606件中 41 - 50件表示
  • グリーン・ニューディール

    グリーン・ニューディールから見た金融金融

    『グリーン・ニューディール』(A Green New Deal)は、2008年7月21日にグリーン・ニューディール・グループが発表し、新経済財団(NEF、New Economics Foundation)により出版されている報告書、もしくはその内容に沿った政策の名称である。地球温暖化、世界金融危機、石油資源枯渇に対する一連の政策提言の概要が記されている。報告書は、金融と租税の再構築、および再生可能エネルギー資源に対する積極的な財政出動を提言している。正式名称は『グリーン・ニューディール:信用危機・気候変動・原油価格高騰の3大危機を解決するための政策集』(A Green New Deal: Joined-up policies to solve the triple crunch of the credit crisis, climate change and high oil prices)。グリーン・ニューディール フレッシュアイペディアより)

  • フィボナッチ・リトレースメント

    フィボナッチ・リトレースメントから見た金融金融

    金融において、フィボナッチ・リトレースメントとは、チャート上のサポートとレジスタンス( :en:support and resistance )の水準を導出するテクニカル分析の一手法である。名前の由来は、この手法がフィボナッチ数列を利用することによる。フィボナッチ・リトレースメントは、市場が、予測可能な一定割合の反発/反落の後、本来の方向への値動きを続ける、という考えに基づいている。フィボナッチ・リトレースメント フレッシュアイペディアより)

  • RPX Corporation

    RPX Corporationから見た金融金融

    2011年5月には、RPXは NASDAQにて株式公開を行い取引を開始している。もともと同社はベンチャーキャピタルのKPCB、、の出資を受け、電子商取引、金融サービス、ハードウェア製造、ネットワーク・ソフトウェア・ワイアレス技術企業へのサービス提供を目的に設立された。RPX Corporation フレッシュアイペディアより)

  • 第四政党制 (アメリカ合衆国)

    第四政党制 (アメリカ合衆国)から見た金融金融

    第四政党制に先立つ第三政党制では、南北戦争とそれに続くレコンストラクションの時代が焦点であり、奴隷制度と金融の問題が議論されたが、第四政党制では中心的な問題が転換されてきたことが特徴である。この時代は1893年の厳しい不況に始まり、1896年アメリカ合衆国大統領選挙では特に際だった緊張関係があった。その後の大きな潮流としては進歩主義の時代、第一次世界大戦、世界恐慌の始まりと続いた。世界恐慌によって政党の支配構造が再編され、第五政党制に移った。それは民主党がニューディール政策連衡を形成し、1960年代まで支配を続ける時代となった。第四政党制 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • 祠堂銭

    祠堂銭から見た金融金融

    祠堂銭(しどうせん)とは、故人の冥福を祈るために祠堂(御霊屋・持仏堂とも)の管理・修繕費用あるいは供養費用として寺院に寄進する金銭のこと。中世においては、祠堂銭を元手とした寺院による金融のことも指した。祠堂銭 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアン・ファイナンシャル・レヴュー

    オーストラリアン・ファイナンシャル・レヴューから見た金融金融

    オーストラリアン・ファイナンシャル・レヴュー (、略称:AFR, Fin Review) はオーストラリアで発刊されている、ビジネスと金融を主に取り上げる全国紙の新聞である。オーストラリアン・ファイナンシャル・レヴュー フレッシュアイペディアより)

  • フィルム・ディストリクト

    フィルム・ディストリクトから見た金融金融

    フィルム・ディストリクト(FilmDistrict,FilmDistrict Holdings, LLC)は、2010年にGKフィルムズのグレアム・キングとティム・ディントンとで設立された総合製作・配給会社。映画作品にとどまらず、CM製作や金融事業なども積極的に行なっている。フィルム・ディストリクト フレッシュアイペディアより)

  • BRAC

    BRACから見た金融金融

    BRAC (bangladesh rural advancement committee) は、バングラデシュ国内で活動するNGOである。1972年、パキスタン独立戦争後の荒廃した状況においてが創設した。当初は12人の職員しか持たない規模であったが、2008年現在年間予算規模535億円、職員数12万人を越える超巨大NGOに成長している。活動は農業開発・教育・保健・金融ビジネスなど多岐にわたる。現在アフガニスタン・タンザニア南スーダンなどに活動範囲を広げている 。BRAC フレッシュアイペディアより)

  • 秋山咲恵

    秋山咲恵から見た金融金融

    1962年、奈良県奈良市で3人姉妹の長女として生まれる。小学生の頃から読書が好きで、京都大学文学部に入学した。『第二の性』を読んで社会における男女の役割差別を意識するようになり、自立のために実学を学ぼうと法学部に移った。1987年に京都大学法学部を卒業するとアンダーセン・コンサルティングに入社し、主に金融関係の顧客を担当し、戦略企画から業務分析まで事業のシステム構築全般に携わった。秋山咲恵 フレッシュアイペディアより)

  • 商社金融

    商社金融から見た与信金融

    支払サイトを通じて実質的に貸付を行っている状態を通常与信と呼ぶ。銀行など金融機関のように担保を取って現金を貸し付けるのではなく、商品の流通に基づく金融であるために、特定の客先が大量に商品を購入すればそれだけ高額の与信が発生することになり、その客先が倒産した場合多額の損失が発生する(貸倒)リスクを負うことになる。そのため、通常は客先ごとに与信枠を設定し、それを超える場合には支払サイトの短縮や前払いなどへの条件変更をしてリスクの低減を図る。しかし、場合によっては客先から発注があり、商品も用意できるのに、与信枠がなくて売れないという事態もありうるので、与信枠が低すぎればそれだけ商量を限定することになってしまう。しかし、高すぎる場合には貸倒リスクが増大するため、与信枠の設定には独自のノウハウが必要となり、そのリスクを負うことによる収益が商社本来の収益の源泉であった。商社金融 フレッシュアイペディアより)

606件中 41 - 50件表示

「金融」のニューストピックワード