146件中 21 - 30件表示
  • 鈴木あぐり

    鈴木あぐりから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    鈴木あぐり フレッシュアイペディアより)

  • ヤニック・ダルマス

    ヤニック・ダルマスから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    ダルマスは1988年日本グランプリを中耳炎のために欠場した。この代役として鈴木亜久里がF1デビューを果たした。ヤニック・ダルマス フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のインディカー・シリーズ

    2003年のインディカー・シリーズから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    上記の通り、ホンダがIRLにエンジンを供給するようになったのに伴い、ツインリンクもてぎでの一戦もこの年からIRLのシリーズ戦として行われるようになり、IRL史上初のアメリカ以外でのシリーズ戦として開催されるようになった。また、鈴木亜久里がメキシコ人ドライバーエイドリアン・フェルナンデス(自身はこの年はCARTでの参戦を継続)と手を組み、ロジャー安川を擁してスーパーアグリ・フェルナンデス・レーシングとして参戦を開始したのもこの年である。2003年のインディカー・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のインディカー・シリーズ

    2004年のインディカー・シリーズから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    上記の通り、ウェルドンの勝利によって、ホンダはようやく自らが所有するもてぎでの1勝をあげることができた。また、鈴木亜久里が共同オーナーとして参戦したスーパーアグリ・フェルナンデス・レーシングはロジャー安川(この年はレイホール・レターマン・レーシングからもてぎ・インディ500のスポット参戦のみ)に代わって松浦孝亮を起用した。最上位はケンタッキーでの4位にとどまるが、トップチームからデビューしたルーキーがいなかったこともあり、インディ500・シーズン双方のルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。一方共同オーナーのもう一人であるエイドリアン・フェルナンデスはチャンプカーの開幕前発表会に参加しながらも参戦予定を一転し、第2戦からインディカー・シリーズに参戦、シーズン後半に3勝をあげた。シーズン前から参戦を計画していれば、と思わせる成績をあげたが、地元メキシコでの露出機会がなくなったことでスポンサーを失い、インディカー・シリーズのレギュラー参戦はこの年のみとなった。2004年のインディカー・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1960年のスポーツ

    1960年のスポーツから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    9月8日 - 鈴木亜久里(東京都、レーシングドライバー)1960年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ばんせい山丸証券

    ばんせい山丸証券から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    「ばんせい証券」当時、鈴木亜久里が代表を務めたF1チーム・スーパーアグリF1チームに、大口スポンサーとして香港に拠点を持つという石油商社・SS UNITED GROUPを紹介、シーズンのチームの資金源となるはずであった。だが実際には一度もスポンサー料が払われることが無く、シーズン半ばで連絡も途絶えた。実際にはSS UNITED GROUPは実体のない会社であった。この件がもともと資金面に不安のあったスーパーアグリF1チームにとどめを刺す形となり、翌シーズン途中でチームはF1を撤退した。その後、ばんせい山丸証券は鈴木亜久里らを相手取って16億2000万円の返還を求める民事訴訟を起こし、東京地裁は、原告の訴えを100%認める判決を下した。この件について鈴木は、「資金を出す気のない企業とスポンサー契約を結ばされ、だまされた」と主張していた。ばんせい山丸証券 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年ブラジルグランプリ

    1989年ブラジルグランプリから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    予備予選を通過したのは、ブラバムの2台、ユーロブルンのフォイテク、オゼッラのラリーニ、ザクスピードのシュナイダーだった。鈴木亜久里は11位で、予備予選の通過に失敗した。1989年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道スピードパーク

    北海道スピードパークから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    日本自動車連盟(JAF)の公認レースや日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)の公認レースなど、全日本クラスのレースが開催された事もあり、鈴木亜久里や松本恵二といったレーシングドライバー、青木治親などのライダーを始め数多くの有名人が訪れた事もあった。現在は、公認をおりている。北海道スピードパーク フレッシュアイペディアより)

  • 日産・VRH35

    日産・VRH35から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1997年は、予備予選でトップタイムをたたき出すほどのマシンポテンシャルを見せ付けるのだが、その後、レギュレーション解釈の違いによってトランク部の改造を余儀なくされ、ミッションの冷却がうまくいかなくなり、ミッショントラブルが続出してしまい、不本意な結果となる。翌1998年は、他のマシンに対して明らかなポテンシャル不足で一発の速さが不足していた。それでも手堅いマシン作りで信頼性に優れ、着実に24時間走りきり、日本人トリオ(星野一義・鈴木亜久里・影山正彦)の手によって総合3位(当時日本人トリオでのル・マン最高位。翌1999年にトヨタGT-One TS020で片山右京・土屋圭市・鈴木利男組が総合2位を獲得し、記録は塗り替えられた)を獲得した。日産・VRH35 フレッシュアイペディアより)

  • テレビのちから

    テレビのちからから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    小林可夢偉 - 「天才カート少年」として当時小学6年生だった小林を定岡正二が紹介。鈴木亜久里と15周のカート対決をした。テレビのちから フレッシュアイペディアより)

146件中 21 - 30件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード