前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示
  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たミハエル・シューマッハ

    F1引退後からしばらくはしばしばF1解説者としてTV出演や雑誌への講評をしていた。しかし、モナコ在住時からの友人であるミハエル・シューマッハをやたらひいきする言動が多かった。実際、ミハエルがドライビングミスをするたびに、「ミハエルがあんなミスをするところ、僕は見たことがない」と言っていた。また、とある雑誌で、フェラーリの露骨なチームオーダー作戦についても、「当然のこと。フェラーリは、ミハエルを勝たせるためのチームだから」と評した。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た中嶋悟

    中嶋悟に次ぐ日本人2人目のF1フルタイムドライバー。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た佐藤琢磨

    まずまずの戦闘力を持つマシンを手にし、「これでダメなら引退」との思いで臨んだシーズン中盤のイギリスGPで6位初入賞。終盤のスペインGPでも再び6位入賞を記録し、次戦日本GPでは混乱のレースを、一時はファーステスト・ラップをたたき出して生き残り、ついに3位表彰台に上り詰める。これは2004年アメリカGPで佐藤琢磨が3位入賞するまで、長い間アジア人(及び日本人)ドライバーとして唯一のF1における表彰台だった。母国日本グランプリにおいても、2012年に小林可夢偉が表彰台に上がるまで唯一の日本人ドライバーであった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た小林可夢偉

    まずまずの戦闘力を持つマシンを手にし、「これでダメなら引退」との思いで臨んだシーズン中盤のイギリスGPで6位初入賞。終盤のスペインGPでも再び6位入賞を記録し、次戦日本GPでは混乱のレースを、一時はファーステスト・ラップをたたき出して生き残り、ついに3位表彰台に上り詰める。これは2004年アメリカGPで佐藤琢磨が3位入賞するまで、長い間アジア人(及び日本人)ドライバーとして唯一のF1における表彰台だった。母国日本グランプリにおいても、2012年に小林可夢偉が表彰台に上がるまで唯一の日本人ドライバーであった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たトヨタ自動車

    また1990年は経験不足を補うため、F1のほかにトヨタから世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)にもエントリーをして二足の草鞋を履くという努力をしている。当時のWSPCはほぼF1と同じサーキットで開催されており、予備予選の僅かな時間しか走行できないハンデをWSPCに出場する事で補っていたのである。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た東芝

    このシーズンオフには、アレッサンドロ・ナニーニの負傷により空席となっていたベネトンのシートを1991年からの3年契約でほぼ合意に達していた。しかし、ラルース及び東芝をはじめとしたスポンサーとの契約があと1年残っており、これまで支援してくれた伊東社長やスポンサー各社に恩義を感じていたことから、ベネトンへの移籍を断念する。この判断がその後のキャリアに暗い影を落とすことになる。実は、暗雲は表彰台にのぼった日本GPの時にも既にその姿を現していた。エスポ社の資金繰りが悪化するなかで、搭載されていたランボルギーニ・エンジンの代金が未払いとなっており、出走自体が危ぶまれていたのである。チームと亜久里は翌年、90年の好調を支えたランボルギーニ・エンジンを失うことになる。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た日産自動車

    その縁で亜久里は1984年に日産のF3エンジン開発を任され、1985年、ワークス活動を再開した日産のワークスドライバーに抜擢され、国内グループA(全日本ツーリングカー選手権)にニスモからスカイラインRSターボで参戦、また全日本耐久選手権(グループC)にも柳田とのコンビでローラ・T810/日産で参戦することになった。亜久里は初めて資金を気にしないでレースに専念できることになったのである。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た松浦孝亮

    2003年にはエイドリアン・フェルナンデス率いるフェルナンデス・レーシングとの提携で「スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシング」を設立、チームオーナーとしてアメリカのフォーミュラトップカテゴリーのIRL(インディ・レーシング・リーグ)へ本格的に参戦を開始。ロジャー安川(2003年)や松浦孝亮(2004年 - 2006年)をドライバーに起用し、当初は自ら陣頭指揮を執る力の入れようだった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た柳田真孝

    1983年レース活動資金が底をつき、引退を考えた時期がある。その相談をトムスの舘信秀に持ちかけたところ、舘は「自分のところで走らせることはできないが他で走れるところを探してやる」と、トヨタ系の舘が日産系セントラル20のオーナー柳田春人(柳田真孝の父)を紹介した。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た井出有治

    ドライバーは佐藤琢磨と井出有治の日本人コンビ(井出のシートは、後にフランス人のフランク・モンタニー、山本左近に変更になる)。タイヤはブリヂストン、エンジンはホンダV8、さらにサマンサタバサやアデランス、ENEOSなど多くの日本企業のスポンサーがつくという「オール・ジャパン」チームでの参戦となった。なおチームの正式名称はその後スーパーアグリF1チームに変更されることが2006年3月24日に発表された。しかし、上記の日本企業のスポンサーが全て小口スポンサーで、さらに間に入った広告代理店の電通が多額の手数料を取ったためにチームに入る資金は少なく、2007年シーズン前に電通との関係を断ったため、サマンサタバサを除く殆どの日本企業のスポンサーが去ってしまう結果となった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード