135件中 11 - 20件表示
  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た舘信秀

    1983年レース活動資金が底をつき、引退を考えた時期がある。その相談をトムスの舘信秀に持ちかけたところ、舘は「自分のところで走らせることはできないが他で走れるところを探してやる」と、トヨタ系の舘が日産系セントラル20のオーナー柳田春人(柳田真孝の父)を紹介した。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た日本テレビ放送網

    『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ)の名物コーナー「生ダラKART GRAND PRIX」の1998年12月9日放送の第3戦ブラジルGP(ブラジルGPと称しているが、シャレであり実際は国内で収録)で、チーム亜久里はトップ走行中にマシントラブルが発生した影響でビリになり、罰ゲームとして亜久里は丸坊主になった。ちなみに、同年7月29日放送の第1戦フランスGP(フランスGPと称しているが、シャレであり実際は国内で収録)でもチーム亜久里はビリとなり、サイドを刈られている。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た電通

    ドライバーは佐藤琢磨と井出有治の日本人コンビ(井出のシートは、後にフランス人のフランク・モンタニー、山本左近に変更になる)。タイヤはブリヂストン、エンジンはホンダV8、さらにサマンサタバサやアデランス、ENEOSなど多くの日本企業のスポンサーがつくという「オール・ジャパン」チームでの参戦となった。なおチームの正式名称はその後スーパーアグリF1チームに変更されることが2006年3月24日に発表された。しかし、上記の日本企業のスポンサーが全て小口スポンサーで、さらに間に入った広告代理店の電通が多額の手数料を取ったためにチームに入る資金は少なく、2007年シーズン前に電通との関係を断ったため、サマンサタバサを除く殆どの日本企業のスポンサーが去ってしまう結果となった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たオートバックス

    さらに翌1997年のシーズンオフにはオートバックスと提携して「ARTA(AUTOBACS Racing Team AGURI)」プロジェクトを発足。以後チーム総監督としてフォーミュラ・ニッポンや全日本GT選手権に参戦したほか、若手ドライバーの育成にも取り組み、2001年にはARTAのバックアップでドイツF3に参戦した金石年弘がシリーズチャンピオンを獲得する。自身のドライバー活動もそれと並行して続けてきたが、2000年シーズンを最後に完全にドライバーを引退。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たゲオ

    1990年は、自身のパーソナル・スポンサーであった伊東和夫(エスポ社長)が、この年よりチームオーナーとなっていたラルースチームに移籍。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たサマンサタバサジャパンリミテッド

    サマンサタバサジャパンリミテッドの株主であった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た船井電機

    F1ドライバーを引退した亜久里は、1996年にスーパーアグリカンパニーを設立。自らはドライバーとして全日本GT選手権やル・マン24時間レースに参戦し、1998年のル・マンでは総合3位に入賞、日本人では初めてF1とル・マンの両方の表彰台に上がったドライバーとなる。一方で、船井電機をスポンサーとした「FUNAI SUPER AGURI」チームをフォーミュラ・ニッポンにエントリーさせる。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たフジテレビジョン

    この時、亜久里はフジテレビF1中継の解説者として鈴鹿入りする際の新幹線内でスポット参戦決定を知らされ、急遽後発のスタッフに自身のヘルメットを持参させ、ヤニック・ダルマスのレーシングスーツを着用してレースに臨んだというエピソードが残っている。しかし、この時は非力なマシンでの急な参戦ということもあったうえにマシンのセッティングも万全ではなくレース中に数回のスピンを喫し、16位完走に終わっている。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たブリヂストン

    ドライバーは佐藤琢磨と井出有治の日本人コンビ(井出のシートは、後にフランス人のフランク・モンタニー、山本左近に変更になる)。タイヤはブリヂストン、エンジンはホンダV8、さらにサマンサタバサやアデランス、ENEOSなど多くの日本企業のスポンサーがつくという「オール・ジャパン」チームでの参戦となった。なおチームの正式名称はその後スーパーアグリF1チームに変更されることが2006年3月24日に発表された。しかし、上記の日本企業のスポンサーが全て小口スポンサーで、さらに間に入った広告代理店の電通が多額の手数料を取ったためにチームに入る資金は少なく、2007年シーズン前に電通との関係を断ったため、サマンサタバサを除く殆どの日本企業のスポンサーが去ってしまう結果となった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見たサマンサタバサ

    ドライバーは佐藤琢磨と井出有治の日本人コンビ(井出のシートは、後にフランス人のフランク・モンタニー、山本左近に変更になる)。タイヤはブリヂストン、エンジンはホンダV8、さらにサマンサタバサやアデランス、ENEOSなど多くの日本企業のスポンサーがつくという「オール・ジャパン」チームでの参戦となった。なおチームの正式名称はその後スーパーアグリF1チームに変更されることが2006年3月24日に発表された。しかし、上記の日本企業のスポンサーが全て小口スポンサーで、さらに間に入った広告代理店の電通が多額の手数料を取ったためにチームに入る資金は少なく、2007年シーズン前に電通との関係を断ったため、サマンサタバサを除く殆どの日本企業のスポンサーが去ってしまう結果となった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

135件中 11 - 20件表示

「鈴木亜久里」のニューストピックワード