57件中 41 - 50件表示
  • 金沢城

    金沢城から見た前田氏

    金沢城(かなざわじょう)は、石川県金沢市丸の内にあった日本の城である。江戸時代には加賀藩主前田氏の居城だった。城址は国の史跡に指定されている。金沢城 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢城

    金沢城から見た妙立寺

    あまり堅固な城とは言えず、有事の際は城下町にて敵を迎え撃つため軍事拠点として多くの寺が建立された。そのうちのひとつ、妙立寺(通称忍者寺)の井戸には金沢城に通じる抜け穴があるとされる。金沢城 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢城

    金沢城から見た

    金沢平野のほぼ中央を流れる犀川と浅野川とに挟まれた小立野台地の先端に築かれた、戦国時代から江戸時代にかけての梯郭式の平山城である(かつて「尾山」と呼ばれたのもこの地形に因む)。や門に見られる、白漆喰の壁にせん瓦を施した海鼠(なまこ)壁と屋根に白い鉛瓦が葺かれた外観、櫓1重目や塀に付けられた唐破風や入母屋破風の出窓は、金沢城の建築の特徴である。金沢城 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢城

    金沢城から見た日本100名城

    2006年(平成18年) - 日本100名城に選定された。石川県と金沢市は、金沢城址を中心とする「城下町金沢の文化遺産群と文化的景観」の世界遺産(文化遺産)への登録を目指し、「世界遺産暫定一覧表」への記載を国(文化庁)に共同提案したが、継続審議が適当とされ追加記載には至らなかった(参照)。金沢城 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢城

    金沢城から見た平山城

    金沢平野のほぼ中央を流れる犀川と浅野川とに挟まれた小立野台地の先端に築かれた、戦国時代から江戸時代にかけての梯郭式の平山城である(かつて「尾山」と呼ばれたのもこの地形に因む)。櫓や門に見られる、白漆喰の壁にせん瓦を施した海鼠(なまこ)壁と屋根に白い鉛瓦が葺かれた外観、櫓1重目や塀に付けられた唐破風や入母屋破風の出窓は、金沢城の建築の特徴である。金沢城 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢城

    金沢城から見た大日本帝国陸軍

    1875年(明治8年) - 陸軍歩兵第7連隊が金沢城址に置かれた。金沢城 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢城

    金沢城から見た石山本願寺

    この地は加賀一向一揆の拠点で浄土真宗の寺院である「尾山御坊(おやまごぼう、または御山御坊)」であった。寺とはいうものの大坂の石山本願寺(大坂御坊)と同じく石垣を廻らした城ともよべる要塞でもあった。織田信長が一揆を攻め落とし、跡地に金沢城を築いて佐久間盛政を置いた。後に盛政が賤ヶ岳の戦いで羽柴秀吉により討たれ、秀吉は金沢城を前田利家に与えた。利家は文禄元年(1592年)から改修工事を始め、曲輪や堀の拡張、5重の天守や櫓を建て並べた。兼六園は、加賀藩五代藩主前田綱紀が金沢城に付属してつくらせた大名庭園である。金沢城 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢城

    金沢城から見たバテレン追放令

    天正15年(1587年) - バテレン追放令により除封されたキリシタン大名高山右近が利家に呼ばれ、尾山城の大改造を行った(再び金沢城に改称されたのはこの頃といわれている)。金沢城 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢城

    金沢城から見た総構え

    このほか、城内には内堀が、城外には東西の内外計4本の惣構堀(そうがまえぼり)が掘られていた。惣構堀は後に用水路として転用されている部分が多い。兼六園内の山崎山は、惣構外郭土塁の一部であり、その南側の池は水堀の名残りである。金沢城 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢城

    金沢城から見た辰巳用水

    寛永9年(1632年) - 辰巳用水が城内に引かれた。金沢城 フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示

「金沢城」のニューストピックワード