146件中 41 - 50件表示
  • トム・ウォーキンショー

    トム・ウォーキンショーから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    日本においては、1995年にリジェと契約した鈴木亜久里の扱いを巡るトラブルなどが知られている。また1997年のシーズンオフに、当時アロウズにエンジンを供給していたヤマハ発動機に対し、ウォーキンショーが傘下に収めていたハートエンジンへの出資を迫ったこと(ヤマハのエンジンはいらないが金は欲しい、ということ。結局ヤマハはこれを拒否しF1から撤退した)もあった。これらの要因もあり、日本国内のメディアで良いイメージで語られることは少ない。トム・ウォーキンショー フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・R36V

    トヨタ・R36Vから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    翌1999年にはLMGTPクラスで参戦、1インチ小さくなったタイヤと燃料タンク容量が10リッター削減された規定に合わせて細部をリファインした改良型を投入。前年の不運があったとは言え、その圧倒した速さから5つのワークスチームの中で誰もが本命視していた。予選はポール獲得、決勝でも快調に3台のマシンは周回を重ねるが、タイヤバーストや駆動系トラブル、クラッシュ等により本命と言われていた1号車・2号車が深夜のうちに脱落する予想外の展開。残ったバックアップ役の日本人組(片山右京/鈴木利男/土屋圭市)がドライブする3号車にチームの総力を注ぎ、残り1時間の時点でBMW V12 LMRに次ぐ2位。片山が終盤ファステストラップの連続で追い詰め、BMW V12 LMRに22秒差まで猛追するが、その後不運にも328km/hの速度でタイヤが突如バースト。スピンすることなく体勢を立て直しピットまで戻るが、この時点でまたしても栄光を逃がしてしまった(日本人トリオの2位は前年の星野一義/鈴木亜久里/影山正彦の日産・R390(32号車)の3位を上回る最高位)。トヨタ・R36V フレッシュアイペディアより)

  • ATTESA E-TS

    ATTESA E-TSから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    開発最終段階で、当時スカイラインGTS-RグループA仕様で全日本ツーリングカー選手権に参戦していた鈴木亜久里に、同型車へ当システムが組み込まれたプロトタイプを事実関係を伏せたままテスト走行させたところ、ピットに戻ると同時に「何、この車、どうなっちゃったの、こんなトラクションかけられるタイヤができあがったの?」と、驚愕の感想をスタッフへ語ったという。ATTESA E-TS フレッシュアイペディアより)

  • 1995年のF1世界選手権

    1995年のF1世界選手権から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    鈴木亜久里がリジェのマーティン・ブランドルとシートを分け合う形でF1復帰。日本GP予選で負傷し、現役を引退。亜久里の他に、マンセル、ピエルルイジ・マルティニ、ロベルト・モレノ、ベルトラン・ガショー、マーク・ブランデル、カール・ヴェンドリンガーといったドライバーもF1から引退した。1995年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ニシケン

    ニシケンから見たアグリ鈴木亜久里

    以後、印刷、環境、ペット、アグリ事業にも手を広げる。ニシケン フレッシュアイペディアより)

  • レイナード

    レイナードから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1988年にレイナードは、当時としては初めてのフルカーボンモノコックで国際F3000に参戦。デビューレースでデビューウインを飾った。当時の国際F3000はローラとマーチがシェアを誇っていたカテゴリーであったが、レイナードの速さに他のチームがレイナードへマシンチェンジを行い、同年の国際F3000ではロベルト・モレノがチャンピオンとなった。また全日本F3000選手権にもシーズン途中に登場し、鈴木亜久里によってチャンピオンになった。レイナード フレッシュアイペディアより)

  • 朝日ソーラー

    朝日ソーラーから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    また、最近では、別府大分毎日マラソンのメインスポンサーや、鈴木亜久里率いるF1チーム、スーパーアグリF1チームのスポンサーになっている。朝日ソーラー フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・LC90

    ローラ・LC90から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    エンジンは昨年に引き続きランボルギーニを搭載、タイヤはグッドイヤーを装着。ドライバーはエリック・ベルナールと鈴木亜久里を起用。ローラ・LC90 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年日本グランプリ (4輪)

    1988年日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    プロストに次ぐ3位には昨年のポールシッターのフェラーリのベルガーが、続く4位にはマーチ・ジャッドのイヴァン・カペリがつけた。またこのレースがF1デビューとなるラルース・ローラ・コスワースの鈴木亜久里は20位となった。1988年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 萩原光

    萩原光から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    東海大学に在学していた1977年7月に富士1000kmでレースデビュー。1981年、全日本F3選手権シリーズ2位。翌1982年には全日本フォーミュラ・パシフィックに参戦し、同年秋、全日本F2選手権デビュー。1983年から世界耐久選手権(WEC)や全日本ツーリングカー選手権(JTC、1985年から参戦)、全日本耐久選手権(当時)などのレースにて活躍。1986年、ニッサン初参戦となるル・マン24時間レースのドライバーに決定していたが、それを目前にした4月7日にレイトンハウスのメルセデス・ベンツ 190E2.3-16のテスト走行中、スポーツランド菅生(当時)の2コーナーでコースアウトしクラッシュ。マシンは炎上し、そのまま息を引き取った。享年29。ル・マンには代役として鈴木亜久里が参戦した(結果は総合16位ながら完走)。萩原光 フレッシュアイペディアより)

146件中 41 - 50件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード