165件中 71 - 80件表示
  • サマンサタバサ

    サマンサタバサから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    スーパーアグリF1チーム‐チームオーナーの鈴木亜久里と知り合いだったことから、参戦初年度から撤退まで、プロモーショナルパートナーとして支援していた。サマンサタバサ フレッシュアイペディアより)

  • イヴァン・カペリ

    イヴァン・カペリから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    2006年の日本GPにおいては、かつての愛車・レイトンハウスCG891に乗り、ゲルハルト・ベルガー(マクラーレンMP4/6)、鈴木亜久里(ラルース・ローラLC90)と共にデモランを行った。イヴァン・カペリ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋徹 (レーサー)

    高橋徹 (レーサー)から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1982年、FJ1600に乗る傍ら、全日本F3選手権にもハヤシレーシングからマシンレンタルと言う形で参戦。チームメイトであった鈴木亜久里を上回る成績を残す。同年12月には生沢徹率いるレーシングチームi&iの富士スピードウェイでのGC車テストに参加、同じくテストに参加していた鈴木利男を上回るタイムを叩き出す(鈴木は同年3月に起こしたクラッシュで本調子ではなかったことも一因)。そのことが生沢と懇意にしていたヒーローズレーシングのオーナー田中弘の耳にも届き、後に契約。当初は星野一義との2人体制で1983年シーズンを戦う予定だったが、星野はシーズンオフにヒーローズレーシングを電撃離脱しホシノインパルの関連子会社としてレーシングマネジメント会社ホシノレーシングを設立。ナンバーワンドライバーを失ったヒーローズレーシングは急遽高橋徹をエースドライバーとして擁立することとなった。こうして類い稀なる才能と多くの支援者によって下級カテゴリーを僅か3年半で通過、全日本のトップカテゴリー、フォーミュラ2に駆け上がった。しかし資金もなく仕事に追われていたため、高橋の練習・経験不足は明らかで、危ないスピンを何回か繰り返していたといわれる。高橋徹 (レーサー) フレッシュアイペディアより)

  • 兼子眞

    兼子眞から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    チェッカーモータースは会社でチェッカー・モータースポーツ・クラブを持っており、JAFの公認クラブ(加盟クラブではなくレースを主催できる)として筑波や富士でJAF公認のレース、選手権シリーズが掛かったレースを開催していたが、兼子眞はそれとは別に個人のチームFLATOUTを所有しており、そのオーナー兼監督を務めていた。FLATOUTは、国内最高峰となる全日本選手権レースに参戦するプロチームとして発足。ドライバーは1983年に関谷正徳。1984年(昭和59年)より鈴木亜久里を採用し現在のフォーミュラ・ニッポンの前身であるF-2、富士GCに参戦。1986年(昭和61年)には太田哲也との2台体制を確立し富士GC、F-3000に参戦するなど、デイブ・スコットやラッツェンバーカー、アンデルス・オロフソン等を含む多くの一流ドライバーを起用し、輝かしい成績を収めた。また1998年(平成10年)5月、太田哲也が多重事故に巻き込まれて瀕死の重傷を負った全日本GT選手権第2戦(富士スピードウェイ)で監督を務めていたのも兼子眞であり、太田哲也本人によるドキュメンタリー映画「クラッシュ」の中でも事故当時のことを語っている。そして、奇跡の生還を果たした太田哲也が過酷な治療とリハビリを乗り越えて挑んだ復帰レース「アルファチャレンジカップ・ユーロカップ」(2003年〈平成15年〉/アルファ・ロメオのワンメイクレース)で監督を務めたのもまた兼子眞である。兼子眞 フレッシュアイペディアより)

  • スカイラインのモータースポーツ活動

    スカイラインのモータースポーツ活動から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    鈴木亜久里がドライバーズ・タイトル獲得、メイクス部門と二冠。スカイラインのモータースポーツ活動 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・R390

    日産・R390から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    翌1998年(平成10年)の参戦時には、前年型マシンの弱点であったギアボックス冷却の改善、ロングテール化などの空力改善、ウィリアムズF1チームからTCSやABSなどを導入するなどし、性能を向上させた。さらに日産とTWRの連携を確実にしてチーム体制を強化した。堅実なマシン作りで抜群の安定性をみせ、星野一義・鈴木亜久里・影山正彦の乗るマシンが総合3位を獲得し、ノバエンジニアリングからJOMOのスポンサードによってエントリーした前年度のマシンをアップデートさせた車両を含む出走した4台全車が10位以内で完走する健闘をみせた。日産・R390 フレッシュアイペディアより)

  • ピストン西沢

    ピストン西沢から見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    車好きとして知られ、自動車雑誌に新車評を寄稿する他、ベストモータリングでは本人自ら出演もしている。その関係もあり、土屋圭市や鈴木亜久里、片山右京、川井一仁などのモータースポーツOB・関係者や伊藤大輔、本山哲、脇阪寿一を初めとするGTドライバーや今村陽一、熊久保信重などのD1ドライバーとも親交があり、業界内では顔が広い。また、日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員を務めるほか、さらには、レーサーとしてインテグラレース(2003年には予選3位を獲得)やスーパー耐久などに参戦するなどしている(自らをプロのアマチュアレーサーと称している)。2005年11月20日にツインリンクもてぎにて行われたスーパー耐久シリーズ第8戦ではTUBEの松本玲二と共にST4クラスに参戦し、優勝。2007年はロータス・エリーゼのみのワンメイクレース、ロータスカップジャパンに参戦、全4戦中、3戦で優勝を飾った。ピストン西沢 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アメリカグランプリ

    2004年アメリカグランプリから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    この順位のままチェッカーを受け、ミハエルが今シーズン8勝目を上げ、圧倒的な強さで前半戦を終了した。また、琢磨が1990年日本GPの鈴木亜久里以来、14年ぶりの日本人表彰台を獲得した。そして、8位にはミナルディのゾルト・バウムガルトナーが自身初ポイントを獲得。ミナルディにとっても2002年開幕戦オーストラリアGP以来のポイントとなった。完走は9台のサバイバルレースだった。2004年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・フォーミュラ

    ベネトン・フォーミュラから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    ピロに代わり、チーム初のチャンピオン経験者としてネルソン・ピケが加入し、完全にトップチームの仲間入りを果たした。ナニーニはフェラーリ移籍寸前までいったが最終的に移籍は断念し、チームは翌シーズンのシートを確約したが、第15戦日本GP直前にヘリコプターの事故に遭いナニーニは右腕切断の重傷を負った。その日本GPではピケが優勝し、ナニーニの代役として参戦したロベルト・モレノも2位に入り、チーム初の1-2フィニッシュを果たした。最終戦オーストラリアGPでもピケが連勝。この2勝が効いてチームはランキング3位を獲得した。事故のナニーニに代わる翌シーズンのドライバーとして鈴木亜久里とも交渉をしていた。ベネトン・フォーミュラ フレッシュアイペディアより)

  • ルネ・アルヌー

    ルネ・アルヌーから見た鈴木亜久里鈴木亜久里

    1988年の日本GPでは、F1初参戦であった鈴木亜久里をブロックしていたという。ルネ・アルヌー フレッシュアイペディアより)

165件中 71 - 80件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード