606件中 91 - 100件表示
  • ストラテジスト

    ストラテジストから見た金融金融

    金融の分野におけるストラテジスト(Strategist)とは、投資等の戦略を立てる専門家をさす。なおストラテジストの原義は戦略(strategy)を考える者、軍師や兵法家の意である。ストラテジスト フレッシュアイペディアより)

  • 格子モデル

    格子モデルから見た金融金融

    金融において、格子モデル(こうしもでる、)は、株式オプションの公正価値の計算に使われるモデルのひとつである。同モデルでは、現在とオプションの満期までの時間を N 個の離散的な期間に分割する。ある特定の時点 n において、モデルは n + 1 時点で無限の結果可能性を有し、世界の状況に関する時点 n から n + 1 までの間の変化の可能性は、枝()により把握する。この過程は、n = 0 と n = N の間のあらゆる経路の可能性が探索されるまで繰り返される。そして、n から n + 1 までのすべての経路に対する確率が評価される。オプションの今日における公正価値が計算されるまで、この結果と確率は、樹形の向きを逆に辿って繰り返される。格子モデル フレッシュアイペディアより)

  • ソフトバンクテレコム販売

    ソフトバンクテレコム販売から見た金融金融

    ソフトバンクグループの株式会社である。設立当初は「金融資産管理」を本業としてきたが、2006年10月16日に本業を「法人向けの携帯電話端末の仕入れ、販売」に変更し、社名もソフトバンクテレコム販売に変更した。ソフトバンクテレコム販売 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐洋子

    甲斐洋子から見た金融金融

    静岡県静岡市出身。大学()卒業後、一時会社員生活を送る。その後東京アナウンスアカデミーに学びキャスターに転身。ラジオたんぱ(現日経ラジオ社)の『経済モーニングエクスプレス』を皮切りに、経済・金融系を中心に報道・対談番組を数多く担当する。1990年4月からテレビ東京で『株式ニュース』を担当。東京証券取引所の前場寄付直後、前場終了後、後場終了後の1日3回を約13年担当した。この間、ファイナンシャル・プランナーCFP資格、1級FP技能士を取得した。甲斐洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た金融金融

    従来、町村の有力"企業"は、1)役場、2)農協(流通・金融)、3)学校、4)工場、5)建設業、6)病院であり、若い労働力の就職先としても機能してきた。しかし、バブル期の金融で失敗した農協が、再編・広域合併などで財政執行権のない支店格化したり、平成不況で工場が閉鎖されたり、小泉政権下の公共事業の削減によって建設業が倒産して、有力"企業"は、役場・学校・病院になった。近年、少子化のために学校が廃校になって地域から失われ、「平成の大合併」によって役場がなくなった地域も出てきた。現在は、高齢化によって「顧客(患者様)」が増加傾向にある病院のみが有力企業として生き残り、町村の形が「病院城下町」化した地域が多くなっている。ただし、医療費削減・医師不足・医療の機能分担などにより、病院も整理統合される可能性がある(参考:町村の新たな有力企業→「道の駅」、「秘湯ブームや個人旅行に対応した温泉宿」)。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • スペイン経済危機 (2012年)

    スペイン経済危機 (2012年)から見た金融金融

    スペイン経済危機 (2012年)(すぺいんけいざいきき)は、2012年にスペインが直面した金融・経済問題のこと。2000年代後半に不動産バブルがはじけた影響が長引き、深刻な状況となった。スペイン経済危機 (2012年) フレッシュアイペディアより)

  • キプロス・ショック

    キプロス・ショックから見た金融金融

    キプロス・ショックとは、2013年のユーロ圏によるキプロスへの金融支援において、支援の条件としてキプロスの全預金に最大9.9%の課税を導入することを2013年3月16日にキプロス政府とユーロ圏側が合意したことに始まる金融危機のことである。キプロス・ショック フレッシュアイペディアより)

  • 松村喜秀

    松村喜秀から見た金融金融

    2007年より、日経BPSAFETY JAPANにおいてコラム連載を行っている。当初は自らを「中小企業の“オヤジ”」を評して金融犯罪や偽札問題などに関する主張を行っていたが、自身に関連するものとしてtaspoや宗教(自身はキリスト教徒である)、さらにはディスコ、メイド喫茶、秋葉原通り魔事件など、ジャンルを問わない主張の場として連載を続けている。主張の例は以下の通り。松村喜秀 フレッシュアイペディアより)

  • オルトク

    オルトクから見た金融金融

    徴税その他、農耕社会を統治する知識や経験に乏しいモンゴル帝国の支配層のもとでは、ムスリム商人が財務官僚として力をふるった。商業を通じて宮廷へ出入りし、やがてモンゴル貴族や皇帝の信任を受けるに至ったムスリム商人は、民族的出自よりも能力を重視したモンゴルによってしばしば重用された。ムスリム商人を中心として共同出資の組織「オルトク」が作られ、通商、運輸、金融、徴税など種々の経済活動を営んだ。モンケの時代には、すでにオルトクと呼ばれていた記述がある。モンゴル帝国の財務官となったマフムード・ヤラワチは、通貨もまた財産の一形態であり、需要と供給の均衡関係が保たれれば価値をもつとの意見を唱えた。占領地の税務行政が銀の取り立てに特化したのも、当時の国際通貨である銀を獲得して貿易への投資に振り向けるためであった。オルトク フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・フォセット

    スティーヴ・フォセットから見た金融金融

    金融サービス業で財をなし、無休世界一周での5つの世界記録(単独気球、単独船舶、単独飛行機)をはじめ各種スポーツの記録をたてた。スティーヴ・フォセット フレッシュアイペディアより)

606件中 91 - 100件表示

「金融」のニューストピックワード