前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示
  • ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル

    ニッサン・モータースポーツ・インターナショナルから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    No.23 R30スカイラインRSターボ 星野一義/近藤真彦/柳田春人/鈴木亜久里ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 高橋徹 (レーサー)

    高橋徹 (レーサー)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1982年、FJ1600に乗る傍ら、全日本F3選手権にもハヤシレーシングからマシンレンタルと言う形で参戦。チームメイトであった鈴木亜久里を上回る成績を残す。同年12月には生沢徹率いるレーシングチームi&iの富士スピードウェイでのGC車テストに参加、同じくテストに参加していた鈴木利男を上回るタイムを叩き出す(鈴木は同年3月に起こしたクラッシュで本調子ではなかったことも一因)。そのことが生沢と懇意にしていたヒーローズレーシングのオーナー田中弘の耳にも届き、後に契約。当初は星野一義との2人体制で1983年シーズンを戦う予定だったが、星野はシーズンオフにヒーローズレーシングを電撃離脱しホシノインパルの関連子会社としてレーシングマネジメント会社ホシノレーシングを設立。ナンバーワンドライバーを失ったヒーローズレーシングは急遽高橋徹をエースドライバーとして擁立することとなった。こうして類い稀なる才能と多くの支援者によって下級カテゴリーを僅か3年半で通過、全日本のトップカテゴリー、フォーミュラ2に駆け上がった。しかし資金もなく仕事に追われていたため、高橋の練習・経験不足は明らかで、危ないスピンを何回か繰り返していたといわれる。高橋徹 (レーサー) フレッシュアイペディアより)

  • リジェ・JS41

    リジェ・JS41から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    当初、ドライバーはオリビエ・パニスと鈴木亜久里であったが、鈴木が日本に帰国した時にはマーティン・ブランドルとのシートシェアがチームから発表された。これは、チームのマネージングディレクターのトム・ウォーキンショーが無限エンジン獲得のために鈴木を起用したに過ぎなかったのと、以前よりスポーツカーなどで起用し懇意にしていたブランドルを優先させたいという思惑などが理由である。リジェ・JS41 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年のF1世界選手権

    1990年のF1世界選手権から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    この年に移籍してきた鈴木亜久里とエリック・ベルナールを擁したラルースは、信頼性は低いものの競争力のあるランボルギーニエンジンを積んだマシンで、3位表彰台を含む複数のポイント獲得を達成し、過去最高の6位に滑り込んだ。1990年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 脇阪寿一

    脇阪寿一から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    鈴木亜久里率いるAUTOBACKS Racing Team AGURI(ARTA)に移籍。第2戦 MINEでは初表彰台(2位)を獲得した。第4戦 もてぎでは、ウェットコンディションの中、初優勝を飾った。この年は、シリーズ3位の好成績を挙げるも全10戦中5度のリタイヤを記録し、決勝レースでの安定感が課題となった。脇阪寿一 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本F3000選手権

    全日本F3000選手権から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    また、鈴木亜久里や片山右京、鈴木利男、中野信治、野田英樹、高木虎之介、服部尚貴、エディ・アーバイン、ジョニー・ハーバート、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、ミカ・サロ、マーク・ブランデル、フォルカー・ヴァイドラー、ローランド・ラッツェンバーガー、ジャン・アレジ、ミハエル・シューマッハ(ブランデルとアレジ、シューマッハはスポット参戦)など後にF1にステップアップしたドライバーや、ヤン・ラマースなどの元F1ドライバーも参戦していた。全日本F3000選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 日本グランプリ (4輪)

    日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    この年もセナとフェラーリに移籍したプロストによるチャンピオン争いであったが、前年のこともあり、ポールをとったセナがグリッドをアウト側に変更するよう要求するも、これは却下される。レーススタートでは予選2位のプロストが1コーナーまでにリードを奪うが、セナはイン側の位置を譲らず、プロストもろともクラッシュ、コースアウトし、両者リタイアによりセナのチャンピオンが決定した(後にセナ自身が故意に衝突したと発言)となった。レースは両者のチームメイトのゲルハルト・ベルガー(マクラーレン)とナイジェル・マンセル(フェラーリ)が、トップに立った後にいずれもリタイアを喫する波乱の展開となり、予選6位・8位のネルソン・ピケとロベルト・モレノのベネトン勢が1-2フィニッシュを果たした。モレノは初の表彰台であった。また、鈴木亜久里が3位入賞し、日本人として初の表彰台を獲得した。日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 土屋圭市

    土屋圭市から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    ル・マン24時間レース出場の為の練習として、中央自動車道を夜間無灯火で走行していた事をフジテレビのジャンクスポーツに出演した鈴木亜久里に暴露されてしまった。鈴木の話によると、六本木へと土屋を誘った鈴木に対し、「今山梨だけどスグ着くから大丈夫」と、制限速度を遥かに超過する速度で走行していたと思われる受け答えをしていたと言う。これらが事実なら、夜間の高速道路を無灯火にて制限速度超過の上、携帯電話で通話しながら運転するという極めて危険な行為をしていた事になる。土屋圭市 フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    しかし第15戦日本GPにおいて、予選4位となり、3位だったジェンソン・バトンがシンガポールGP後のギアボックス交換によりグリッド降格処分となったため3番グリッドからのスタートとなった。スタート直後にマーク・ウェバーをかわし2位に浮上するも、14周終了後の1度目のピットインの後、ダニエル・リカルドをオーバーテイクするのに17周目まで手間取ったこともあり、17周目にピットインしたフェリペ・マッサがピットイン後小林の前に入り再度3位となる。その後は終始ジェンソン・バトンに猛追されるもそのまま3位でゴール、日本人としては2004年アメリカGPでの佐藤琢磨以来8年ぶり、鈴鹿では1990年鈴木亜久里以来22年ぶりとなる、日本人3人目のF1GP表彰台登壇者となった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • リジェ

    リジェから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    前年限りでベネトンを離脱したトム・ウォーキンショーが、リジェの株式の50%を購入しブリアトーレと共にリジェの共同オーナーに就任。ニューマシンJS41は、ベネトン・B195に細部まで形状が酷似していた。当時レギュレーションでは他チームによる同一マシンの使用は禁止されていたが、両チームはデザイナー移籍による偶然の一致だと主張した。エンジンはミナルディとの争奪戦の末に無限ホンダエンジンを獲得。ドライバーはパニスが残留し、チームメイトは無限の推する鈴木亜久里がフル参戦のはずだったが、ウォーキンショーは子飼いのマーティン・ブランドルとの併用を宣言。ブランドルが11戦、亜久里は6戦という変則的な参戦となった。この年はブランドルがベルギーGPで無限エンジン初の表彰台を獲得。パニスも最終戦オーストラリアGPで2位に入るなどしばしば速さを見せランキングは5位。亜久里はドイツGPで自身久々の入賞となる6位となるが、日本GPでは予選でクラッシュしドクターストップとなったため決勝は出走できず、結果的にこの日本GP予選が亜久里にとって最後のF1参戦となった。リジェ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード