146件中 61 - 70件表示
  • マーティン・ブランドル

    マーティン・ブランドルから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1995年はオリビエ・パニスのチームメイトとして、2年ぶりにリジェに復帰した。しかしこれは、既にエンジン供給先の無限との関係で、日本人の鈴木亜久里が先にシートを得ていたものを、ジャガーのスポーツカーレース時代から縁のあるトム・ウォーキンショーが強引にねじ込むという、曰く付きなものだった。マーティン・ブランドル フレッシュアイペディアより)

  • ザクスピード・891

    ザクスピード・891から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    前年の成績により、1989年のザクスピードは予備予選への出走を課された。ドライバーはフル参戦2年目のベルント・シュナイダーとフル参戦初年度の鈴木亜久里だったが、両者ともマシンの競争力に苦しめられた。全16戦のうちシュナイダーがブラジルGPと日本GPの2戦で決勝に進出した他は、全て予備予選不通過となった。また、決勝に進出した2レースはいずれもリタイアに終わった。ザクスピード・891 フレッシュアイペディアより)

  • フットワーク・FA13

    フットワーク・FA13から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    フットワーク・FA13は、フットワーク・アロウズが1992年のF1世界選手権参戦用に開発し投入したフォーミュラカー。デザイナーはアラン・ジェンキンス。ミケーレ・アルボレートと鈴木亜久里がドライブした。フットワーク・FA13 フレッシュアイペディアより)

  • フットワーク・FA14

    フットワーク・FA14から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    フットワーク・FA14は、フットワーク・アロウズが1993年のF1世界選手権参戦用に開発し投入したフォーミュラカー。3年ぶりにF1に復帰したデレック・ワーウィックとチーム2年目の鈴木亜久里がドライブした。フットワーク・FA14 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンニ・モルビデリ

    ジャンニ・モルビデリから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1994年、鈴木亜久里が失ったシートに収まる形でアロウズと契約しF1復帰。再びクリスチャン・フィッティパルディとコンビを組む。開幕戦ブラジルGPでいきなり予選6位を獲得するも5周でギアボックストラブルによりリタイア、第2戦パシフィックGPでは、終盤5位を走行しながらエンジントラブルに見舞われるなど、前半8戦は全てリタイアに終わった。ジャンニ・モルビデリ フレッシュアイペディアより)

  • ファブリツィオ・バルバッツァ

    ファブリツィオ・バルバッツァから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1993年はミナルディと契約し、再びF1に参戦。開幕戦の南アフリカGPにて予選を24位で通過し、初めて決勝を走るが、鈴木亜久里に接触しリタイヤ。この際、亜久里が激しい怒りを見せる一幕もあった。また、続く第2戦ブラジルGPでも、スタートでマーティン・ブランドルと接触し、0周リタイヤとなっている。ファブリツィオ・バルバッツァ フレッシュアイペディアより)

  • アロウズ

    アロウズから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1992年には無限のエンジンを使用。これに伴い、鈴木亜久里がチームに加わる。エースドライバーのミケーレ・アルボレートがリタイアわずか2回という堅実な走りでチームを引っ張った。7位が6回とすんでのところでポイント獲得を逃すことが多かったものの、対照的に、亜久里は駆動系などにトラブルを多く抱え、シャシーも長身の亜久里に合わないなどの問題があり、入賞することが出来なかった。但し、当時はまだHパターンのギヤボックスが主流であった中、シーケンシャルタイプのギヤボックスを開発するなど技術的な進歩も見られた。アロウズ フレッシュアイペディアより)

  • オートバックス・スポーツカー研究所

    オートバックス・スポーツカー研究所から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    だが、ガライヤは、鈴木亜久里の「ARTA発足10年目の節目に復活させたい」との思いにより2007年に再びARTAからSUPER GTのGT300部門での再参戦を果たし、2012年まで参戦を続けている。とはいえ、実際のメンテナンスや開発は2010年まではapr、2011年からはアルネックスの手によって行われている。更に開発責任者であった解良喜久雄が退社している現在、ASLの活動自体は現在も休止状態にあると考えられる。オートバックス・スポーツカー研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ASL・ガライヤ

    ASL・ガライヤから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    しかし2007年、鈴木亜久里の「ARTA発足10年目の節目に復活させたい」という思いから、2005年と同じ布陣で再びGT300クラスに参戦することが決まった。そのため急遽フランスのオートバックス店舗にて展示されていた車両を日本へ戻し、現行レギュレーションに合わせた変更を実施するなどかなり慌しい参戦準備となった。1年のブランクがあったものの元々速いマシンが故か、公式テストでは他に引けを取らないポテンシャルを見せた。シーズンでは開幕直後こそトラブル等で芳しくない成績を残していたが、第3戦富士で見事に優勝を果たした。が、ドライバーズランキングは4位、チームは総合6位に留まっており、結局総合的には本領を発揮できずに終わってしまった。2008年の東京オートサロンではARTA Garaiyaの展示が復活、GT500クラスのARTA NSXと並べて展示された。ASL・ガライヤ フレッシュアイペディアより)

  • デレック・ワーウィック

    デレック・ワーウィックから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    前年の活躍をきっかけに、1993年にはフットワークからF1に復帰。前半戦の苦戦から一転し、後半戦に調子を上げるも、入賞は4位・6位がそれぞれ1回ずつとなった(ただし、チームメイトの鈴木亜久里はノーポイント)。予選では亜久里に9勝7敗だった。デレック・ワーウィック フレッシュアイペディアより)

146件中 61 - 70件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード