前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
165件中 1 - 10件表示
  • ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル

    ニッサン・モータースポーツ・インターナショナルから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    No.23 R30スカイラインRSターボ 星野一義/近藤真彦/柳田春人/鈴木亜久里ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 全日本F3000選手権

    全日本F3000選手権から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    また、鈴木亜久里や片山右京、鈴木利男、中野信治、野田英樹、高木虎之介、服部尚貴、エディ・アーバイン、ジョニー・ハーバート、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、ミカ・サロ、エマニュエル・ピロ、パオロ・バリッラ、マーク・ブランデル、エンリコ・ベルタッジア、ローランド・ラッツェンバーガー、ジャン・アレジ、ミハエル・シューマッハ(ブランデルとアレジ、シューマッハはスポット参戦)など後にF1にステップアップしたドライバーや、ジェフ・リース、ヤン・ラマース、クリスチャン・ダナー、フォルカー・ヴァイドラー、ケネス・アチソンなどの元F1ドライバー、芸能界からは岩城滉一、近藤真彦が参戦していた。全日本F3000選手権 フレッシュアイペディアより)

  • リジェ・JS41

    リジェ・JS41から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    当初、ドライバーはオリビエ・パニスと鈴木亜久里であったが、鈴木が日本に帰国した時にはマーティン・ブランドルとのシートシェアがチームから発表された。これは、チームのマネージングディレクターのトム・ウォーキンショーが無限エンジン獲得のために鈴木を起用したに過ぎなかったのと、以前よりスポーツカーなどで起用し懇意にしていたブランドルを優先させたいという思惑などが理由である。リジェ・JS41 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年パシフィックグランプリ

    1995年パシフィックグランプリから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    前戦までにベネトンのミハエル・シューマッハは82ポイントを獲得し、2位のウィリアムズのデイモン・ヒルに27ポイントの差を付けて首位に立っていた。残り3戦全てでヒルが勝利した場合、30ポイントが加えられるため、ヒルにはまだタイトルの可能性が残されていた。シューマッハはヒルが優勝したとしても、4位に入りさえすれば2戦を残して20ポイント以上の差となりタイトルが確定する。シューマッハ、ヒルに続くのは43ポイントのデビッド・クルサード、40ポイントのジョニー・ハーバート、ジャン・アレジであった。コンストラクターズ選手権ではベネトンが112ポイントで首位に立ち、ウィリアムズが92ポイントで後に続いた。本GPに先立つ2週間でデイモン・ヒルは激しい批判にさらされた。それはヨーロッパグランプリでのバトルで彼はシューマッハに対して十分に「力強く」なかったというものであった。レース前のインタビューで鈴木亜久里に代わってリジェに乗るマーティン・ブランドルは以下のように語った:1995年パシフィックグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • F1ブーム

    F1ブームから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    F1ブーム(えふわんブーム)は、日本で主として1987年から1993年にかけて発生した社会現象。当時マクラーレン・ホンダのファーストドライバーであったアイルトン・セナが人気の中心であった。このほかアラン・プロスト、ゲルハルト・ベルガー、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセル、日本人F1のパイオニアでもある中嶋悟、鈴木亜久里、片山右京、当時売り出し中だったミハエル・シューマッハなどのドライバーも人気を集めた。F1ブーム フレッシュアイペディアより)

  • 日本グランプリ (4輪)

    日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    セナ対プロスト3度目の対決は、スタート直後の1コーナーでセナがプロストにぶつかり、両者リタイアでセナの2度目のチャンピオンが決定した(後にセナ自身が故意に衝突したと発言)。ベネトンがワンツー・フィニッシュを果たし、鈴木亜久里が母国で日本人として初の表彰台(3位)を獲得した。日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1993年日本グランプリ (4輪)

    1993年日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    ミハエル・シューマッハはマクラーレン勢に次ぐ4位。一時トップタイムを記録したゲルハルト・ベルガーが5位。デイモン・ヒルはアタック中にスピンして6位。アーバインは走り慣れた鈴鹿でチームメイトのルーベンス・バリチェロのタイムを上回り、8位という好位置からのスタートとなる。鈴木亜久里は9位、片山右京は13位、鈴木利男は23位となった。1993年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 秋元玲奈

    秋元玲奈から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    実姉の秋元優里は、フジテレビのアナウンサー。義兄は、フジテレビアナウンサーの生田竜聖。義兄の兄は、俳優の生田斗真。義父は元F1ドライバーの鈴木亜久里秋元玲奈 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年のF1世界選手権

    1990年のF1世界選手権から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    この年に移籍してきた鈴木亜久里とエリック・ベルナールを擁したラルースは、信頼性は低いものの競争力のあるランボルギーニエンジンを積んだマシンで、3位表彰台を含む複数のポイント獲得を達成し、過去最高の6位に滑り込んだ。1990年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 脇阪寿一

    脇阪寿一から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    鈴木亜久里率いるAUTOBACKS Racing Team AGURI(ARTA)に移籍。第2戦 MINEでは初表彰台(2位)を獲得した。第4戦 もてぎでは、ウェットコンディションの中、初優勝を飾った。この年は、シリーズ3位の好成績を挙げるも全10戦中5度のリタイヤを記録し、決勝レースでの安定感が課題となった。脇阪寿一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
165件中 1 - 10件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード