165件中 31 - 40件表示
  • 1995年日本グランプリ (4輪)

    1995年日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    予選2回目、リジェの鈴木亜久里がタイムアタック中にS字コーナー入口でスピンし、後ろ向きでバリアに激突。鈴木は背中を強打して病院へ搬送され、決勝は不出場となった。1988年にF1デビューし、1990年には3位表彰台を獲得した想い出の日本GPが、鈴木にとって最後のF1レースとなった。1995年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1994年パシフィックグランプリ

    1994年パシフィックグランプリから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    ジョーダンのエディ・アーバインは開幕戦ブラジルGPの多重接触事故の原因をつくったとして、3戦出場停止処分を受けた。アーバインの代役として、今季のレギュラーシートを失った鈴木亜久里がスポット参戦した。1994年パシフィックグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 国際ツーリングカー選手権

    国際ツーリングカー選手権から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    この代替レースは11月10日に鈴鹿サーキットで開催され、結果的にこれが最後のITCとなった。日本ラウンドと言うことで、鈴木亜久里、関谷正徳、服部尚貴がゲスト参戦している。国際ツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年日本グランプリ (4輪)

    1991年日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    ティレル・ホンダの中嶋は、ホンダが「ベストのエンジン」と太鼓判を押すエンジンを用意してきたものの、シーズンを通じての懸案であったマシンバランスが悪く15位に低迷し、チームメイトのモデナも14位に終わった。前年に3位表彰台に上ったラルース・ローラ・コスワースの鈴木亜久里は、パワーに欠けるマシンに手こずり25位、コローニ・コスワースからスポット参戦となった服部尚貴は、マシンの性能が低い上にマシントラブルが影響し予備予選落ちとなった。1991年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 1992年日本グランプリ (4輪)

    1992年日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    日本人ドライバーは、フットワークの鈴木亜久里が16位、ヴェンチュリの片山右京が20位となった。1992年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    ちなみに、中嶋悟や鈴木亜久里が現役時代の頃、作者の住まいの近所に中嶋悟そっくりの顔をした店主が勤めるラーメン屋があったらしい(それをネタにしたこともある)。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • ラルース・LH93

    ラルース・LH93から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    シーズン開幕戦はコマス、アリオー共にリタイアとなったが、チームにとっては手応えのある展開であった。第2戦ブラジルでは両者共に完走し、アリオーは7位とあと僅かでポイントを得ることができた。第3戦ドニントンは雨のレースとなり、アリオーはクラッシュしたがコマスは4週遅れ、ローラのミケーレ・アルボレートを抑えて9位となった。ラルースの努力は第4戦イモラで実る。コマスはリタイアしたが、アリオーが5位入賞、値千金の2ポイントを獲得した。第5戦スペインでアリオーとコマスはテールツーノーズのバトルを繰り広げるが、26週目にアリオーのギアボックスが壊れリタイアとなった。コマスはマーク・ブランデル、クリスチャン・フィッティパルディ、鈴木亜久里とのバトルを制して9位でフィニッシュした。チームはこの後8戦連続で機械的トラブルが無くレースを終えることになる。この時点でチームは予算が尽き、ホッケンハイムまでパーツの更新が行えなかった。2台揃って完走するのは7ヶ月後のイタリアGPで、コマスはクラッシュが頻発する中生き残って6位入賞、チームにとってシーズン2度目のポイントを得た。残る4戦でリタイアは1度と、チームの状態は上向きにあるように見えた。ジェラール・ラルースはチーム運営資金を得るため日本とオーストラリアでアリオーに代えて鈴木利男を起用しなければならなかった。ラルース・LH93 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィトール・メイラ

    ヴィトール・メイラから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    2008年、パンサー・レーシングは陸軍州兵がメインスポンサーとなり、デルファイはセカンドスポンサーとなった。しかしながら鈴木亜久里が支援する武藤英紀がアンドレッティ・グリーン・レーシングから出走する余波を受け、1台体制での参戦を余儀なくされた。ヴィトール・メイラ フレッシュアイペディアより)

  • ジェラール・ドゥカルージュ

    ジェラール・ドゥカルージュから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1988年にロータスを離れ、ラルースに移籍し、テクニカルディレクターを務める。1990年のマシンLC90は鈴木亜久里のドライブにより日本グランプリにてチーム最高の3位入賞を果たす。ジェラール・ドゥカルージュ フレッシュアイペディアより)

  • 都平健二

    都平健二から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1988年 全日本ツーリングカー選手権 (JTC)に、鈴木亜久里/アンダース・オロフソン等とスカイラインGTS-R(R31)で参戦。都平健二 フレッシュアイペディアより)

165件中 31 - 40件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード