140件中 91 - 100件表示
  • 金賢姫

    金賢姫から見た横田めぐみ

    北朝鮮による日本人拉致問題について「田口八重子は生きている」「横田めぐみさんが自殺したとは考えられない」と発言している。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見たイラン・イラク戦争

    1987年10月4日 - マカオから平壌に緊急指令にて帰国。李対外情報調査部長から「88(パルパル)」(ソウルオリンピック)を妨害するために、金勝一と共に韓国の飛行機を落とす任務を与えられる。攻撃目標は「11月28日のバグダッド発アブダビ経由ソウル行き、南朝鮮の大韓航空858便だ」と告げられる。金勝一は、中東ではイラン・イラク戦争が進行中だから空港の検問・捜査が厳しい、と異議を唱えたが、金正日の自筆承認計画で変更できない、と告げられたとされる。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見たあの人は今!?

    1997年 - 日本テレビのスペシャル番組『あの人は今!\?』に出演。市川森一にコロッケなどをご馳走した。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た

    事件後、大韓民国国家安全企画部(現・大韓民国国家情報院)に引き渡され、捜査官に尋問される際も、日本語や中国語で返答していた。取調べの際、暴力を振るわれたり拷問を受けたり、最悪の場合はをも覚悟していたが、そのようなことは全くなかった。連日繰り返される綿密な事情聴取の中で、日本人や中国人であるとする主張の数々の矛盾点を指摘された上、「日本に住んでいた時に使っていたテレビのメーカーは?」という質問に、日本や中国出身者ならば答えない筈の北朝鮮ブランド「チンダルレ(ツツジの意)」と答えて、捜査員に見破られる。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見たオーストリア

    1987年11月29日 - 平壌の順安飛行場から、モスクワ・オーストリア・ベオグラードを経てバグダッドに到着し、ここからKAL858号機に乗り込んだ。アブダビでAM/FMラジオ(実際にラジオとして動作する)に偽装した時限爆弾と、酒瓶に詰めた液体爆弾を青のビニール製ショッピングバッグに詰め、座席 (7B、7C) の上の棚に置いたまま二人は飛行機を降り、バーレーンに向かう。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た汝矣島

    また、捜査員に夜のソウル市街へ連れ出された際、北朝鮮で受けた説明とは全く異なる繁栄ぶりや、誰にも気兼ねせずに不平不満を口にする一般市民の姿に驚愕し、女性捜査員と風呂での入浴中に、熱湯をかけられる不意打ちを喰らい、咄嗟に出た朝鮮語により、結局は隠し切れずに自白した。自白後、聖書を通してイエス・キリストを知り、ソウルの汝矣島(ヨイド)にある中央浸礼教会で受浸、クリスチャンになった。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た警察

    事件後に、現地バーレーンの警察に捕まる直前、「蜂谷 真一(はちや しんいち)」という名で、日本国旅券の日本人に背乗りしていた、共犯の金勝一(キム・スンイル、)と共に、煙草を吸うふりをして服毒自殺を図るが、金賢姫だけは一命を取りとめた。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た金浦国際空港

    1987年10月4日 - マカオから平壌に緊急指令にて帰国。李対外情報調査部長から「88(パルパル)」(ソウルオリンピック)を妨害するために、金勝一と共に韓国の飛行機を落とす任務を与えられる。攻撃目標は「11月28日のバグダッド発アブダビ経由ソウル行き、南朝鮮の大韓航空858便だ」と告げられる。金勝一は、中東ではイラン・イラク戦争が進行中だから空港の検問・捜査が厳しい、と異議を唱えたが、金正日の自筆承認計画で変更できない、と告げられたとされる。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見たチューリッヒ

    1984年8月15日 - 10月 金勝一、張指導員と初めての実際の任務につく。日本の蜂谷真一、蜂谷真由美の親子の偽名と偽造日本国旅券を使用した。モスクワ・ブダペスト・ウィーン・コペンハーゲン・フランクフルト・チューリッヒ・ジュネーヴ・パリを経て、9月20日に金賢姫はバンコク・香港・マカオに向かった。金勝一は、ソウルに向かい、9月26日以降にマカオで再び合流、中華人民共和国・広州へ渡り、北京を経て平壌に帰国した。このときの任務は不明だが、9月25日に韓国の大邱(テグ)で殺人事件と北朝鮮工作員の自殺事件があったことが述べられている。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見たノンフィクション

    事件直後に日本人ジャーナリストの野田峯雄は、バーレーンの病院で担当医師から「金勝一は瀕死の状態だったが、金賢姫には何の異常もみられなかった」との証言を得たとして、金賢姫は本当に北朝鮮の工作員なのかと問いかけた『破壊工作―大韓航空機爆破事件、葬られたスパイたちの肖像』(JICC出版局)を1990年に発表している。このノンフィクションを参考にして韓国の作家が2003年、事件は韓国の国家安全企画部(現・国家情報院)が仕組んだ謀略ではないのかという疑問を呈した小説『背後』を発表、韓国でベストセラーとなった。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

140件中 91 - 100件表示

「金賢姫」のニューストピックワード