146件中 51 - 60件表示
  • 兼子眞

    兼子眞から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    チェッカーモータースは会社でチェッカー・モータースポーツ・クラブを持っており、JAFの公認クラブ(加盟クラブではなくレースを主催できる)として筑波や富士でJAF公認のレース、選手権シリーズが掛かったレースを開催していたが、兼子眞はそれとは別に個人のチームFLATOUTを所有しており、そのオーナー兼監督を務めていた。FLATOUTは、国内最高峰となる全日本選手権レースに参戦するプロチームとして発足。ドライバーは1983年に関谷正徳。1984年(昭和59年)より鈴木亜久里を採用し現在のフォーミュラ・ニッポンの前身であるF-2、富士GCに参戦。1986年(昭和61年)には太田哲也との2台体制を確立し富士GC、F-3000に参戦するなど、デイブ・スコットやラッツェンバーカー、アンデルス・オロフソン等を含む多くの一流ドライバーを起用し、輝かしい成績を収めた。また1998年(平成10年)5月、太田哲也が多重事故に巻き込まれて瀕死の重傷を負った全日本GT選手権第2戦(富士スピードウェイ)で監督を務めていたのも兼子眞であり、太田哲也本人によるドキュメンタリー映画「クラッシュ」の中でも事故当時のことを語っている。そして、奇跡の生還を果たした太田哲也が過酷な治療とリハビリを乗り越えて挑んだ復帰レース「アルファチャレンジカップ・ユーロカップ」(2003年〈平成15年〉/アルファ・ロメオのワンメイクレース)で監督を務めたのもまた兼子眞である。兼子眞 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・R390

    日産・R390から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    翌1998年の参戦時には、1997年のマシンの弱点であったギアボックスの改善、ロングテール化などの空力改善、ウィリアムズF1チームからTCSやABSなどを導入するなどし、性能を向上させた。さらに日産とTWRの連携を確実にしてチーム体制を強化した。堅実なマシン作りで抜群の安定性をみせ、星野一義・鈴木亜久里・影山正彦の乗るマシンが総合3位を獲得し、ノバエンジニアリングからJOMOのスポンサードによってエントリーした前年度のマシンをアップデートさせた車両を含む出走した4台全車が10位以内で完走する健闘をみせた。日産・R390 フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・T810/日産

    ローラ・T810/日産から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    日本国内では7月の富士500マイルがデビュー戦である。ドライバーは柳田春人/鈴木亜久里。予選5位とまずまずながら決勝はリタイヤ。この年はWEC-JAPANの8位が最高位であった。ローラ・T810/日産 フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー安川

    ロジャー安川から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    2003年に鈴木亜久里率いる「スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシング」からインディカー・シリーズにフル参戦を開始するが、1年でシートを失う。その後2005年にドレイヤー&レインボールド・レーシングから再度インディカー・シリーズにフル参戦するが結果を残せず、2006年以降はインディ500等のイベントにスポット参戦するのみの状態が続いている。ロジャー安川 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年日本グランプリ (4輪)

    1995年日本グランプリ (4輪)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    予選2回目、リジェの鈴木亜久里がタイムアタック中にS字コーナー入口でスピンし、後ろ向きでバリアに激突。鈴木は背中を強打して病院へ搬送され、決勝は不出場となった。1988年にF1デビューし、1990年には3位表彰台を獲得した想い出の日本GPが、鈴木にとって最後のF1レースとなった。1995年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカグランプリ

    アメリカグランプリから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    2004年のレースでは、B・A・Rホンダの佐藤琢磨が、1990年日本GPの鈴木亜久里以来日本人として14年ぶりの表彰台(3位)を獲得した。アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のF1世界選手権

    1989年のF1世界選手権から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    この年からフル参戦したザクスピード・ヤマハの鈴木亜久里は全戦予備予選落ちした。1989年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィトール・メイラ

    ヴィトール・メイラから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    2008年、パンサー・レーシングは陸軍州兵がメインスポンサーとなり、デルファイはセカンドスポンサーとなった。しかしながら鈴木亜久里が支援する武藤英紀がアンドレッティ・グリーン・レーシングから出走する余波を受け、1台体制での参戦を余儀なくされた。ヴィトール・メイラ フレッシュアイペディアより)

  • ザクスピード

    ザクスピードから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    F1出場の最後の年となった1989年、レギュレーションによりターボエンジンの使用が禁止されたため、ザクスピードはヤマハ製のエンジンを使うことになった。このエンジンは信頼性に欠けており、開幕戦の1989年ブラジルグランプリと第15戦の日本GPではベルント・シュナイダーが決勝まで進出することに成功したが、それ以外のレースは全て予備予選不通過となった。鈴木亜久里がザクスピードから初のフル参戦を果たしたが、こちらは全戦で予備予選不通過となった。ザクスピード フレッシュアイペディアより)

  • ベルント・シュナイダー (レーサー)

    ベルント・シュナイダー (レーサー)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1988年にはザクスピードよりF1デビューを果たす。しかしザクスピードのマシンは戦闘力が大きく不足しており、シュナイダーは10回の予選落ちを喫した。1989年も同チームからの参戦を継続したが、新規参入のヤマハ製エンジンを搭載するマシンで苦戦し、14回の予備予選不通過を記録し、決勝に進出した2レースもともにリタイヤした。このときのチームメイト、鈴木亜久里は全レースで予備予選不通過となった。ベルント・シュナイダー (レーサー) フレッシュアイペディアより)

146件中 51 - 60件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード