津田正勝

    津田正勝から見た金沢城金沢城

    慶長16年(1611年)、63歳で元同僚の今枝重直の誘いを受けて前田利長に2000石で仕えた。後に前田利常に仕え1000石を加増される。大坂の陣の際は、出陣を希望したが許されず、大坂冬の陣では金沢城、大坂夏の陣では富山城の留守居役をそれぞれ務めた。津田正勝 フレッシュアイペディアより)

  • 取次 (豊臣政権)

    取次 (豊臣政権)から見た金沢城金沢城

    小牧・長久手の戦いののち、秀吉・家康の講和が成立してから小田原征伐によって後北条氏が没落するまでの数年間(1580年代後半)、秀吉は上杉景勝に対し、家康と談合して「関東之儀」(「御取次の儀」)にあたるよう命じ、その上杉に対しては増田長盛と石田三成が景勝との取次にあたらせている。秀吉の旧来の朋友であった加賀国(石川県)金沢城主前田利家も北陸・奥羽・東国の諸大名との仲介にあたっており、さらに、これら大大名による取次のみならず、富田知信・津田信勝・和久宗定・施薬院全宗らも取次として活動した。取次 (豊臣政権) フレッシュアイペディアより)

  • 本多政均

    本多政均から見た金沢城金沢城

    しかしかつての尊攘派に対する厳し過ぎる処分は彼らの恨みを買うことになり、明治2年(1869年)に金沢城二の丸御殿において井口義平、山辺沖太郎に暗殺された。享年32。本多政均 フレッシュアイペディアより)

  • 河村善益

    河村善益から見た金沢城金沢城

    加賀国金沢城下(現在の石川県金沢市)に加賀藩士河村耀朝の三男として生まれる。1884年(明治17年)、司法省法学校を卒業し、司法省御用掛となった。1886年(明治19年)、京都始審裁判所検事となり、翌年に同判事に転じた。京都地方裁判所部長、福井地方裁判所所長、大阪控訴院部長、大審院判事、大阪地方裁判所所長、函館控訴院長を歴任した。1906年(明治39年)、大審院検事に転じ、翌年からは東京控訴院検事長を務めた。また法律取調委員会委員にも就任した。河村善益 フレッシュアイペディアより)

  • 青山吉次

    青山吉次から見た金沢城金沢城

    豊臣秀吉の文禄・慶長の役では利家に従い肥前国に行き、慶長3年(1598年)に従五位下佐渡守となる。慶長5年(1600年)に起こった大聖寺城の戦いの時、金沢城の守備にまわった。青山吉次 フレッシュアイペディアより)

  • 石落とし

    石落としから見た金沢城金沢城

    File:131109 Kanazawa Castle Kanazawa Ishikawa pref Japan09n.jpg|出窓型。出格子の出窓で、屋根は向唐破風(金沢城石川門隅櫓。石川県金沢市)石落とし フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎神社

    尾崎神社から見た金沢城金沢城

    尾崎神社(おざきじんじゃ)は、石川県金沢市にある神社である。天照大神、東照大権現(徳川家康)、加賀藩三代藩主前田利常を祀る。朱塗りの社殿には徳川家康の紋が散りばめられ、金沢城の江戸、北陸の日光と呼ばれ崇められた。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。別名を金沢東照宮という。尾崎神社 フレッシュアイペディアより)

163件中 81 - 90件表示

「金沢城」のニューストピックワード