146件中 91 - 100件表示
  • ジョニー・ダンフリーズ

    ジョニー・ダンフリーズから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1989年には、トムスよりトヨタのマシンでWSPC、ル・マン24時間レースに参戦。翌1990年も同様にトヨタから参戦、ル・マン24時間レースの際には、チームメイトの1人に鈴木亜久里がいた。ジョニー・ダンフリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1992年の全日本F3000選手権

    1992年の全日本F3000選手権から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    F3000最終戦のポールポジションタイムは1:42.934でロス・チーバーが記録した。このタイムを日本グランプリの予選順位に当てはめると1:42.824のタイムを出した15位のフェラーリのジャン・アレジと1:43.029を記録し16位に入ったフットワーク無限ホンダの鈴木亜久里の間に割って入ることになる(チーバーのマシンは無限エンジン搭載車なので、F1の無限ホンダエンジン搭載車より、F3000の無限エンジン搭載車の方が良いタイムを出したことになる)。1992年の全日本F3000選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 升本琢也

    升本琢也から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    浜田大明神出張バージョンの企画では自ら鈴木亜久里を参拝に案内する様子がOAされた。(自身が出演する際は、「茶色のスーツ」を着用する事が多い)升本琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年日本グランプリ (4輪)

    2012年日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    小林はバトンを抑えて3位を守り抜き、地元グランプリで自身初のF1表彰台を獲得した。日本人の表彰台獲得は1990年日本GPの鈴木亜久里、2004年アメリカGPの佐藤琢磨に続く3人目となった。表彰式の前には満員のグランドスタンドから「可夢偉コール」が発生し、小林は日本のファンに応援への感謝を述べた。2012年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 井上隆智穂

    井上隆智穂から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    翌1995年には中堅チームのフットワークに移籍してF1フル参戦した。F1にシーズンフル参戦した日本人レーシングドライバーとしては中嶋悟、鈴木亜久里、片山右京に次ぐ4人目であり注目を浴びた。しかしエンジンパワーに劣るハートエンジンを搭載したマシンの競争力、そして信頼性の低さにも苦しめられ、予選では3回チームメイトを上回ったものの、完走5回、最高位はイタリアGPの8位に終わった。井上隆智穂 フレッシュアイペディアより)

  • ラルース (F1チーム)

    ラルース (F1チーム)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1988年日本GPでは、病気になったダルマスに代えて急遽鈴木亜久里をスポット参戦させた。ラルース (F1チーム) フレッシュアイペディアより)

  • F1世界選手権の歴史

    F1世界選手権の歴史から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    ホンダに続くエンジンメーカーとして1989年からヤマハ、1990年にスバル(モトーリ・モデルニとの共同開発)、1992年から無限ホンダ(現M-TEC)が参戦。ドライバーも中嶋に続き鈴木亜久里、片山右京がフル参戦し、服部尚貴、鈴木利男、野田英樹がスポット参戦した。鈴木亜久里は1990年の日本GPで3位入賞し、日本人で初めてF1の表彰台に立った。F1世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    ちなみに、中嶋悟や鈴木亜久里が現役時代の頃、作者の住まいの近所に中嶋悟そっくりの顔をした店主が勤めるラーメン屋があったらしい(それをネタにしたこともある)。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • 所沢市立東中学校

    所沢市立東中学校から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    鈴木亜久里(元レーシングドライバー)所沢市立東中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 平井堅

    平井堅から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    大阪府東大阪市で生まれ、2歳から18歳まで三重県名張市で育つ。昔は「ひらまん」「彫り深夫」「亜久里」「ジュリアロバ夫」「ごりら」などというあだ名で呼ばれていた。名張市立桔梗が丘南小学校、名張市立北中学校、三重県立上野高等学校を経て、横浜市立大学商学部卒業。姉、兄の三人兄弟。実家の愛犬はトイプードルの「ハッピー」。カラオケ好きである。平井堅 フレッシュアイペディアより)

146件中 91 - 100件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード