146件中 11 - 20件表示
  • 日産・スカイライン

    日産・スカイラインから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    そのほか、1985年より国内選手権として開始されたグループA規格によるJTCにも参戦。翌1986年には鈴木亜久里/和田孝夫の手によってシリーズチャンピオンを獲得するも、1987年シーズンはフォード・シエラRS500にタイトルを奪われる事になる。開始年には市販車が既にR31型へと移行していたにも関らず、R30型が投入された背景にはシリーズ開始がR31発表以前であった事が挙げられる。しかし旧型車両と言う事もありエボリューション車両が開発されなかったという事情もあり、終始苦しい戦いを強いられた。日産・スカイライン フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・モレノ

    ロベルト・モレノから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    ちなみに日本GPの決勝終了後の記者会見では、日本人として初めてF1の表彰台に上った鈴木亜久里が「僕は前の年、毎レース金曜の朝8時から9時まででレースが終わってしまってばかりで…」と語っているところに、自らも予備予選落ちを繰り返していた経験を踏まえ「I know this feeling!」と合いの手を入れて、報道陣を大爆笑の渦に巻き込んだ。ロベルト・モレノ フレッシュアイペディアより)

  • F1グランプリ

    F1グランプリから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    オープニングについては、2006年までは歴代の名車を再現したものなどやアラン・プロスト、ナイジェル・マンセル、ニキ・ラウダ、ジル・ヴィルヌーヴ、中嶋悟、鈴木亜久里、片山右京、アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハの名ドライバーを中心にCGを多用したものが使用され、T-SQUAREの『TRUTH』のテーマ曲と共にF1名物となっていた。F1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 予備予選 (F1)

    予備予選 (F1)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    また、1991年までは1台のみのエントリーも認められていたことから、コンストラクターズ順位によっては、2台エントリーのチームのいずれか一方のみに予備予選出走が義務付けられるケースがあった。1992年前半戦のケースでは、前年の成績からフォンドメタルが予備予選免除となったが、フォンドメタルは前年1台のみのエントリーだったため、この年から2台エントリーしたものの予備予選免除が1台しか認められず、次点のフットワークとともに2台エントリーのうち1台のみが予備予選免除となった。フォンドメタルはガブリエル・タルキーニが予選から出走しアンドレア・キエーザが予備予選に出走した。フットワークは鈴木亜久里が予選から出走し、ミケーレ・アルボレートが予備予選に出走した。予備予選 (F1) フレッシュアイペディアより)

  • F1ブーム

    F1ブームから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    F1ブーム(えふわんブーム)は、日本で主として1990年から1992年にかけて発生した社会現象。当時マクラーレン・ホンダのファーストドライバーであったアイルトン・セナが人気の中心であった。このほかゲルハルト・ベルガー、ナイジェル・マンセル、日本人F1のパイオニア、中嶋悟、鈴木亜久里、当時売り出し中だったミハエル・シューマッハなどのドライバーも人気を集めた。F1ブーム フレッシュアイペディアより)

  • アグリ

    アグリから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    アグリ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンデス・レーシング

    フェルナンデス・レーシングから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    チームはチャンプカー・シリーズにフェルナンデスと中野信治を起用して参戦した。2003年は中野と契約を結ばず、フェルナンデスのみの1カー態勢に縮小して参戦したが、ポートランドで初勝利を記録した。一方IRLへは鈴木亜久里と手を組み、スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシング (Super Aguri Fernandez Racing) としてロジャー安川を参戦させた。翌2004年シーズンは開幕直前に参戦予定を変更、フェルナンデス自身もIRLへの参戦を決定する。フェルナンデスはケンタッキー、シカゴ、カリフォルニアと3勝を挙げた。フェルナンデス・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • ヒーローズレーシング

    ヒーローズレーシングから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1995年にメインスポンサーであったCABINの撤退に伴いレース活動の停止を余儀なくされる。翌年より鈴木亜久里が興した新チーム・SUPER AGURIとジョイントする形でチームは消滅し、田中は同チームの監督に就任した。ヒーローズレーシング フレッシュアイペディアより)

  • 浮谷東次郎

    浮谷東次郎から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    浮谷は1960年代初頭の日本におけるモータースポーツ創生期のスターの一人で、少年時代から自動車/オートバイ雑誌にたびたび登場し、レース出場するようになってからはサーキット攻略法の解説や、新型車の試乗記などを執筆するという活動も行っている。本田博俊(無限)、林みのる(童夢)、生沢徹、同郷の先輩である式場壮吉、三保敬太郎、浅岡重輝、津々見友彦、福澤幸雄、杉江博愛(後の徳大寺有恒)、ミッキー・カーチス、鮒子田寛などドライバーや技術者たちと友人だったと言われる。また鈴木亜久里の父(当時は自動車好きとして鈴鹿サーキットに頻繁に出入りし、半ば押しかけで生沢らのピットスタッフを務めていた)とも顔見知りだった。後年、本田博俊が結婚する際には、浮谷の両親が仲人を務めている。浮谷東次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 国際ツーリングカー選手権

    国際ツーリングカー選手権から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    この代替レースは11月10日に鈴鹿サーキットで開催され、結果的にこれが最後のITCとなった。日本ラウンドと言うことで、鈴木亜久里、関谷正徳、服部尚貴がゲスト参戦している。国際ツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

146件中 11 - 20件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード