119件中 91 - 100件表示
  • 金賢姫

    金賢姫から見た強制収容所 (北朝鮮)

    特赦後、外交官だった実父を含む家族が強制収容所に収容されたことを知る。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た法務大臣

    2010年7月20日早朝、政府のチャーター機で訪日が実現。23日に韓国へ帰国した。21日、22日に横田滋ら拉致被害者家族と面会した。滞在の場所として鳩山由紀夫前首相の軽井沢別荘が警備上等の理由で選ばれている。日本政府は元来、死刑囚の入国は出入国管理及び難民認定法の規定で認めていないが、千葉景子法務大臣が出入国管理及び難民認定法の12条特例条項を適用して入国を認め、日本の警察も旅券偽造容疑による事情聴取を今回の来日中は見送った。また、今回の訪日に対して、自民党、公明党等の野党から、超法規的判断での入国や高速道路の封鎖、ヘリコプターによる遊覧飛行などの、いわゆるVIP待遇に非難の声が強まっている。中井洽拉致問題担当相は遊覧飛行は韓国側の要請によって行われたと主張しているが、韓国国家情報院は韓国から日本に要望した事実はないと否定している。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た朝鮮語

    事件後に現地バーレーンの警察に捕まる直前、「蜂谷 真一(はちや しんいち)」という名の日本人になりすましていた共犯の金勝一(キム・スンイル、)と共に煙草を吸うふりをして服毒自殺を図るが、金賢姫だけは一命を取りとめた。その後、韓国国家安全企画部(現・国家情報院)に引き渡され尋問される際も中国語や日本語で返答していたが、取調官からの連日の事情聴取の中で、日本人や中国人であるとする説明の数々の矛盾点を指摘された上、「日本に住んでいた時に使っていたテレビのメーカーは?」という質問に北朝鮮ブランドの「チンダルレ(ツツジの意)」と答えて捜査員にも笑われる事態となり、また捜査員に夜のソウル市街へ連れ出された際、北朝鮮の説明とは全く異なる繁栄ぶりに驚愕し、女性調査員と入浴中に不意に熱湯をかけられて反射的に出た朝鮮語により結局は隠し切れずに自白した。自白後、聖書を通してイエス・キリストを知り、ソウルの汝矣島(ヨイド)にある中央浸礼教会で受浸、クリスチャンになった。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た香港

    1984年8月15日 - 10月 金勝一、張指導員と初めての実際の任務につく。日本の蜂谷真一、蜂谷真由美の親子の偽名と偽造旅券を使用した。モスクワ・ブダペスト・ウィーン・コペンハーゲン・フランクフルト・チューリッヒ・ジュネーヴ・パリを経て、9月20日に金賢姫はバンコク・香港・マカオに向かった。金勝一は、ソウルに向かい、9月26日以降にマカオで再び合流、中華人民共和国・広州へ渡り、北京を経て平壌に帰国した。このときのミッションは不明だが、9月25日に韓国の大邱(テグ)で殺人事件と北朝鮮工作員の自殺事件があったことが述べられている。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た月刊朝鮮

    2009年1月 - 表舞台から姿を消して以来2年ぶりに、「月刊朝鮮」元編集長で編集委員、現在は「趙甲済ドットコム」を主宰する趙甲済との単独インタビューに応じていたことが判明。これにより韓国内で健在である事が確認される。内容は同誌2月号にも掲載された。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た朝鮮民主主義人民共和国

    金 賢姫(キム・ヒョンヒ、、Kim Hyon-hui、1962年1月27日 - )は、大韓航空機爆破事件(1987年)を実行した北朝鮮の元工作員。元死刑囚(後に特赦)。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た内閣総理大臣

    2010年7月20日早朝、政府のチャーター機で訪日が実現。23日に韓国へ帰国した。21日、22日に横田滋ら拉致被害者家族と面会した。滞在の場所として鳩山由紀夫前首相の軽井沢別荘が警備上等の理由で選ばれている。日本政府は元来、死刑囚の入国は出入国管理及び難民認定法の規定で認めていないが、千葉景子法務大臣が出入国管理及び難民認定法の12条特例条項を適用して入国を認め、日本の警察も旅券偽造容疑による事情聴取を今回の来日中は見送った。また、今回の訪日に対して、自民党、公明党等の野党から、超法規的判断での入国や高速道路の封鎖、ヘリコプターによる遊覧飛行などの、いわゆるVIP待遇に非難の声が強まっている。中井洽拉致問題担当相は遊覧飛行は韓国側の要請によって行われたと主張しているが、韓国国家情報院は韓国から日本に要望した事実はないと否定している。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た大使館

    2007年 - アメリカに向けて、亡命のために出国したとの情報が流れる。大韓民国政府並びに韓国のアメリカ大使館はこの情報を否定。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た機関紙

    1972年11月2日 - 平壌近郊のヘリコプター発着場にて韓国代表団の張基栄に花束を贈る。このとき、日本共産党機関紙「赤旗」の萩原遼特派員が写真を撮っていた。その後、大韓航空機爆破事件のあと、日本共産党発行の雑誌『グラフこんにちは』に掲載、その後大月書店発行の萩原の著書『ソウルと平壌』に収録。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見たフランクフルト

    1984年8月15日 - 10月 金勝一、張指導員と初めての実際の任務につく。日本の蜂谷真一、蜂谷真由美の親子の偽名と偽造旅券を使用した。モスクワ・ブダペスト・ウィーン・コペンハーゲン・フランクフルト・チューリッヒ・ジュネーヴ・パリを経て、9月20日に金賢姫はバンコク・香港・マカオに向かった。金勝一は、ソウルに向かい、9月26日以降にマカオで再び合流、中華人民共和国・広州へ渡り、北京を経て平壌に帰国した。このときのミッションは不明だが、9月25日に韓国の大邱(テグ)で殺人事件と北朝鮮工作員の自殺事件があったことが述べられている。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

119件中 91 - 100件表示

「金賢姫」のニューストピックワード