165件中 21 - 30件表示
  • ダニエル・オーデット

    ダニエル・オーデットから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    2005年、元F1ドライバーの鈴木亜久里に請われて、スーパーアグリの設立に参加した。鈴木はランボルギーニエンジンの供給先だったラルースのドライバーとして、以前からオーデットと面識があった。オーデットはスーパーアグリの本拠地としてリーフィールドの賃貸契約をまとめ、トム・ウォーキンショー・レーシング (TWR) の元スタッフを呼び集めた。参戦初年度の2006年は、アロウズ・A23を改装して参戦した。ダニエル・オーデット フレッシュアイペディアより)

  • オートバックス・スポーツカー研究所

    オートバックス・スポーツカー研究所から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    だが、ガライヤは、鈴木亜久里の「ARTA発足10年目の節目に復活させたい」との思いにより2007年に再びARTAからSUPER GTのGT300部門での再参戦を果たし、2012年まで参戦を続けていた。ただし、実際のメンテナンスや開発は2010年まではapr、2011年?2012年はアルネックスによるものであり、更に開発責任者であった解良喜久雄が退社している現在、ASLの活動自体は現在も休止状態にあると考えられる。オートバックス・スポーツカー研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・LC88

    ローラ・LC88から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1988年はラルースにとって二年目のシーズンであった。前年とは異なり、チームは2台体制でシーズンに臨んだ。ファーストドライバーのフィリップ・アリオーは全戦出場を果たしたが、セカンドドライバーのヤニック・ダルマスは病気のため終盤2戦を欠場、鈴木亜久里とピエール=アンリ・ラファネルが代役として出場した。LC88は戦闘力に欠け、ドライバーはポイントを獲得することができなかった。最高成績はダルマスのモナコとアメリカでの7位で、アリオーは16戦中8回リタイアした。ダルマスは14戦中4回リタイアしたが、カナダでは予選落ちしている。LC88の低パフォーマンスで、ベラミーはローラを解雇された。ローラ・LC88 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道スピードパーク

    北海道スピードパークから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    日本自動車連盟(JAF)の公認レースや日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)の公認レースなど、全日本クラスのレースが開催された事もあり、鈴木亜久里や松本恵二といったレーシングドライバー、青木治親などのライダーを始め数多くの有名人が訪れた事もあった。現在は、公認をおりている。北海道スピードパーク フレッシュアイペディアより)

  • 2005年日本グランプリ (4輪)

    2005年日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    日本GP前の会見にて、ホンダがBARの全株式買収(フルワークス化)を発表。さらに、来期より参戦する新チームに対してエンジン供給を行う用意があると発表した。この新チームはのちにスーパーアグリと判明するが、テレビ解説者として鈴鹿入りした鈴木亜久里は、この時点では噂を否定していた。2005年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のF1世界選手権

    2006年のF1世界選手権から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    元F1ドライバーの鈴木亜久里がオーナーを務めるスーパーアグリは、エントリー承認まで紆余曲折があったものの、ホンダエンジン・ブリヂストンタイヤ・日本人ドライバーという「純日本チーム体制」で参戦することになった(活動拠点はイギリスに置かれる)。日本国籍のプライベーターチームは1977年日本GPにスポット参戦したコジマ以来29年振りである。2006年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 林克洋

    林克洋から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    鈴木亜久里のF1スーパードライビング林克洋 フレッシュアイペディアより)

  • 花壇自動車大学校

    花壇自動車大学校から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    設置者は、学校法人 角川学園。非常勤講師には鈴木亜久里がいる。花壇自動車大学校 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年日本グランプリ (4輪)

    1988年日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    プロストに次ぐ3位には昨年のポールシッターのフェラーリのベルガーが、続く4位にはマーチ・ジャッドのイヴァン・カペリがつけた。またこのレースがF1デビューとなるラルース・ローラ・コスワースの鈴木亜久里は20位となった。1988年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年日本グランプリ (4輪)

    2004年日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    2004年シーズンはすでにドライバーズ/コンストラクターズ両選手権ともチャンピオンが決定しており、注目点はB・A・Rとルノーのコンストラクターズ2位争いであった。B・A・Rの佐藤琢磨はアメリカGPで自身初の3位表彰台を経験しており、1990年日本GPの鈴木亜久里以来となる日本GPでの表彰台獲得が期待された。2004年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

165件中 21 - 30件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード