135件中 91 - 100件表示
  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たアジア人

    まずまずの戦闘力を持つマシンを手にし、「これでダメなら引退」との思いで臨んだシーズン中盤のイギリスGPで6位初入賞。終盤のスペインGPでも再び6位入賞を記録し、次戦日本GPでは混乱のレースを、一時はファーステスト・ラップをたたき出して生き残り、ついに3位表彰台に上り詰める。これは2004年アメリカGPで佐藤琢磨が3位入賞するまで、長い間アジア人(及び日本人)ドライバーとして唯一のF1における表彰台だった。母国日本グランプリにおいても、2012年に小林可夢偉が表彰台に上がるまで唯一の日本人ドライバーであった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たARTA

    さらに翌1997年のシーズンオフにはオートバックスと提携して「ARTA(AUTOBACS Racing Team AGURI)」プロジェクトを発足。以後チーム総監督としてフォーミュラ・ニッポンや全日本GT選手権に参戦したほか、若手ドライバーの育成にも取り組み、2001年にはARTAのバックアップでドイツF3に参戦した金石年弘がシリーズチャンピオンを獲得する。自身のドライバー活動もそれと並行して続けてきたが、2000年シーズンを最後に完全にドライバーを引退。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た豊田市

    愛知県豊田市(旧 東加茂郡松平町、徳川家・松平家の祖先の地)にある高月院には、F1レーサー時代の書が残されている。そこには「いい人間だと思われているうちはダメなんだ」と書いてある。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たアロウズ

    元は因縁のウォーキンショーが所有していたアロウズの施設とメンバーを中心にしたスタッフで構成され、シャシーについても、参戦までの時間的制約と、過去2年間に他チームが使用したシャシーについては、知的所有権の譲渡を含めて使用できないというFIAの判断が下されたことから、旧アロウズが2002年シーズンに使用していた「A23」をベースにした「SA05」で開幕後数戦に参戦することとなった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た石油

    しかし2007年シーズン中に、ばんせい山丸証券からの紹介でシーズン開幕時に中華人民共和国(香港)に本拠地を置く石油貿易企業「SS UNITED GROUP」をメインスポンサーとして獲得し、さらにチーム最高位となる6位入賞を含む数度の入賞を飾るなどの活躍を見せたものの、「S・Sユナイテッド」からのスポンサー資金未払いが起きて急激に資金繰りが悪化し、2008年5月6日に都内で会見を開き、資金難によるF1撤退を表明した。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たマルティニーク

    埼玉県で生まれる。父はフランス領マルティニーク諸島出身のハーフで、自身はクォーターになる。名前の“亜久里”は、根本進の漫画『クリちゃん』に登場する兄弟(「アッちゃん」と「クリちゃん」)が由来である。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たとんねるずの生でダラダラいかせて!!

    とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ)の名物コーナー「生ダラKART GRAND PRIX」の1998年12月9日放送の第3戦ブラジルGP(ブラジルGPと称しているが、シャレであり実際は国内で収録)で、チーム亜久里はトップ走行中にマシントラブルが発生した影響でビリになり、罰ゲームとして亜久里は丸坊主になった。ちなみに、同年7月29日放送の第1戦フランスGP(フランスGPと称しているが、シャレであり実際は国内で収録)でもチーム亜久里はビリとなり、サイドを刈られている。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た全日本F3000選手権

    1987年に入ると、新装なった全日本F3000選手権に参戦。大手運送会社のフットワークという大口スポンサーをつかんだのに加え、上述の松浦賢とのつながりからヤマハがコスワースDFVをベースに開発したコスワース・ヤマハOX77エンジン(5バルブ仕様)のワークスとなったことで強力な体制を得て、1987年にはシリーズ2位、翌1988年にはシリーズチャンピオンを獲得した。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たベネトン・フォーミュラ

    このシーズンオフには、アレッサンドロ・ナニーニの負傷により空席となっていたベネトンのシートを1991年からの3年契約でほぼ合意に達していた。しかし、ラルース及び東芝をはじめとしたスポンサーとの契約があと1年残っており、これまで支援してくれた伊東社長やスポンサー各社に恩義を感じていたことから、ベネトンへの移籍を断念する。この判断がその後のキャリアに暗い影を落とすことになる。実は、暗雲は表彰台にのぼった日本GPの時にも既にその姿を現していた。エスポ社の資金繰りが悪化するなかで、搭載されていたランボルギーニ・エンジンの代金が未払いとなっており、出走自体が危ぶまれていたのである。チームと亜久里は翌年、90年の好調を支えたランボルギーニ・エンジンを失うことになる。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た世界スポーツプロトタイプカー選手権

    また1990年は経験不足を補うため、F1のほかにトヨタから世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)にもエントリーをして二足の草鞋を履くという努力をしている。当時のWSPCはほぼF1と同じサーキットで開催されており、予備予選の僅かな時間しか走行できないハンデをWSPCに出場する事で補っていたのである。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

135件中 91 - 100件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード