165件中 11 - 20件表示
  • F1グランプリ

    F1グランプリから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    オープニングについては、2006年までは歴代の名車を再現したものなどやアラン・プロスト、ナイジェル・マンセル、ニキ・ラウダ、ジル・ヴィルヌーヴ、中嶋悟、鈴木亜久里、片山右京、アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハの名ドライバーを中心にCGを多用したものが使用され、THE SQUAREの『TRUTH』のテーマ曲と共にF1名物となっていた。F1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 土屋圭市

    土屋圭市から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    2000年にJGTCではARTAへと移籍。2003年からはブリヂストンの開発ドライバーにも抜擢。「BS(ブリヂストン)を履いて戦うということは、表彰台が約束されているということに他ならない」という言葉を残し、早速この年1勝、翌2001年はオーナードライバーだった鈴木亜久里の引退に伴い金石勝智にパートナーが代わるも、この年も1勝を挙げ、ランキング2位を獲得した。土屋圭市 フレッシュアイペディアより)

  • リジェ

    リジェから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    前年限りでベネトンを離脱したトム・ウォーキンショーが、リジェの株式の50%を購入しブリアトーレとともにリジェの共同オーナーに就任。ニューマシンJS41は、ベネトン・B195に細部まで形状が酷似していた。当時レギュレーションでは他チームによる同一マシンの使用は禁止されていたが、両チームはデザイナー移籍による偶然の一致だと主張した。エンジンはミナルディとの争奪戦の末に無限ホンダエンジンを獲得。ドライバーはパニスが残留し、チームメイトは無限の推する鈴木亜久里がフル参戦のはずだったが、ウォーキンショーは子飼いのブランドルとの併用を宣言。ブランドルが11戦、亜久里は6戦という変則的な参戦となった。この年はブランドルがベルギーGPで無限エンジン初の表彰台を獲得。パニスも最終戦オーストラリアGPで2位に入るなどしばしば速さを見せランキングは5位。亜久里はドイツGPで自身久々の入賞となる6位となるが、日本GPでは予選でクラッシュしドクターストップとなったため決勝は出走できず、結果的にこの日本GPの予選が亜久里にとって最後のF1参戦となった。リジェ フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    第15戦日本GPにおいて、予選4位となり、3位だったジェンソン・バトンがシンガポールGP後のギアボックス交換によりグリッド降格処分となったため3番グリッドからのスタートとなった。スタート直後にマーク・ウェバーをかわし2位に浮上するも、14周終了後の1度目のピットインの後、ダニエル・リカルドをオーバーテイクするのに17周目まで手間取ったこともあり、17周目にピットインしたフェリペ・マッサがピットイン後小林の前に入り再度3位となる。その後は終始ジェンソン・バトンに猛追されるもそのまま3位でゴール、日本人としては2004年アメリカGPでの佐藤琢磨以来8年ぶり、鈴鹿では1990年鈴木亜久里以来22年ぶりとなる、日本人3人目のF1GP表彰台登壇者となった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • アグリ

    アグリから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    アグリ フレッシュアイペディアより)

  • ばんせい山丸証券

    ばんせい山丸証券から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    「ばんせい証券」当時、鈴木亜久里が代表を務めたF1チーム・スーパーアグリF1チームに、大口スポンサーとして香港に拠点を持つという石油商社・SS UNITED GROUPを紹介、シーズンのチームの資金源となるはずであった。だが実際には一度もスポンサー料が払われることが無く、シーズン半ばで連絡も途絶えた。実際にはSS UNITED GROUPは実体のない会社であった。この件がもともと資金面に不安のあったスーパーアグリF1チームにとどめを刺す形となり、翌シーズン途中でチームはF1を撤退した。その後、ばんせい山丸証券は鈴木亜久里らを相手取って16億2000万円の返還を求める民事訴訟を起こし、東京地裁は、原告の訴えを100%認める判決を下した。この件について鈴木は、「資金を出す気のない企業とスポンサー契約を結ばされ、だまされた」と主張していた。ばんせい山丸証券 フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・T810/日産

    ローラ・T810/日産から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    日本国内では7月の富士500マイルがデビュー戦である。ドライバーは柳田春人/鈴木亜久里。予選5位とまずまずながら決勝はリタイヤ。この年はWEC-JAPANの8位が最高位であった。ローラ・T810/日産 フレッシュアイペディアより)

  • Team Honda Racing

    Team Honda Racingから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    この状況に対するホンダ陣営の体制強化の一環として、2005年よりARTAと童夢との合同チームとして「Team Honda Racing」が誕生、2台体制で参戦することとなった。総監督はARTAの鈴木亜久里、監督は童夢の中村卓哉という体制となり、ゼッケンナンバー、車名はそのまま存続されたが、メンテナンスは2台とも童夢が行った。2006年は亜久里がF1のスーパーアグリF1チームの運営に集中したいとのことで、当初監督・総監督ともに中村が指揮したが、第4戦以降、土屋圭市がARTA側の監督代行を務めている。Team Honda Racing フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンデス・レーシング

    フェルナンデス・レーシングから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    チームはチャンプカー・シリーズにフェルナンデスと中野信治を起用して参戦した。2003年は中野と契約を結ばず、フェルナンデスのみの1カー態勢に縮小して参戦したが、ポートランドで初勝利を記録した。一方IRLへは鈴木亜久里と手を組み、スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシング (Super Aguri Fernandez Racing) としてロジャー安川を参戦させた。翌2004年シーズンは開幕直前に参戦予定を変更、フェルナンデス自身もIRLへの参戦を決定する。フェルナンデスはケンタッキー、シカゴ、カリフォルニアと3勝を挙げた。フェルナンデス・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・194

    ジョーダン・194から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    ドライバーはルーベンス・バリチェロと昨年の日本GPからデビューを果たしたエディ・アーバインを起用した。アーバインが開幕戦ブラジルGPで多重クラッシュを起こし3戦出場停止処分を受け、第2戦パシフィックGPは鈴木亜久里、第3戦サンマリノGPと第4戦モナコGPはアンドレア・デ・チェザリスがアーバインの代役として出走した。ジョーダン・194 フレッシュアイペディアより)

165件中 11 - 20件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード