119件中 81 - 90件表示
  • 金賢姫

    金賢姫から見たグラフこんにちは日本共産党です

    1972年11月2日 - 平壌近郊のヘリコプター発着場にて韓国代表団の張基栄に花束を贈る。このとき、日本共産党機関紙「赤旗」の萩原遼特派員が写真を撮っていた。その後、大韓航空機爆破事件のあと、日本共産党発行の雑誌『グラフこんにちは』に掲載、その後大月書店発行の萩原の著書『ソウルと平壌』に収録。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た結婚

    1997年 - ボディーガードだった元国家安全企画部員の男性と結婚した。その後名前を変え、男児を出産し、ソウル市内で普通の主婦として暮らしているとされた。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た恩赦法

    金 賢姫(キム・ヒョンヒ、、Kim Hyon-hui、1962年1月27日 - )は、大韓航空機爆破事件(1987年)を実行した北朝鮮の元工作員。元死刑囚(後に特赦)。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見たコペンハーゲン

    1984年8月15日 - 10月 金勝一、張指導員と初めての実際の任務につく。日本の蜂谷真一、蜂谷真由美の親子の偽名と偽造旅券を使用した。モスクワ・ブダペスト・ウィーン・コペンハーゲン・フランクフルト・チューリッヒ・ジュネーヴ・パリを経て、9月20日に金賢姫はバンコク・香港・マカオに向かった。金勝一は、ソウルに向かい、9月26日以降にマカオで再び合流、中華人民共和国・広州へ渡り、北京を経て平壌に帰国した。このときのミッションは不明だが、9月25日に韓国の大邱(テグ)で殺人事件と北朝鮮工作員の自殺事件があったことが述べられている。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見たチューリッヒ

    1984年8月15日 - 10月 金勝一、張指導員と初めての実際の任務につく。日本の蜂谷真一、蜂谷真由美の親子の偽名と偽造旅券を使用した。モスクワ・ブダペスト・ウィーン・コペンハーゲン・フランクフルト・チューリッヒ・ジュネーヴ・パリを経て、9月20日に金賢姫はバンコク・香港・マカオに向かった。金勝一は、ソウルに向かい、9月26日以降にマカオで再び合流、中華人民共和国・広州へ渡り、北京を経て平壌に帰国した。このときのミッションは不明だが、9月25日に韓国の大邱(テグ)で殺人事件と北朝鮮工作員の自殺事件があったことが述べられている。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見たノンフィクション

    事件直後に日本人ジャーナリスト野田峯雄は、バーレーンの病院で担当医師から「金勝一は瀕死の状態だったが、金賢姫には何の異常もみられなかった」との証言を得たとして、金賢姫は本当に北朝鮮の工作員なのかと問いかけた『破壊工作―大韓航空機爆破事件、葬られたスパイたちの肖像』(JICC出版局)を1990年に発表している。このノンフィクションを参考にして韓国の作家が2003年、事件は韓国の国家安全企画部(現・国家情報院)が仕組んだ謀略ではないのかという疑問を呈した小説『背後』を発表、韓国でベストセラーとなった。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見たミャンマー

    1987年11月29日 - KAL858号機ミャンマー上空で失踪。アブダビで大韓航空機から降りた搭乗者の名簿を韓国の国家安全企画部がチェックした結果、不審な日本人2名の名前が浮かぶ。日本の警察に照会した結果、女の旅券が偽造であることが発覚する。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見たソウルオリンピック

    1987年10月4日 - マカオから平壌に緊急指令にて帰国。李対外情報調査部長から「88(パルパル)」(ソウルオリンピック)を妨害するために、金勝一と共に韓国の飛行機を落とす任務を与えられる。攻撃目標は「11月28日のバグダッド発アブダビ経由ソウル行き、南朝鮮の大韓航空858便だ」と告げられる。金勝一は、中東ではイラン・イラク戦争が進行中だから空港の検問・捜査が厳しい、と異議を唱えたが、金正日の自筆承認計画で変更できない、と告げられたとされる。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見た中国語

    事件後に現地バーレーンの警察に捕まる直前、「蜂谷 真一(はちや しんいち)」という名の日本人になりすましていた共犯の金勝一(キム・スンイル、)と共に煙草を吸うふりをして服毒自殺を図るが、金賢姫だけは一命を取りとめた。その後、韓国国家安全企画部(現・国家情報院)に引き渡され尋問される際も中国語や日本語で返答していたが、取調官からの連日の事情聴取の中で、日本人や中国人であるとする説明の数々の矛盾点を指摘された上、「日本に住んでいた時に使っていたテレビのメーカーは?」という質問に北朝鮮ブランドの「チンダルレ(ツツジの意)」と答えて捜査員にも笑われる事態となり、また捜査員に夜のソウル市街へ連れ出された際、北朝鮮の説明とは全く異なる繁栄ぶりに驚愕し、女性調査員と入浴中に不意に熱湯をかけられて反射的に出た朝鮮語により結局は隠し切れずに自白した。自白後、聖書を通してイエス・キリストを知り、ソウルの汝矣島(ヨイド)にある中央浸礼教会で受浸、クリスチャンになった。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢姫

    金賢姫から見たキューバ

    1962年1月27日 - 外交官キューバ駐在の北朝鮮大使館三等書記官の父と教師の母との長女として平壌市トンデウォン区域トンシン洞で生まれ、生後間もなく父の赴任先であるキューバへ行きハバナで暮らす。4歳の時に北朝鮮の首都平壌に帰国。金賢姫 フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「金賢姫」のニューストピックワード