165件中 41 - 50件表示
  • 1989年ブラジルグランプリ

    1989年ブラジルグランプリから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    予備予選を通過したのは、ブラバムの2台、ユーロブルンのフォイテク、オゼッラのラリーニ、ザクスピードのシュナイダーだった。鈴木亜久里は11位で、予備予選の通過に失敗した。1989年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 升本琢也

    升本琢也から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    浜田大明神出張バージョンの企画では自ら鈴木亜久里を参拝に案内する様子がOAされた。(自身が出演する際は、「茶色のスーツ」を着用する事が多い)升本琢也 フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・LC90

    ローラ・LC90から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    ローラ・LC90 (Lola LC90) はラルースがのF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。ドライバーはにザクスピードで全16レースに予備予選落ちした日本人ドライバーの鈴木亜久里、そしてフランス人ドライバーエリック・ベルナールが起用された。ローラ・LC90 フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・カーズ

    ローラ・カーズから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1987年にラルースからシャシー開発を受託し(1989年まではコンストラクター名も「ローラ」だった)、1991年まで同チームにLCシリーズを供給した。1990年の日本グランプリでは、ランボルギーニエンジンを搭載したローラ(ラルース)のマシンを駆る鈴木亜久里が3位表彰台を獲得している。1991年も同チームにシャシーを開発・供給したが、チームの資金難もあって開発がまったく出来ないシーズンでもあった。またこの年をもってラルースへのシャシーの委託開発の契約が終了した。ローラ・カーズ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・VRH35

    日産・VRH35から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1997年のル・マン24時間レースでは予備予選でトップタイムを出すほどのマシンポテンシャルを見せ付けるのだが、その後、レギュレーション解釈の違いによってトランク部の改造を余儀なくされ、トランスミッションの冷却がうまくいかなくなりトラブルが続出してしまい、不本意な結果となった。翌1998年のル・マン24時間レースは、他のマシンに対して明らかなポテンシャル不足で一発の速さが不足していた。それでも手堅いマシン作りで信頼性に優れ、着実に24時間走りきり、日本人トリオ(星野一義・鈴木亜久里・影山正彦)の手によって総合3位(当時日本人トリオでのル・マン最高位。翌1999年のル・マン24時間レースにトヨタ・GT-One TS020で片山右京・土屋圭市・鈴木利男組が総合2位を獲得し、記録は塗り替えられた)を獲得した。日産・VRH35 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年のスポーツ

    1960年のスポーツから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    9月8日 - 鈴木亜久里(東京都、レーシングドライバー)1960年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 全日本ツーリングカー選手権 (1985年-1993年)

    全日本ツーリングカー選手権 (1985年-1993年)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    シリーズチャンピオンはR30スカイラインを駆った鈴木亜久里が獲得した。スカイライン2勝、スタリオン1勝、AE86カローラレビン1勝、AE82カローラFX1勝、ボルボ1勝(インターTEC2連覇)。全日本ツーリングカー選手権 (1985年-1993年) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木あぐり

    鈴木あぐりから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    鈴木あぐり フレッシュアイペディアより)

  • いまどき娘とハッスルオヤジ

    いまどき娘とハッスルオヤジから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    2000年11月25日放送。ツインリンクもてぎにてロケ収録、鈴木亜久里がゲスト。いまどき娘とハッスルオヤジ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年日本グランプリ (4輪)

    2012年日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    小林はバトンを抑えて3位を守り抜き、地元グランプリで自身初のF1表彰台を獲得した。日本人の表彰台獲得は1990年日本GPの鈴木亜久里、2004年アメリカGPの佐藤琢磨に続く3人目となった。表彰式の前には満員のグランドスタンドから「可夢偉コール」が発生し、小林は英語と日本語でファンの応援に対する感謝を述べた。2012年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

165件中 41 - 50件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード