91件中 11 - 20件表示
  • 高橋洋介

    高橋洋介から見た金沢21世紀美術館金沢21世紀美術館

    高橋 洋介(たかはし ようすけ、1985年 - )は 日本のキュレーター。金沢21世紀美術館学芸員。高橋洋介 フレッシュアイペディアより)

  • まちバス

    まちバスから見た金沢21世紀美術館金沢21世紀美術館

    1 金沢駅兼六園口(東口)・金沢フォーラス→2 武蔵ヶ辻・近江町市場→3 南町・尾山神社→4 香林坊大和・アトリオ→5 片町・タテマチ→6 タテマチ広場→7 本多町・歌劇座・鈴木大拙館→8 金沢21世紀美術館・兼六園(真弓坂口)→9 KOHRINBO109・日銀前→10 南町・尾山神社→11 武蔵ヶ辻・めいてつ・エムザ→12 リファーレ→13 金沢駅兼六園口(東口)・金沢フォーラスまちバス フレッシュアイペディアより)

  • 秋元雄史

    秋元雄史から見た金沢21世紀美術館金沢21世紀美術館

    秋元 雄史(あきもと ゆうじ、1955年7月24日 - )は、東京藝術大学大学美術館 館長・教授/金沢21世紀美術館 特任館長/美術評論家秋元雄史 フレッシュアイペディアより)

  • 堀畑裕之

    堀畑裕之から見た金沢21世紀美術館 金沢21世紀美術館

    2012年、金沢21世紀美術館 において四ヶ月に渡り「matohu 日本の眼 日常にひそむ美を見つける」展が開催された。堀畑裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 石川青年師範学校

    石川青年師範学校から見た金沢21世紀美術館金沢21世紀美術館

    石川青年師範学校は、前身の石川県立女子青年学校教員養成所から引き継いだ、河北郡津幡町加賀爪の校地で発足した。第二次世界大戦後の1946年6月、金沢市野田町(現・平和町)の旧・騎兵隊跡に移転。新制金沢大学教育学部に包括されることになり、1949年4月には市内弥生町(現・弥生)の石川師範学校校舎に統合移転した(青年師範学校附属中学校は、石川師範学校附属校とともに市内広坂の校地[現・金沢21世紀美術館]に統合された)。石川青年師範学校 フレッシュアイペディアより)

  • 照屋勇賢

    照屋勇賢から見た金沢21世紀美術館金沢21世紀美術館

    2009 「愛についての100の物語」 金沢21世紀現代美術館、石川照屋勇賢 フレッシュアイペディアより)

  • 石坂拓郎

    石坂拓郎から見た金沢21世紀美術館金沢21世紀美術館

    (日本では石川県金沢21世紀美術館「マシュー・バーニー:拘束のドローイング展」にて公開)石坂拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • ホンマタカシ

    ホンマタカシから見た金沢21世紀美術館金沢21世紀美術館

    2011年1月 - 自身初の美術館での巡回展「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」を開催。(2011年1月8日 - 3月21日 金沢21世紀美術館、2011年4月9日 - 6月26日 東京オペラシティアートギャラリー、2012年7月15日 - 9月23日 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館)ホンマタカシ フレッシュアイペディアより)

  • 横浜エレベータ

    横浜エレベータから見た金沢21世紀美術館金沢21世紀美術館

    金沢21世紀美術館 - テレスコフレーム方式で、西口側1階と地下を結んでいる。横浜エレベータ フレッシュアイペディアより)

  • メディアアート

    メディアアートから見た金沢21世紀美術館金沢21世紀美術館

    また日本国内にはメディアアートに関連したコンペティションや学会が多い。世界的なコンペティションとしては文化庁メディア芸術祭や国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト、国内のテレビ番組ではデジタルスタジアム、その他国内の美術館や自治体、学会をスポンサーにした公募展が数多く開催されている。展示施設も、NTTインターコミュニケーションセンター、山口情報芸術センター、東京都写真美術館、日本科学未来館、パナソニックセンター、水戸芸術館、せんだいメディアテーク、金沢21世紀美術館などメディアアートやメディアアート的要素を多く取り入れた活動を行っている美術館・博物館も少なくない。メディアアート フレッシュアイペディアより)

91件中 11 - 20件表示

「金沢21世紀美術館」のニューストピックワード