165件中 61 - 70件表示
  • ヒーローズレーシング

    ヒーローズレーシングから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1995年にメインスポンサーであったCABINの撤退に伴いレース活動の停止を余儀なくされる。翌年より鈴木亜久里が興した新チーム・SUPER AGURIとジョイントする形でチームは消滅し、田中は同チームの監督に就任した。ヒーローズレーシング フレッシュアイペディアより)

  • 宮坂宏

    宮坂宏から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1985年ムーンクラフト株式会社に入社1992まで在籍。取締役開発部長として設計開発およびレース部門の指揮をとる。自動車メーカーから受託の試作車の設計、競技用車輌の開発、設計等、鈴木亜久里、片山右京、中谷明彦、服部尚貴らのレースエンジニアを務める。1988年は3戦、89年はフルシーズン、ヨーロッパの国際F3000シリーズに参戦する。ドライバーは鈴木亜久里、片山右京。宮坂宏 フレッシュアイペディアより)

  • 生沢徹

    生沢徹から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    式場や浮谷、本田、杉江博愛(後の徳大寺有恒)、福澤幸雄、浅岡重輝などの日本のモータースポーツ草創期を支えた人物達とはレース仲間かつ、キャンティやホテルオークラの「カメリア」などで同席する遊び仲間であった。式場、杉江らが設立したレーシングメイトは生沢のレースマネージメントに協力していた。仲間の1人だった鈴木正士の息子、鈴木亜久里は生沢のi&iレーシングから全日本F3選手権にデビューしている。生沢徹 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日ソーラー

    朝日ソーラーから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    また、最近では、別府大分毎日マラソンのメインスポンサーや、鈴木亜久里率いるF1チーム、スーパーアグリF1チームのスポンサーになっている。朝日ソーラー フレッシュアイペディアより)

  • 全日本ツーリングカー選手権 (1994年-1998年)

    全日本ツーリングカー選手権 (1994年-1998年)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    最終戦の富士スピードウェイインターTECでは、ランキングトップのトム・クリステンセン(コロナ)、2番手のスティーブ・ソパー(BMW318i)、そして3番手の関谷正徳(コロナ)の順でレースが始まったが、第1レース(第17戦)でクリステンセンが入賞圏外に後退すると、ソパーもリタイヤを喫した。続く第2レース(第18戦)では追いすがるソパーに対し、チームメイトの鈴木亜久里の掩護もあって、関谷が逆転シリーズチャンピオンを獲得した。全日本ツーリングカー選手権 (1994年-1998年) フレッシュアイペディアより)

  • ファミリーサーキット

    ファミリーサーキットから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    あぐり - フットワークグループのカラーのマシンを操る。ファミリーサーキット フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    11月1日 - 鈴木亜久里が新レーシングチーム「スーパーアグリ・フォーミュラ1」を発足、F1に参加申請を済ませた事を正式に発表。日本人が個人でF1のチームオーナーになるのは史上初。ホンダからエンジン供給を、ブリヂストンからタイヤ供給を受ける予定で、ドライバーには佐藤琢磨を起用する方向で交渉中。2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のF1世界選手権

    1994年のF1世界選手権から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    メインスポンサーのないティレルの健闘が光った。マーク・ブランデルがスペインGPで3位表彰台を獲得。片山右京はドイツGPの予選およびハンガリーGPの予選において、当時の日本人選手の最上位である5位を記録した(これまでの最上位は1988年の日本GPとメキシコGPで中嶋悟と1993年のベルギーGPで鈴木亜久里が記録した6位)。同レースで好スタートを切り2位に浮上し、6周でマシントラブルでリタイヤするまで3位を走り続けた。1994年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 本田博俊

    本田博俊から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    日大豊山高校から日本大学理工学部へ入学後、芸術学部に転部し、工業デザイナーを志望する。大学時代の恩師由良玲吉は由良拓也(ムーンクラフト社長)の父親だった。浮谷や生沢徹といった戦後のレース界のスターとは同級生だった。妻と出会ったのも浮谷の紹介で、本田の結婚式の仲人は、浮谷の両親だった。浮谷が林みのる(童夢創業者)らとホンダ・S600のカスタムカーを製作した際には、「つや消しの黒色に塗ったほうが格好いい」と提案し、このマシンは通称「カラス」と呼ばれた。また、鈴木亜久里の父親である鈴木正士とも友人だった。本田博俊 フレッシュアイペディアより)

  • ATTESA E-TS

    ATTESA E-TSから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    開発最終段階で、当時スカイラインGTS-RグループA仕様で全日本ツーリングカー選手権に参戦していた鈴木亜久里に、同型車へ当システムが組み込まれたプロトタイプを事実関係を伏せたままテスト走行させたところ、ピットに戻ると同時に「何、この車、どうなっちゃったの、こんなトラクションかけられるタイヤができあがったの?」と、驚愕の感想をスタッフへ語ったという。ATTESA E-TS フレッシュアイペディアより)

165件中 61 - 70件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード